開催2回目!「食べチャオ・カラブリア」@東京

2017-01-27
DSC_1988.jpg

2016年12月、長内美補子先生主催のイタリア料理教室・Piacere(ピアチェーレ)にて、「食べチャオ・カラブリア」第2弾を開催させていただきました。
美補子先生のブログで会の様子が紹介されています♪→ブログへGo!

15631385_1184597348313958_1057671914_o.jpg

各方面の食のプロが集まる会で、私よりも食材に詳しい方・各国のお料理事情に精通されている方もいっぱい。
ご説明の時間は心臓バクバクでございました。。
ひよっこ過ぎで、ふらふらとしたご説明だったなぁと反省です。ご説明方法や食材の歴史研究について、今後の課題としてイタリアに持ち帰りました。。。
さらに、カラブリアの魅力を自分の言葉で伝え切れないもどかしさも感じました。。「伝える」勉強をしっかりしなくては、と思います。
足元でかりんさんが心配してくれているように見えて、好きな一枚です♪

DSC_1976.jpg

今回はアペリティーボ形式。
参加者の皆様とゆっくりお話しするなかで、参加者の皆様からいただく収穫の方が多いのが美補子先生主催の会の特徴で、今回もたくさんの学びを得たように思います。
そして、美補子先生の美しいテーブルセッティングとおもてなしに対する真摯なありかたを間近で見られたことが、自分にとってプライスレスの収穫となりました。

15628792_1184597748313918_130142744_o.jpg

大阪から直行で先生宅での下準備・翌日の会とのスケジュールとなってしまいましたが、無事に会を終えることができたのはチャーミングなのにパワフルな(笑)美補子先生のお陰。
今後もよろしくご指導いただきたい、目標の先生の一人です。

DSC_1972.jpg

もちろん、会の始まる前にかりんさんにご挨拶しましたよ♪
ツリーにも登っちゃう、ツンデレなお嬢様なのだ!
また遊んでね!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

お味噌の季節。

2017-01-24
DSC_2248.jpg

大寒仕込みとはいかないけれど、今年も味噌の仕込みを行いました。
今回一気に3kgほど仕込み、来月初旬にあと2kg。
これで来年の味噌もばっちり♪ の、はず・・。

大豆は、日本からいつもの大豆を持ち込みました。
イタリアで、というかカラブリアの我が家の近辺で見かけるBio大豆、産地があいまいなものが多く、粒が小さいのと香りが薄いのも気になるので・・・味噌・納豆を作る際は国産大豆と決めています。
おいしいイタリア産大豆、どこかにないかしら~?

DSC_2249.jpg

今回初めて乾燥麹を使いました。
やっぱり生の麹の方が「味噌作ってます!」な香りがキッチンに漂って個人的に好きだけれど、乾燥麹の使いやすさもなかなか捨てがたいな、と。

そして、レシピはかもしラボで2年前に教えていただいたもの。
こんなの作れるんだ!?っていう調味料の作り方を丁寧に教えていただけます♪
高田馬場駅下車すぐの場所のお教室なので、通うのも楽でした~
東京・高田馬場の料理教室・かもしラボ

手前味噌の出来上がりは来年。
さてさて。今から楽しみです♪

カラブリア州お料理教室@大阪

2017-01-17
15592364_1238154509596530_787934697_n.jpg

2016年12月中旬、大阪のクッキングフジタにてかおりん先生ご協力の下、カラブリア州の家庭料理を試食いただく会を開催しました。
主催・徳丸育子さんお声がけで、10名を軽く超える参加者のみなさんと楽しいひと時を過ごしましたよ♪

ご試食後にカラブリア州の珍しい食材の起源はもとより、それぞれの階級の食生活について、南伊史変遷を踏まえながら簡単にご紹介しました。
イタリアは今でこそ薄くなってはいるものの、がっちり階級社会。
カラブリア州でも所属する階級によって食文化が違います。ついでに、使う言葉も。

