シラクーサ(近郊)から1日で巡る、シチリア内陸部

2016-09-22
DSC_0944.jpg

遅めの夏休みをいただいてシチリアに行ってきました。
カラブリアの家からシチリア上陸まで、車とフェリーで2時間半ほど。近い~

DSC_0948.jpg

滞在したのはシラクーサから車で20分ほど南に行った場所。
海が目の前のアパートです。
滞在中、10時過ぎぐらいに海に行ってアパートで簡単なお昼ごはん食べて、夜はシラクーサをお散歩+晩御飯といったスケジュールでしたが、滞在中の1日を使ってシチリア東岸内陸部観光地をぐるっと巡ってきました。(宿題という名の仕事を持ち込んでいたのです。。涙)
想像と違いあちこちをあっさり回れたので、その時の様子をどうぞ~

DSC_0952.jpg

朝はゆっくり出発。宿題片付ける日でもゆっくり出発(笑
まずはシラクーサから約2時間の陶器の町・カルタジローネへ。
この階段、有名ですよね。
頼まれていたお買い物をして、お散歩をして。
ここで早くもお昼ご飯です(笑

DSC_0956.jpg

いつものお店でゆったりとお昼ご飯をいただくと、だいたい15時。
ここから次の目的地に向かいます。

DSC_0976.jpg

たどり着いたのは、チョコレートの聖地・モディカ。
ここでさくっと宿題を済ませて・・

DSC_0984.jpg

人気のお店で、本日1回目のおやつタイム
シチリアに来たらカンノーロは食べておかないと! (でもモディカのはいまいちだったYo!)

DSC_0987.jpg

モディカから向かった先は、ノート。
個人的にラグーサよりも好きな町。あっさりめなバロック建築に夕日が輝いていました。
町のメインストリートを散策し、ここでもさくっと宿題を片付けて本日2回目のおやつタイム

この段階で18時半ごろです。

DSC_0998.jpg

アパートに戻る前に寄ったのが、ワインの町アヴォラのワイナリーさん。
ここでお土産ワインを仕入れて試飲して。なじみの店員さんと「久しぶり~」なんておしゃべりしてからアパート帰宅。20時頃の到着でした。

内陸部の幹線道路が非常に整備されていて、高速道路並みに快適だったのが印象的。
カラブリアとはずいぶんな違いです。。。
道路標識が若干不親切なところもあったけれど、GPS機能付きのスマホがあれば大丈夫。便利な世の中になったもんです。
朝早くからがっつり巡れば、ラグーサにも滞在できそう。
ゆっくりとした観光ではないけれど、お急ぎの方にお勧めです♪

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

私の「お気に入りの町ベスト10」入り!・トレヴィゾ(Treviso)

2016-08-09
DSC_0289.jpg


所要で近くまで来ていたついでに、トレヴィゾ在住になる予定のお友達に会いに・・と気軽に行ったトレヴィゾの町。
どーせベネトの田舎町でしょ(←とことん失礼)と思っていたら、「イタリアで好きな町ベスト10」入りするぐらい気に入ってしまいました!

DSC_0267.jpg


「水の町」の名付けたくなるほどの運河の数。
ヴェネツィアのゴテゴテ感がなくて、清流たたえる日本の「水路」と近い印象な運河なのが
あのゴテゴテ感は、訪問するには良いけれど住むにはちょっと。。といったカンジだけれど、トレヴィゾは「住んでみたい!」と思える運河なのですよ。

DSC_0268.jpg


運河とともに暮らしてきた人たちの生活が静かに息づく町並み。美しいたたずまい。
そして・・みんな怖いくらいにフレンドリー!
え? 悪名高いベネトにいるのに?って位、みなさん親切でフレンドリーです。

そして・・

DSC_0272.jpg


ご飯がおいしい!
どこのレストランで食べても、リーズナブルに美味しい!&海の幸も山の幸もOK!!っていうのは初めての体験かも。
大抵は山か海の幸だけ得意ですっていう町が多いし、観光地は特に美味しくても価格が・・というレストランが普通だと思っていたけれど、トレヴィゾでは海の幸も山の幸も美味しいレストランが多すぎでびっくり! しかもリーズナブル!!

