お味噌の季節。

2017-01-24
DSC_2248.jpg

大寒仕込みとはいかないけれど、今年も味噌の仕込みを行いました。
今回一気に3kgほど仕込み、来月初旬にあと2kg。
これで来年の味噌もばっちり♪ の、はず・・。

大豆は、日本からいつもの大豆を持ち込みました。
イタリアで、というかカラブリアの我が家の近辺で見かけるBio大豆、産地があいまいなものが多く、粒が小さいのと香りが薄いのも気になるので・・・味噌・納豆を作る際は国産大豆と決めています。
おいしいイタリア産大豆、どこかにないかしら~?

DSC_2249.jpg

今回初めて乾燥麹を使いました。
やっぱり生の麹の方が「味噌作ってます!」な香りがキッチンに漂って個人的に好きだけれど、乾燥麹の使いやすさもなかなか捨てがたいな、と。

そして、レシピはかもしラボで2年前に教えていただいたもの。
こんなの作れるんだ!?っていう調味料の作り方を丁寧に教えていただけます♪
高田馬場駅下車すぐの場所のお教室なので、通うのも楽でした~
東京・高田馬場の料理教室・かもしラボ

手前味噌の出来上がりは来年。
さてさて。今から楽しみです♪

カラブリアでも、日本人の友人たちの存在に♡

2017-01-21
私の暮らすカラブリア州コゼンツァ市は、州内で4番目に多い人口を抱える一応「街」です。
カラブリア大学を抱え、州内で一番人口の多いコゼンツァ県の県庁所在地でもあり、それなりに街っぽい雰囲気ではあるのだけれど・・・とにかく在住日本人が少ない(笑
街を歩けば日本人に出会ったボローニャとエライ違い。

こーんな生活なので、一緒にご飯食べたいな♡と思う/思っていただける日本人の方たちとの出会いがことのほかうれしいです。

DSC_2210.jpg

↑はすごーいご縁が判明した(笑)、某在住の方宅でのランチで登場した太巻き。
後ろに私的にヒットだった、彼女自信作「超カラブリア巻き」が見えてます(笑

DSC_2211.jpg

揚げたてで出てきたよ!な鳥のから揚げ♡
出会いに超感謝な、引き出したくさんのお料理上手さんで、ご主人が羨ましいっ!とウチのがいつもぼやいております(笑
アクティブすぎる彼らから私たちは学ぶことがたくさん。今後もよいお付き合いをよろしくね~♡

DSC_2202.jpg

ほかの日には、某素敵カップルと肉三昧ランチ♡
共有する情報もあったりで、いつも楽しみなこの素敵カップルさんとのご飯会。
男性陣も気が合うらしく、主人も私も定期的にお会いしたいな♡と思えるこの方たちと出会えたことは、本当に幸運だったと思います♪
次回のご飯会が今から楽しみすぎる! 

DSC_2234.jpg

そして某日、我が家での簡単中華ランチに来てくれた某ご家族にも感謝♡
ひょんな出会いだったけれど、仕事上でのクロスラインからお互いが刺激しあえる良い関係になれたこと、本当にラッキーだったなぁと。
仕事だけでなく、私生活での悩み事を話せる人ってなかなかいないから~。

こんなものしか作れませんが。。そろそろキッチンも完成するし、友人たちが気軽に集まれる、そんな家にしたいなーと思います。
もちろん、カラブリアを過去訪問されたお客様にも遊びに来ていただけるような家作りが目標♪

ボローニャでもそうだったけれど。。カラブリアでも日本人の友人に恵まれて、もちろんイタリア人や他の国籍の友人たちのおかげでもあるけれど・・本当に幸せに生活させてもらっています。
やっぱり、ご飯を一緒に楽しめる友人がいてくれるって幸せだわ~♡
今後とも、どうぞよろしく! です♪

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

雪が降ったからお休みします♪@カラブリア。雪の影響はこんなカンジ。

2017-01-13
DSC_2221.jpg

この1週間ほど、夜の気温がマイナスになるまで冷え込んでいた南伊・カラブリア州はコゼンツァ。
寒いな~と思っていたら、夕方からちらほら粉雪が舞いだし・・翌朝にはしっかり積雪しました!

DSC_2219.jpg

こんなに積もったのは数年ぶり。
都市といえど、南国カラブリア州。雪に慣れていません。
雪の影響は多大で・・・
・公立学校(小学校~高校)は軒並み休校。自習室を開放していた学校もありました。
・市内公共交通はダイヤが乱れまくり。バスが来るだけでも感謝しないとね♪←だから私は、カラブリアで公共交通使いません(笑
・ごみの個別回収、すっかり忘れられる。生ごみの日だったんですけど。ま、寒いからいいか(笑
・官庁関連事務所、人員が半分以下に。お使いで言った先で「雪でお休み」届けを多数目撃(笑。
・官庁関連一般事務所、官庁さんたちがお休みじゃ仕事にならないから・・・「うちも雪でお休み」。
・会社や個人事務所も仕事場まで到達できない人が続出するみこみのため「臨時休業」にしていたところが多かったなー。みこみって(笑

