スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

12月のカラブリア州豚仕事ツアー、募集開始!

2017-03-02
DSC_2126.jpg
腸詰作業中。

お待たせいたしました。
12月開催「カラブリア州豚仕事ツアー」の募集を開始します!
家族総出で行われてきた冬の風物詩・豚仕事を地元有名農家さんにお邪魔して体験/見学しましょう♪

DSC_2118.jpg
燻製部屋。この地域は暖かいので、燻製をかけます。

ツアーでは、生きている豚さんが加工品になるまでの過程を見学/体験していただけます。(作業内容詳細は最後の方に)
ちょっと見学したくないな、という工程はあらかじめお知らせください。
苦手な場面はパスして、ほかの作業のお手伝いをしていただけます。ご安心を~♪ (私、最初の最初、〆る作業のところはちょっと苦手です。。)

DSC_2129.jpg
指示を出すのは長老のおばーちゃん。

今回、カラブリアでも大変珍しくなった豚を何頭も飼っていて自家繁殖させ、春に生まれる子豚ちゃんたちを大切に大切に大きくして・・・豚仕事を経て加工品しているご一家の作業場にお邪魔します。
カラブリアでも最近は自分たちは別の場所に住んで豚の成育は農家さんに任せていたり(我が家がまさにこれ)、豚肉そのものを買ってきてたりしますからねー。

maiale1.jpg

作業場には、お肉が悪くなるので暖房設備はありません。(寒い~と言ってると、熱々コーヒーは出てきますよw)
足元も悪いので、温かく汚れてもOKな服装と靴をご準備ください。
さらにおしゃれ女子・男子の皆様、豚仕事をするのは農家の作業場なので・・美しいキッチンを想像してはいけません(笑。
農家の作業場、作業場ですよ~ と今から暗示をかけるw

DSC_2110.jpg

ツアーはマンマのお料理レッスン+ワインがどっさり出てくる試食会付き。
豚仕事をしている時期にのみ食べられる幻の(笑)トッピングがつくパスタや、農作業の合間でも作ることのできたクリスマス菓子などなど、農家のレシピ盛りだくさんのメニューになる予定です。

DSC_1266.jpg
強面だけどすっごく優しいんです、ジュゼッペ。

さらにツアーではカラブリア州の代表的な食材工房を3件見学します。
カラブリアといったら!な塗れる&辛いサラミ・ンドゥイヤと、DOPのペコリーノチーズ工房、さらにカラブリア州の郷土菓子を作って100年の老舗お菓子屋さんを訪問予定。
試食もどっさりの予定です

DSC_1634.jpg
トロペアから見る日没withストロンボリ

さらにさらに!!
せっかくのカラブリア州滞在。宿泊場所も厳選しました。
ご到着日~豚仕事中は、カラブリア屈指の観光名所・トロペア(Tropea)市内の4つ星ホテルに宿泊。自由時間にゆーっくりと風光明媚な町の中を散策いただけます♪ 
連泊するのでスーツケースの処理も楽なのもポイント。
自由時間はトロペアが誇る景色をお楽しみください。お天気が良いとストロンボリ以外のエオリア諸島のみならず、シチリアも見えますよ~

DSC_1201.jpg

そして大晦日はカラブリア州屈指の人気を誇るアグリツーリズモに滞在! 
若旦那(←死語・・w)の感性光るおしゃれ&ミニマムな内装、代々受け継いだ伝統ある建物を大胆にリノベしたアグリ滞在をお楽しみください♪
イタリアの伝統、大晦日の大・大晩餐会ことチェノーネは併設レストランで お部屋がすぐそこなので、飲みすぎちゃっても大丈夫ですよ~(笑

豚仕事ツアーは8名様まで参加可能です。
お問い合わせ/お申し込みは → info@laterradelsole.ciao.jp

あ~! 日程が合わない!という方もNo prob!
下記の時期以外でも豚仕事ツアーの開催が可能です。料金や旅程などが変更になりますが、12月末~1月中旬にかけてでしたら豚仕事を体験いただけますよ♪
基本的に週末のご案内ですが、詳細はお問い合わせください。



《カラブリア州豚仕事ツアー詳細》

日程 天候などにより若干の変更がある場合があります。ご了承ください。

12月28日 

カラブリア州ご到着。→宿泊施設へ
お食事:×
宿泊:トロペア市内4つ星ホテル

29日 
午前:ンドゥイヤとサラミ工房見学、小さなワイナリー見学。 11時~マンマのお料理教室+ワインつき試食会♪ 
午後:豚仕事
お食事:朝○(ホテル) 昼○(試食会) 夜×
宿泊:ホテル連泊

