スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

早春の味覚といったら、Cima di rape

2017-03-15
DSC_2467.jpg

そろそろ旬が終わるCima di rape。
我が家では、太い茎から葉をこそげて、つぼみの部分と分けて調理します。

DSC_2537.jpg

つぼみの部分はソース状になるまで炒め、手打ちのオレッキエッテと合わせることが多いです。
ま、お隣・プーリア州の郷土料理ですね。

DSC_2527.jpg

葉の部分は、しっかりと炒めあげてから別に調理したカラブリアのサルシッチャと合わせるのがこの土地の王道レシピ。
パプリカの効いたサルシッチャと、ちょっと苦みのある葉が最高のハーモニー♡
さらにコゼンツァの伝統のレシピでは、葉を炒めている最後の工程で一口大のパン片を入れて一緒に炒めあげます。
油を吸ったパンがカリッと仕上がり、また絶妙♡
硬くなってしまったパンの再利用方法の一つとして、主に貧しい農家が現代に伝えたレシピと言われています。

DSC_2468.jpg

ところで。
「もったいないオバケ」で育った世代としては、ゴミとなる茎の部分が気になるわけで(笑
味がなんとなーく似ているので、私は野沢菜漬けの要領でお漬物にしています。
これが白いご飯と合うんだ!!

「そんな変なことしないの!?」と姑のような主人の長兄に怒られつつ、こればっかりはやめられません(笑


スポンサーサイト

カーニバル近辺の我が家の揚げ菓子模様

2017-03-10
DSC_2501.jpg

カーニバル~復活祭の時期に作られる揚げ菓子・キアッケレ(Chiacchiere)。
本来はカーニバルのお菓子で、地域の数だけ呼び名があるのはご承知の通り。

DSC_2496.jpg

我が家のレシピは粉と砂糖とアルコールを含む水分などが入ります。
生地が扱いやすいし揚げ菓子なので、お菓子作ったことのない人でも簡単にできるよ♡なお菓子。
ま、イタリアのお菓子ってえてして簡単だけど(笑

DSC_2497.jpg

今回は、ナミナミカッターで長方形に。
中央にも切れ目を入れておいて、揚げやすくします。
中温~高温の油でさっと揚げたら粉砂糖をふりかけて出来上がり♡

で、我が家では生地の3分の1ほどを別の(?)揚げ菓子にします。
イメージ的にチョコクリーム入りの揚げ餃子、かな。
中に入れるのはチョコだったりジャムだったり。カスタードクリームも美味。

DSC_2506.jpg

九州のある島で作っている大豆由来のクリームがあったので、今回はこちらを利用。
このクリーム、ピーナッツバターみたいなのに大豆が原料な面白い食品。
ただ・・・揚げ菓子に入れるには甘味もコクも足りないので(ずばっと言っちゃった♡)、ミルクチョコレートで伸ばして使いました。
潰しきれていない大豆のざらっとした舌ざわりが好みの分かれるところだけれど、私はねっとりとしたチョコクリームにならないので結構好き♡
大豆くさくないし、イタリア人たちもモグモグ食べてから「ええっ!大豆なの!?」ってなリアクション。←食べず嫌いが半端ない人たちなので、後から言いましたw

大豆バターはこちらから→とうふ屋さんの大豆バター


DSC_2509.jpg

一口サイズにしたかったので、小さめに型を取ってチョコクリームを載せたら包みます!
あんこが乗ってるみたいだわ(笑
餃子のようにしても良いし、包み方はご自由に♪

DSC_2512.jpg

そして、揚げる!
揚げたら粉砂糖!

DSC_2513.jpg

出来上がり~♡
ベーキングパウダーを入れない生地でつくると、ほろほろっとした口触りの良い揚げ菓子になります。
2番生地でもぜーんぜんOKなので、型抜き→余った生地にカカオパウダー加えてコネ直し→型抜き。。といった風に作ると、何種類もの味を楽しめますよ♪

復活祭が終わるまで、当分揚げ菓子・どっしりクリーム菓子な週末が続きます!
ダイエットは復活祭が過ぎてから!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

開催2回目!「食べチャオ・カラブリア」@東京

2017-01-27
DSC_1988.jpg

2016年12月、長内美補子先生主催のイタリア料理教室・Piacere(ピアチェーレ)にて、「食べチャオ・カラブリア」第2弾を開催させていただきました。
美補子先生のブログで会の様子が紹介されています♪→ブログへGo!