15492624_1812539012292924_8094352256790843497_n.jpg

ちょっと珍しい小麦粉を入れていただいたので・・急遽手打ちパスタも作っていただくことに。あまった食材でささっと簡単なトマトソースも作っちゃいましょう♪
↑では成型しやすい、カラブリア州のニョッキ生地を捏ねています。
この後、参加者のみなさんにさらに捏ねの作業を体験いただき、ニョッキ型に成型いただきました。
「意外と簡単!」との声が上がりましたが・・そうなんです。簡単なんです(笑

イベント開催時、特に生地ものはできるだけ触っていただくことを心がけています。せっかくの機会なので郷土食を支える一番コアな部分はしっかりお見せして体験いただきたいなぁと思います。
手で覚えたことは意外と忘れないんですよ。小さなお子様でも捏ねたり成型したりできるので、ご自宅でもぜひぜひ粉遊びをしてください♪

かおりん先生・育子さん。
素敵な機会をいただきありがとうございました。
また大阪でお会いしましょう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気です・ピッタンピリャータ( pitta 'mpigliata)

2016-11-15
Ivovb36YSNQxQkC1479191870_1479191945.jpg
この時期のお料理レッスンで一番人気なのが、カラブリア州コゼンツァ県の郷土菓子・ピッタンピリャータ('mpigliata)。
10月~12月の限定メニューとしてリクエストを受け付けています。
日本ではカタンツアーロ県のピッタンキューザの方が有名ですが、形状・材料・作られる時期が異なります。
そして、私はもちろんピッタンピリャータの大ファン♡
XO5baIUgPsggzan1479191975_1479192026(1).jpg
レッスンでは、ピッタンピリャータの代表的な形状を2つ習得いただきます。
作業はちょっと長いですが複雑な工程はないお菓子なので、お菓子作り初心者さんでも大丈夫。
話が長めなエミディオさんのウンチクを聞き流しながら(笑)、頑張って巻き巻きしましょう♪
JpLgCvbFOB7pu1a1479191586_1479191715.jpg
自家製の胡桃・ハチミツを贅沢に使うお菓子です。
材料自体は大変素朴なので、日本でも作りやすいですよ♪

本年中のレッスン受け付けは終了しましたが、来年秋に向けてお問い合わせをお待ちしております♡
お問い合わせは→La Terra del Soleまでどうぞ

にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

カラブリア州の完全BIOワインはいかがですか?

2016-10-01
DSC_1115.jpg

カラブリア州中西部の風光明媚な場所で友人が営む小さなワイナリー。
完全BIOワインのみを生産しています。
BIOワインは結構あるけれど、薬品を一切使わない完全BIOは珍しいカラブリア州ワイン界にあって、口コミで評判が広がっているワイナリーさんです。(友人としてもうれしい限り♪)

DSC_1121.jpg

新芽が動いたころに来た季節はずれの寒さ、9月に入ってからの雨でちょーーーっと心配なのがカラブリア州土着種。逆にサンジョベーゼなどは元気みたいで「やっぱりねぇ」と思わず苦笑。

完全BIOだからこそのリスクを負って、ついでに家長としての責任もあって大変なお仕事だと思うのだけれど、「自分の目指すワインは薬品を使っては作れない。なので、どんなに天候に泣かされても完全BIOを続けたい」と友人談。
イタリアBIOワイン界を覗いた者として、こんな人を応援したいなーと素直に思います。。

DSC_1126.jpg

彼の朝は「おはよう!」とブドウ達に声をかけるところから始まります。
これ、ブドウを搾ってできたブドウジュースにそのままブドウの皮をつけ置いて、色やら香りやらを出させる段階。最低1日に1回は攪拌させます。
結構腰がつらい作業だけれど、丁寧に、ブドウに声をかけながら。
心落ち着く、やさしい風景ですよ。

DSC_1123.jpg

まだアルコールが発生していないので、柔らかいブドウジュースの香りが漂います。
この後、熟成期間を経て出来上がるワイン。
2016年はどんな年になるのかなーと皆がワクワクしながら待っています。
私は待ちきれないぐらいなんだけれど(笑

DSC_1137.jpg

そして。
この友人と他の友人たちも巻き込んだコラボのイベントを悪巧み中(笑
ついでに試食会もしてみて、来年に向けていろいろとはじめられそうです♪ お楽しみに!

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>