30日
午前:セッラサンブルーノへ。郷土菓子工房を見学。村内の教会などを見学します。
午後:豚仕事
お食事:朝○(ホテル) 昼○  夜×
宿泊:ホテル(連泊)

31日
午前:ペコリーノチーズ工房見学後移動。ピッツォにて特産ジェラートの試食(別途5ユーロほど)
午後:ピッツォ市内をご自由に散策ください。15時頃アグリツーリズモ着予定。晩餐に備えてお部屋でリラックス♪ (ご希望者は施設内の製粉所見学へご案内します 無料)
お食事:朝(ホテル) 昼×(ジェラートが相当大きいですw) 夜○(Cenone)
宿泊:アグリツーリズモ


2018年1月1日 解散
お食事:朝○(アグリ) 昼× 夜×


ツアー詳細
・体験/見学いただく豚仕事

 - 〆る作業(見学)

 - 血抜きした豚の体をきれいにする作業

 - 豚を半分に割る作業。臓器を取り出します(見学)

 - 部位ごとに切り分ける作業

 - 肉をミンチし、塩などと捏ね合わせる作業

 - 腸詰作業

 - 燻製小屋(見学)


参加費用(宿泊費込み):お一人様600ユーロ (ダブル/ツイン利用。お一人で参加でシングル利用希望の場合は+75ユーロ)

・費用に含まれるもの:豚仕事参加費、お料理レッスンとワインつき試食代、各種工房見学費、宿泊費(4泊)、Cenone代金(飲み物代含む)、運転手つきミニバン(ガソリン・駐車場代含む)、日本人アシスタント料。

・費用に含まれないもの:カラブリア州まで/からの移動、海外保険、上記「費用に含まれるもの」以外の出費、ツアー中に購入されるものの代金、×印のお食事

・その他:ツアー前後にカラブリア州の別の場所などを訪問されたい場合はお気軽にお問合せください。ローザマリーナや特産のいちぢくを使ったお菓子工房の訪問などをご案内いたします♪

・最大催行人数:8名
・最小催行人数:1名

お申し込み/お問い合わせはLa Terra del Soleまで
メール:info@laterradelsole.ciao.jp 
メールフォーム:こちら


スポンサーサイト

犬も一緒のスキー休暇@Plan de Corones (Kronplatz) その③/3

2017-02-18
DSC_2392.jpg

駐車場が・・有料になっとる!!
2年ぶりのPlan de Corones。Wifi完備のゴンドラが増えたり、レストハウスのメニューが増えていたりとうれしい変化もあったけれど、ちょーっと残念な変化もありました。
その1.駐車場全面有料化。
階段なしでメイン施設にいける場所のすべてが有料駐車場に。
地元の人は有料な時間が終わる14時からIn(笑。やっぱりそーなりますよねー。

ま、1日(7時~14時の間)2ユーロだけど。ちりも積もれば山となるのですよ。
貧乏性な我々は、階段を使う必要がある無料駐車場を愛用(笑
ロッカールーム使っていれば不便ないですよ?

DSC_2387.jpg

その2.マナーの低下。
駐車場に止まっている車のイタリアナンバー率は40%ぐらい。もっと少なかったかも。これにはちょっとびっくり!
50%強ぐらいが東欧からの車。その他がドイツ語圏の車といった感じ。
体の大きい人が多く、しかも朝から強いお酒を飲む習慣で有名というか・・「あの人たちの常識ってイタリアのとはちょっと違うよね」とイタリア人が感じる某国のナンバーが最も多く、まぁだからって訳ではないだろうけれどスキー場内の様子もそれに合わせて(?)ちょっと残念なカンジに。
もちろん↑みたいなスキーの放置はイタリア人もするけれど、私が見た/聞こえてきた中では某国出身者が主にこんなことしてました。盗まれても傷がついても良いレンタル板だからねー。
さらに、彼らが原因の衝突事故やひっかけ事故のサポートを頻発にするはめになったのは相当残念。
サポートって。。要するに吹っ飛ばされた被害者側のお手伝いだけれど。
どーみても初心者な子供を吹っ飛ばしておいて逃げようとした某国の方(男性)は追いかけさせていただきました(怒

無茶なスキーする割に、何かあったときにイタリア語はもちろん英語・独語も通じない事が多いので、注意が必要かと思います。。残念。。。。

DSC_2358_20170208011451b85.jpg

基本的にイタリアでのスキーは何があっても自己責任。
日本から遠征してくるスキーヤーの皆様「ここはイタリア」を肝に銘じて、楽しいスキー休暇をお過ごしくださいませ。

DSC_2337.jpg

その3.野菜が高くなってる~
今年は南部でも悪天候/寒い日があった、為か。。スーパーの生鮮食料品が高い印象。
ま、冬場にレタス食べようっていうのが間違えなんだけれど、ね(笑。

逆に、ちょっと嬉しかったのは・・
その1.milaのショップが新装開店!