15631385_1184597348313958_1057671914_o.jpg

各方面の食のプロが集まる会で、私よりも食材に詳しい方・各国のお料理事情に精通されている方もいっぱい。
ご説明の時間は心臓バクバクでございました。。
ひよっこ過ぎで、ふらふらとしたご説明だったなぁと反省です。ご説明方法や食材の歴史研究について、今後の課題としてイタリアに持ち帰りました。。。
さらに、カラブリアの魅力を自分の言葉で伝え切れないもどかしさも感じました。。「伝える」勉強をしっかりしなくては、と思います。
足元でかりんさんが心配してくれているように見えて、好きな一枚です♪

DSC_1976.jpg

今回はアペリティーボ形式。
参加者の皆様とゆっくりお話しするなかで、参加者の皆様からいただく収穫の方が多いのが美補子先生主催の会の特徴で、今回もたくさんの学びを得たように思います。
そして、美補子先生の美しいテーブルセッティングとおもてなしに対する真摯なありかたを間近で見られたことが、自分にとってプライスレスの収穫となりました。

15628792_1184597748313918_130142744_o.jpg

大阪から直行で先生宅での下準備・翌日の会とのスケジュールとなってしまいましたが、無事に会を終えることができたのはチャーミングなのにパワフルな(笑)美補子先生のお陰。
今後もよろしくご指導いただきたい、目標の先生の一人です。

DSC_1972.jpg

もちろん、会の始まる前にかりんさんにご挨拶しましたよ♪
ツリーにも登っちゃう、ツンデレなお嬢様なのだ!
また遊んでね!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

お味噌の季節。

2017-01-24
DSC_2248.jpg

大寒仕込みとはいかないけれど、今年も味噌の仕込みを行いました。
今回一気に3kgほど仕込み、来月初旬にあと2kg。
これで来年の味噌もばっちり♪ の、はず・・。

大豆は、日本からいつもの大豆を持ち込みました。
イタリアで、というかカラブリアの我が家の近辺で見かけるBio大豆、産地があいまいなものが多く、粒が小さいのと香りが薄いのも気になるので・・・味噌・納豆を作る際は国産大豆と決めています。
おいしいイタリア産大豆、どこかにないかしら~?

DSC_2249.jpg

今回初めて乾燥麹を使いました。
やっぱり生の麹の方が「味噌作ってます!」な香りがキッチンに漂って個人的に好きだけれど、乾燥麹の使いやすさもなかなか捨てがたいな、と。

そして、レシピはかもしラボで2年前に教えていただいたもの。
こんなの作れるんだ!?っていう調味料の作り方を丁寧に教えていただけます♪
高田馬場駅下車すぐの場所のお教室なので、通うのも楽でした~
東京・高田馬場の料理教室・かもしラボ

手前味噌の出来上がりは来年。
さてさて。今から楽しみです♪

カラブリア州お料理教室@大阪

2017-01-17
15592364_1238154509596530_787934697_n.jpg

2016年12月中旬、大阪のクッキングフジタにてかおりん先生ご協力の下、カラブリア州の家庭料理を試食いただく会を開催しました。
主催・徳丸育子さんお声がけで、10名を軽く超える参加者のみなさんと楽しいひと時を過ごしましたよ♪

ご試食後にカラブリア州の珍しい食材の起源はもとより、それぞれの階級の食生活について、南伊史変遷を踏まえながら簡単にご紹介しました。
イタリアは今でこそ薄くなってはいるものの、がっちり階級社会。
カラブリア州でも所属する階級によって食文化が違います。ついでに、使う言葉も。

15492624_1812539012292924_8094352256790843497_n.jpg

ちょっと珍しい小麦粉を入れていただいたので・・急遽手打ちパスタも作っていただくことに。あまった食材でささっと簡単なトマトソースも作っちゃいましょう♪
↑では成型しやすい、カラブリア州のニョッキ生地を捏ねています。
この後、参加者のみなさんにさらに捏ねの作業を体験いただき、ニョッキ型に成型いただきました。
「意外と簡単!」との声が上がりましたが・・そうなんです。簡単なんです(笑

イベント開催時、特に生地ものはできるだけ触っていただくことを心がけています。せっかくの機会なので郷土食を支える一番コアな部分はしっかりお見せして体験いただきたいなぁと思います。
手で覚えたことは意外と忘れないんですよ。小さなお子様でも捏ねたり成型したりできるので、ご自宅でもぜひぜひ粉遊びをしてください♪

かおりん先生・育子さん。
素敵な機会をいただきありがとうございました。
また大阪でお会いしましょう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。