DSC_0274.jpg


このあたり発祥のティラミス。
遊び心あるサーブの仕方も素敵。しかも美味

ドルチェまで美味しい町は良い町です♪

さらに・・

DSC_0282.jpg


お買い物天国!! ↑こちら、13世紀の建物を改装したセレクトショップさん

街中に、大都市部では少なくなってきたセレクトショップ率が高いのもうれしいところ

大型量販店がほとんどなくて、それは街中の人たちの服装を見れば一目瞭然。
ボローニャとかの、どこを見ても大型量販店のすごい服のみでコーディネートしている人がいなかったのが印象的でした。

古きよきイタリアのファッションを踏襲した、素敵な嗜好がまだ生きているなーと感じた、おしゃれな町


DSC_0271.jpg


町のたたずまいが美しく、町人が美しく生活していて、美味しいご飯が豊富でお買い物天国。
夏の暑い日でも運河のおかげで心地よい風が吹く場所があったりちょっとお休みできる場所が多く、地元の人たちに愛されるバーなどが多かったのも印象的でした。

この地域ならではのワインを片手に、ゆっくり滞在したい水の町・トレヴィゾ。
私の中では確実に「お気に入りの町ベスト10」入りしましたね。これは。。。
カラブリアから遠いけど!(笑

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

夏休みは1200km走ってアルプスまでトレッキングに その2

2016-07-21
DSC_0319.jpg


ワンコと一緒のアルプス・トレッキング三昧の夏休みレポートその2です。(その1はこちらからどうぞ)
トレッキング周辺のことなどをつらつらと・・。

Paddyが見ているのは放牧中の牛さんたち。
チーズ工場が多いのもこの地域の特徴。さらっと入ると見学させてくれるところがほとんどですよ♪
気になったらとりあえず突撃してみるのも楽しいかと思います。

DSC_0456.jpg


1歳未満の子牛さんたちは好奇心旺盛で、見たことない生き物(=Paddy)に興味津々。
後を追いかけてきて、Paddyの正面に回ってじーっと見つめる&考える子牛さんが多かったです。
ついでに「撫でて」と頭を寄せてくるのがかわいかった♡
コゼンツァにいるポドリカ牛は気が荒いので・・こんな出会いはないなぁ。。(←遠い目

Paddyは牛の大きさよりも、彼らが首から下げている鐘(?)にびびって及び腰になってます(笑

DSC_0511.jpg


そーいえば、リャマにも会いました。
サマーカットされたリャマさんたちは、どーみても首の長いプードル(笑
彼らもPaddyを仲間だと勘違いして尻尾を振って近寄って来ましたよ。
リャマもうれしかったりすると尻尾振るんだ!!

DSC_0508.jpg

お昼ごはんは山小屋で。
コース中、あちこちに山小屋があるのでお昼ご飯場所には困りませんでした。
私は基本的に山盛りサラダ。主人はこのあたりの郷土料理・カネーデルリ(Canederli)を頼むことが多かったかな。
お値段も良心的で、山盛りサラダ(サラミとかツナ入りで)8ユーロぐらい。カネーデルリだと5~8ユーロぐらい。

DSC_0521.jpg


トレッキングが終了して、ロープウェーで下山する前には必ずドルチェタイムも♪
ロープウェー駅周辺は高級ホテルがあったりするので、お茶タイムにはぴったり♡
心地よい疲労感と、夕方近くになってまた別の表情を見せる山々を眺めながらちょっと休憩って癖になりますよ~

DSC_0406.jpg


ロープウェーで下山し身支度を整えてホテル方面に戻る途中にあるのが、Forstの本社工場。
ええ、偶然にもForstの本拠地に滞在していたんです♪ (いや、ホント偶然だってば!)
Forstは1857年創業のビール会社。
ドイツ産酵母を使ったビールや独特の赤ビールなどなど生産しているんですが・・何といっても大きなビアガーデンを備えているのがうれしい♡♡♡
ちょーど喉が渇いていたし、汗をかいた分は補給しなきゃ♪といいつつ、余計なカロリーを溜め込みにGo!

DSC_0410.jpg


ぷはーっといただきます♡
レストランは無休で10時半~22時半の営業(夏季のみ)
ビール飲んでつまみもOK。しっかりご飯も食べられますよ♪
詳しくは→http://www.braugartenforst.com/it/ (英語のサイトもあります)

テーブルで注文してテーブルでお支払いするシステムです。
とにかくビールがおいしいんだ~♡♡♡
(主人はお酒が飲めない体質なので・・お水を頼んでました ←笑)

DSC_0380.jpg


ってわけで。
毎日運動していたはずなのにぜーんぜん体重に変化のなかったトレッキングの旅、終了。
お仕事用の下見もできたし、十分充電できたのでボローニャ経由でカラブリアに戻ります!
海に行く前にしっかり下地焼けできたわ~(笑