DSC_2388.jpg

乳製品で有名なmilaの工場兼ショップ兼レストランが新装開店。
ヨーグルトはココの直営店で買うよりスーパーのほうが安く買えたりするオチがあるけれど・・
お勧めはチーズ。

DSC_2390.jpg

さすが工場直営ショップ!な品数♪
その場で真空パックしてくれるので、お土産にもOKなのがうれしい。
味見しながらゆーっくり選べます。

Mila Shop Brunico
Via Falzes 19
月曜~金曜 7時~19時(お昼休憩無し)
土曜 7時~12時
日曜 休業

DSC_2406.jpg

その2.ふらっと寄りできるお店が増えた!
歩行者天国部分、ふらりと入れるお店が増えました♪
コーヒーやアルコール屋だけでなく、お茶の専門店もあって、スキーを早めに切り上げた日の散策も楽しい!

入れ代わりが激しいブルニコ歩行者天国部分のお気に入りお菓子屋さんも健在でうれしい限り~♪
Acherer Pastisserie Blumen
Via Centrale 8 
月曜~金曜 8時半~10時
土曜 8時半~18時
日曜 休業

そして。。
その3.プロテクターが豊富です(笑
DSC_2407.jpg

私みたいに飛びたい人必須の道具がたくさん売っているのもうれしいところ。
地元ではキッズから飛びまくるので、サイズが豊富。とにかく豊富。
よーく探すと安価でいいもの購入できます♪

やっぱりアルトアディジェまで来たらこーでないとね!!がいっぱい詰まったブルニコの町。
ココにいるだけで


犬も一緒のスキー休暇@Plan de Corones (Kronplatz) その②/3

2017-02-10
DSC_2358.jpg

ワンコ連れスキー休暇中のワンコの処遇について~w
私たちが毎年お世話になってるアパートは、スキー場メインゴンドラ乗り場のあるリスコーネ(Riscone)から車で1分(!)の小さな村の中。
村といっても・・
・建物が数軒ちらほらとしている場所=放し飼いOKの放牧地帯の中に家がある。
・目の前にクロスカントリースキーのコースが通っている=早朝散歩に最適♪
な、ワンコ連れには夢のような場所。しかもブルニコ(Brunico)市に宿を取るよりずーっとお安いし♪

DSC_2347.jpg

と、いうわけで。
毎朝Paddyさんはクロスカントリースキーコース上をぐるっとノーリードでお散歩。中くらいコースで約3km。飼い主朝からげっそり(笑
朝は-15度ぐらいまで下がったので寒がるかなーと思ったのに。。。意外とぜんぜん平気だったPaddy。
コートやら靴の準備とかしてきたのにね。。

DSC_2413.jpg

Paddyさんの一日は、
・朝の散歩後14時までお留守番。
・遅くとも14時半にはお昼の散歩へ。
・21時半頃から夜の散歩。
こんな感じ。
普段よりも自由に長距離を走らせていたからか、長旅をしたのに食欲旺盛、さらに上手にお留守番できていましたが・・オーストリアみたいに一緒にスキーできる場所がイタリアにもあったらいいのにねぇ。。

DSC_2349.jpg

ま、こんな笑顔見れるなら極寒の朝の散歩にもお付き合いしますよ。
アパートの女主人とも顔見知りだし、近所のワンコたちとも「久しぶり~♪」な状況なので・・たぶん来シーズンもココかしらねぇ。。と思います。

DSC_2441.jpg

もちろん、ブルニコに遊びに行くときやお買い物時も同行させてます。
基本的にどんな食品を扱うお店にも入れたし、レストラン/BarもワンコOKです。(入店前に必ず確認してます)

DSC_2383_20170205055430fe2.jpg

Plan de Corones山頂にも、ワンコ用ゴミ箱があります。
ワンコ連れで頂上までゴンドラ利用できるんですよ♪
ゴンドラを利用する際は、口輪必携。
「付けて」とは言われたことはないけれど、一応ルール上は着装義務があります。

DSC_2384.jpg

ブルニコ市が運営する複合温泉施設(笑)はさすがにワンコ入店不可。
競泳プール、温水プール(外)、お遊びプールにサウナ施設が充実していて、私たちはアパート滞在者としてプール施設利用がタダ!
スキーのあとのプールは筋肉もリラックスできるのでお勧めです♪
Cron4

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

犬も一緒のスキー休暇@Plan de Corones (Kronplatz) その①/3

2017-02-07
DSC_2416.jpg

毎シーズン恒例のワンコ連れスキー休暇へ行ってきました。
今年「も」ブルニコ(Brunico)の傍、Plan de Corones(Kronplatz)が根城。
積雪に恵まれたシーズンで、滑り倒して(?)来ましたよ~