逆に、スーパーや小売さんたちは頑張って営業されていました。
そして、あちこちの事務所で雪の中頑張って通勤した人たちが必死に人員不足をカバーされていました。ご苦労様です。。。

DSC_2227.jpg

私の職場は官庁関連一般事務所なので、もちろん「雪のためお休み」でした。関係官庁がお休みだったので、こちらの仕事にならないし。で、有給扱いにならないところがすごい!
前夜のうちに「休業」の連絡をもらっていたので、おかげさまで早朝からPaddyさんと雪三昧♪

DSC_2225.jpg

朝6時半。まだ誰も歩いていない新雪の上をお散歩♪
この犬、雪見るとテンションあがります(笑

DSC_2229.jpg

新雪の中をウサギのように跳ね回った結果の見事な雪球。
雪球は毛玉の原因にもなるし、なにより冷たいと思うので・・足湯につけて除去。
コームで除去っていう情報を載せているサイトもあるけれど、Paddyの毛質には足湯がいいみたいです。

結局翌日まで雪は残り(これも異例)、なんと「路面凍結でお休み」届けもあちこちで提出されたとか(笑
コゼンツァ近隣のスキー場も軒並み全面オープンしています。
こちらは、雪があるうちだけ営業。機会があったら滑りに来てください(笑

イタリアでお引越しするということ。

2016-10-12
実はこの夏休み中にしていた引越し作業。
この1年ほど、拠点をカラブリアに移しながらボローニャの家も残しておいて、北部イタリア出張がある際に利用しながら段階的に運べるものをカラブリアの家に運び込んでいました。

実際、業者をお願いして引越しをするのはイタリアで初めてで・・イタリアのゆっくりペースに慣れたつもりだったけれど、とにかくびっくりすることが満載で(笑
自分用への記録の意味もこめて、引越し中に発生したトラブルあれこれを記事にしておきます。イタリアで引越し予定の方、ご参考になれば~w

イタリアでお引越しするということ。 の続きを読む

村でただ一人。聖アントニオのパンを焼くシニョーラ

2016-06-19
DSC03693.jpg
 
6月13日は聖アントニオの日。
この日のミサやこの週の週末のミサでは、祝福を受けたパン(Pane di sant'Antonio)が信者に振舞われます。
カラブリア州の山村・サンタドメニカタラオ(Santa Domenica Talao)で、この日の為だけにパンを焼くシニョーラは、なんと御年85歳。

DSC03688.jpg

前日の早朝から、1人で小麦粉30kg分のパンを焼き上げられました。

家畜にも祝福を与えたとされる聖アントニオは農村地帯で特に信仰している人の多い聖人で、サンタドメニカタラオ村でも、この日のミサは遠方からも参列者が大勢押し寄せるのだとか。

DSC03658.jpg

年齢とともにあちこち辛くなってきたシニョーラがパンを焼き続けるには理由があります。

シニョーラの子供がまだ幼児だった頃。
煮立ったお湯の中に落ちて、大やけどをしてしまったことがありました。
貧しくて医者に見せることができず、とにかく聖アントニオに回復祈願をしたんだとか。
やけどをした子は徐々に回復。その後、シニョーラは80年以上にわたり毎年、聖アントニオへの感謝の気持ちをこめてパンを焼き続けています。

DSC03691.jpg

パン生地は手捏ね。(大きさ比較の為お嫁さん登場!)
この船形のMadia(マディア この地域の方言だとMailla(マイッラ))と呼ばれる木の容器に水と粉、酵母入れてコネコネします。
前かがみの重労働です。

DSC03654.jpg

もちろん自家製の自然酵母使用。この村で伝わる酵母を更新しているのも、今ではシニョーラだけ。
ゆっくり2次醗酵させてからオーブンで焼き上げますが・・パン生地をオーブンへ移動させるのも重労働なんです。(お嫁さんがヘルプ中)

DSC03657.jpg

使うのは火をおこすのも大変な昔のオーブン。
このオーブンで焼くと、ちょっとオコゲもついている風味が高いパンになります。

この村で、この方法で、さらにこの日のミサの為にパンを焼く人はシニョーラ1人となってしまったとか。
5人いるお嫁さんたちもそれぞれの生活があり、シニョーラのお手伝いをすることはあるもののパン焼きの修行までは時間が無いそう。
彼女がパンを焼かなくなったら、この村の聖アントニオの日のパンはどうなってしまうのか。。

DSC03683.jpg

ご自宅とは別に建物内にオーブンを所有しているシニョーラ。
信者に振舞うパンを前に記念撮影させていただきました♪
座る椅子さえ無い貧しい時代を経て、6人のお子さんを育て上げられた優しいマンマです。

DSC_0115.jpg
↑お土産に、とひとついただきました♪

カラブリア州をご紹介する活動をする中で知り合う、すぐにでも失われてしまいそうな伝統文化。
La Terra del Soleの活動を通じ、今記録できるものはすべて記録しておきたい!と強く感じた出会いでもありました。

シニョーラのOKが出たので、近日中にこの村でのパン焼き工程を記録する予定です!

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>