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

夏休みは1200km走ってアルプスまでトレッキングに その1

2016-07-17
DSC_0482_20160716042924519.jpg


早めの夏休みをいただいて、一週間ほどアルプスへ行ってきました。
アルプスまでは直線距離でカラブリアからざっと1200kmぐらい。
目的はアルプスでのトレッキングWithワンコ。
滞在したのは温泉療養施設でも有名なメラーノ(Merano)近郊。
イタリアといってもほぼオーストリアな地域を楽しんできましたよ♪

DSC_0465.jpg


本日のお山はあちらっ! 標高2700mのHirzer9合目が目的地。
毎日、コース内高低差600mぐらい・4~5時間ぐらいのコースを選んで巡ります。
Paddyがやる気なさそうね・・(笑

DSC_0462.jpg


初心者~中級者用コースなので、歩道はしっかり整備されています。
中には「バギーでもOK!」なコースもあって、実際すごーく小さな赤ちゃん連れのドイツ語圏の人たちも。
小学校上がる前ぐらいの子達もしっかり歩かされていて、しかも文句も言わずにがんばっている子が多かったのが印象的。
さすが・・ゲルマン人は違うわね。。

DSC_0444.jpg


ストックを使う関係で両手は開けておきたいので、友人お勧めのHuruttaのランニング用ベルトを使ってPaddyを固定しました。
腰痛用コルセットぐらいの幅があって、ちょっと引っ張られても安心でした。小さなポケットも3つついていて、すっごく使いやすい!
街中でもがんがん使っていきたい、よい商品だと思います♪

商品情報(イタリア語です)
→http://www.hurtta.it/dettaglio-prodotto/930991-S/CINTURA-MOTIVATION-RUNNING-SALMONE/
アマゾンにもあったみたい→
https://www.amazon.co.jp/Hurtta-%E3%80%90Hurtta-%E3%80%91%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%BF-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B008KBYRFK


DSC_0433.jpg


アルプスならではの光景を楽しみながら、ゆっくりペースでのトレッキング。
コースがたくさんあるので、人が多いようで意外とすれ違わなかったです。
大自然を独り占めしているようで、得した感じ♪

DSC_0365.jpg


そして、コース途中に突如現れる無人販売所(笑
特産品を使ったジュースのほかに、ジャムや蜂蜜を売っていました。中には氷の入ったバケツにビールが突っ込まれてる販売所も。どんだけ飲むんだゲルマン人。。

無人販売所があるっていうだけで「ここはイタリアじゃないね・・」と強く思います。
イタリアだったら即効で商品は盗まれて、販売所は落書きされて、破壊されるもんねー

DSC_0355.jpg


豊富な湧き水を使った給水所もたくさんありました。
雪解け水なのかな? きーんと冷たい水が飲み放題です。
初心者向けコースは、山小屋をつなぐ道で構成されていることが多いので水の心配ってあまり必要ないのですが・・ま、補給できるときに補給しておくのは良いことかな。
Paddyも水の音がすると「あ!冷たい水!!」と挙動不審になるようになりました(笑

DSC_0496.jpg


と、いうわけで2500mの9合目地点に到着!!
頂上までは上級者コースになるので、ヘタレな私たちはパスです(笑
遠くに氷河を眺める絶景スポットにしっかりベンチが設置されていて、さすがオーストリア・・と感心しつつ(笑)、下山準備に。

DSC_0354_20160716042856b9a.jpg

コースの要所要所には案内が出ているので迷うことはないと思います。
ただ表記はドイツ語です。ここはイタリアなはずだけど。。。(苦笑
心配な方は一応目的地のドイツ語名だけは確認しておいたほうが良いかな?

それと、意外と日差しが強いので日焼け止めと帽子などは忘れずに!
その2に続きますっ!

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ロンドンで食べたもの!

2015-07-17
DSC_6720.jpg


久しぶりにロンドンに行ってきました。3泊4日の日程です。
主人も大好きなロンドン。5年ぶりぐらい? 久しぶりの滞在で、やっと橋が開くところを見ることができましたよ♪
今回はおまけのイギリス初心者イタリア人×3名付きの旅(笑。みんなでワイワイしたいので、滞在はアパートとなりました。
観光情報は出尽くしていると思うので、イタリア在住の日本人erieriと食いしん坊のカラブリア人の主人がどこで何を食べたのかー!の記録です。
お食事に興味の無い方はスルーの方向でどうぞ(笑


ロンドンで食べたもの! の続きを読む

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>