DSC_2365.jpg

Plan de Corones、3年前にはなかったFunスペースも充実。
子供向けFunスペースもあって、小さなジャンプ台や安心ゴム設計のスラロームなどなどがあちこちに設置されていました。
入り口にヘルメット着用義務の注意書きがあるのも○。
イタリアでは児童のヘルメット着用義務があります。(レンタルもできます。レンタルメットが原因かも?なシ○ミ被害も聞きますw) 
ヘルメットって暖かいし。日本でも普及するといいのにねー。

DSC_2362.jpg

Funスペースには玄人むけコースもできてたりで、とりあえず飛びたい私、存分に飛ばせていただきました♪ 
Funスペースが充実している割にボーダーが少ない印象でしたよ。ちょっと意外。
スキー教室でもFunスキー用レッスンがあるみたいで・・時間帯によっては列ができていました。やっぱり朝早く行ってがっつり滑るのがいいみたい。

DSC_2382.jpg

リフトもえらく男前に新装されてたり。(座り心地最高!)
長距離ゴンドラの中には、WIFI使えるものもちらほら。便利な世の中ね~

DSC_2373.jpg

WIFIは、もちろんゲレンデ内のほぼすべての山小屋レストハウスで使えます。(無料)
お茶×2、サラダボウルに山盛りフライドポテトで8ユーロだったかな?
10時の休憩はフライドポテト派♪ いいの、体に悪くてもいいの~

DSC_2376.jpg

この光景にまた会いたかったの!
っていう、そんな場所が点在するスキー場です。
セラロンダからは遠く離れているけれど、どんなレベルの人も楽しめる万能スキー場だと思います♪

q1WuJXyzMnfGtJL1486233854_1486234037.png

ちなみに、カラブリアからスキー場まで約1200km(笑
ざっと東京~青森、東京~広島ぐらいの距離かな。
ワンコの休憩も兼ねて交代で運転するけれど・・地図見ていてさすがに我ながらアホだなぁと(笑

スキー休暇でのワンコの暮らしや犬にまつわる色々は・・続きのその②/3にて!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

雪が降ったからお休みします♪@カラブリア。雪の影響はこんなカンジ。

2017-01-13
DSC_2221.jpg

この1週間ほど、夜の気温がマイナスになるまで冷え込んでいた南伊・カラブリア州はコゼンツァ。
寒いな~と思っていたら、夕方からちらほら粉雪が舞いだし・・翌朝にはしっかり積雪しました!

DSC_2219.jpg

こんなに積もったのは数年ぶり。
都市といえど、南国カラブリア州。雪に慣れていません。
雪の影響は多大で・・・
・公立学校(小学校~高校)は軒並み休校。自習室を開放していた学校もありました。
・市内公共交通はダイヤが乱れまくり。バスが来るだけでも感謝しないとね♪←だから私は、カラブリアで公共交通使いません(笑
・ごみの個別回収、すっかり忘れられる。生ごみの日だったんですけど。ま、寒いからいいか(笑
・官庁関連事務所、人員が半分以下に。お使いで言った先で「雪でお休み」届けを多数目撃(笑。
・官庁関連一般事務所、官庁さんたちがお休みじゃ仕事にならないから・・・「うちも雪でお休み」。
・会社や個人事務所も仕事場まで到達できない人が続出するみこみのため「臨時休業」にしていたところが多かったなー。みこみって(笑

逆に、スーパーや小売さんたちは頑張って営業されていました。
そして、あちこちの事務所で雪の中頑張って通勤した人たちが必死に人員不足をカバーされていました。ご苦労様です。。。

DSC_2227.jpg

私の職場は官庁関連一般事務所なので、もちろん「雪のためお休み」でした。関係官庁がお休みだったので、こちらの仕事にならないし。で、有給扱いにならないところがすごい!
前夜のうちに「休業」の連絡をもらっていたので、おかげさまで早朝からPaddyさんと雪三昧♪

DSC_2225.jpg

朝6時半。まだ誰も歩いていない新雪の上をお散歩♪
この犬、雪見るとテンションあがります(笑

DSC_2229.jpg

新雪の中をウサギのように跳ね回った結果の見事な雪球。
雪球は毛玉の原因にもなるし、なにより冷たいと思うので・・足湯につけて除去。
コームで除去っていう情報を載せているサイトもあるけれど、Paddyの毛質には足湯がいいみたいです。

結局翌日まで雪は残り(これも異例)、なんと「路面凍結でお休み」届けもあちこちで提出されたとか(笑
コゼンツァ近隣のスキー場も軒並み全面オープンしています。
こちらは、雪があるうちだけ営業。機会があったら滑りに来てください(笑

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。