スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

雪が降ったからお休みします♪@カラブリア。雪の影響はこんなカンジ。

2017-01-13
DSC_2221.jpg

この1週間ほど、夜の気温がマイナスになるまで冷え込んでいた南伊・カラブリア州はコゼンツァ。
寒いな~と思っていたら、夕方からちらほら粉雪が舞いだし・・翌朝にはしっかり積雪しました!

DSC_2219.jpg

こんなに積もったのは数年ぶり。
都市といえど、南国カラブリア州。雪に慣れていません。
雪の影響は多大で・・・
・公立学校(小学校~高校)は軒並み休校。自習室を開放していた学校もありました。
・市内公共交通はダイヤが乱れまくり。バスが来るだけでも感謝しないとね♪←だから私は、カラブリアで公共交通使いません(笑
・ごみの個別回収、すっかり忘れられる。生ごみの日だったんですけど。ま、寒いからいいか(笑
・官庁関連事務所、人員が半分以下に。お使いで言った先で「雪でお休み」届けを多数目撃(笑。
・官庁関連一般事務所、官庁さんたちがお休みじゃ仕事にならないから・・・「うちも雪でお休み」。
・会社や個人事務所も仕事場まで到達できない人が続出するみこみのため「臨時休業」にしていたところが多かったなー。みこみって(笑

逆に、スーパーや小売さんたちは頑張って営業されていました。
そして、あちこちの事務所で雪の中頑張って通勤した人たちが必死に人員不足をカバーされていました。ご苦労様です。。。

DSC_2227.jpg

私の職場は官庁関連一般事務所なので、もちろん「雪のためお休み」でした。関係官庁がお休みだったので、こちらの仕事にならないし。で、有給扱いにならないところがすごい!
前夜のうちに「休業」の連絡をもらっていたので、おかげさまで早朝からPaddyさんと雪三昧♪

DSC_2225.jpg

朝6時半。まだ誰も歩いていない新雪の上をお散歩♪
この犬、雪見るとテンションあがります(笑

DSC_2229.jpg

新雪の中をウサギのように跳ね回った結果の見事な雪球。
雪球は毛玉の原因にもなるし、なにより冷たいと思うので・・足湯につけて除去。
コームで除去っていう情報を載せているサイトもあるけれど、Paddyの毛質には足湯がいいみたいです。

結局翌日まで雪は残り(これも異例)、なんと「路面凍結でお休み」届けもあちこちで提出されたとか(笑
コゼンツァ近隣のスキー場も軒並み全面オープンしています。
こちらは、雪があるうちだけ営業。機会があったら滑りに来てください(笑

スポンサーサイト

カラブリア州にもあった、強制収容所

2016-06-13
DSC_0888.jpg


第二次世界大戦の時期にヨーロッパ各地に作られた強制収容所。
カラブリア州コゼンツァ県にはヨーロッパで最初にユダヤ人のために作られた収容所(Il campo di internamento di Ferramonti フェラモンティ収容所)がありました。

「強制収容所」のイメージとは少し趣の異なる収容所だったフェラモンティ収容所。
少し長いので興味のある方だけどうぞ。
(注・1940年以前にも収容所は各地にありましたが「ユダヤ人収容」を目的に建設されたのはフェラモンティが最初とされています)

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

カラブリア州にもあった、強制収容所 の続きを読む

リクイリッツィアを生産する、アマレッリ(Amarelli)ってどんな企業?

2016-06-07
DSC_0774.jpg

世界最高品質の誉れ高いカラブリア州産のリクイリッツィア(甘草)。
風土が適しているらしく、特に何もしていないのに(生産者談 笑)、良いリクイリッツィアが生産できる場所がカラブリア州北東部(コゼンツァ県内)、ロッサーノにあります。
300年以上の歴史を誇る老舗・アマレッリ(Amarelli)社の本社・博物館・工房もここに。
訪問する際は道端にどどーんと登場するアマレッリ社の看板、見落とさないようにしてくださいね!

DSC_0776.jpg


建物内に直営店もあります♪
可愛い入れ物がいっぱいで、迷う。。。

この地域、かつては60を超える工房があり、すべて家内工業。由緒ある貴族などが屋敷の一角を使ってリクイリッツィアの生産をしていたようです。
アマレッリ家もこの地域の由緒ある一家で、16世紀にはすでにリクイリッツィアの根の販売をしていたそう。18世紀に入って「製品」として加工したものを販売するようになり、現在に至ります。

DSC_0775.jpg

お屋敷の一角に博物館を作り、地域に根ざした企業としてカラブリア州を牽引するアマレッリ社。
博物館見学は無料。
リクイリッツィアとアマレッリ家に関する貴重な資料を見て触ることができますよ♪

DSC_0781.jpg

そして、母屋の反対側に作られた工房も見学可能。(要予約)
内部は写真撮影禁止ですが・・黒くキラキラ輝くリクイリッツィアの粒ができるまでの工程を間近で見学できます。

昨年のミラノEXPOにおいて、カラブリアを代表する人物として紹介されたアマレッリ家のPina Amarelliを長とした企業です。(ミラノEXPOの際の記事はこちら)
200年以上単一家族による家内工業を守り続けている企業/団体が参加するThe Henokiensのメンバーでもあり、企業精神面においてもイタリア企業じゃないくらい先端を走っていて、もうとにかく「カラブリアといったらアマレッリでしょ!」なぐらいカラブリア州にとっては重要な企業。
博物館や直営店を覗くと、アマレッリ家の精神をそこはかとなく感じていただけると思います。
もうね、色んなところがカラブリアじゃないですから!!(笑

DSC_0784.jpg


ちょーっと不便な場所にあるのが玉に瑕だけれど、時間が許すなら、そして甘草の香りが苦手でなければ訪問して損はない場所です。
ちなみに・・お土産袋もクールで、おしゃれさん達からポイント高いです(笑
私のお気に入りは、リクイリッツィアのビール。ピザとよく合いますよ♪

AmarelliのHP→ Amarelli Liquirizia
博物館のHP→ Museo della liquirizia (ガイド付きで見学する場合は要予約。英語/イタリア語)
Cosenzaから1日ツアーで訪問できます。「イタリアの美しい村々」選出の村訪問やお料理教室・ワイナリー見学と組み合わせ可能。お問い合わせはLa Terra del Soleまで

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

カラブリア州で唯一のアニメ・漫画フェス@コゼンツァ

2016-04-20
DSC_0480.jpg



カラブリア州で唯一・しかもかなり大規模のアニメ・漫画フェスがコゼンツァで開催されていました。
日本のアニメ・漫画はもちろん、アメリカ系、なつかしのイタリア系も網羅した結構本気のイベントで、コスプレイヤーもいっぱい♡

カラブリア州内にこーんなにアニメファンがいたんだ!!とびっくりなイベントの様子をお届けします。


DSC_0479.jpg



会場内は3つのブースに別れ、ひたすら懐かしいゲームから最新のものまで遊びたい放題のゲームブース、アニメ・漫画関連グッズを扱うお店が並んだブース、さらに自家製のなんだか日本っぽいもの(笑)を扱うお店のそろったブースと内容盛りだくさん。

カードゲームを真剣にしてるコーナーもあり。。ちょっと話しかけられない雰囲気でした(笑

↑の写真、なんだか物憂げなワンパ○マンが手前に・・(笑

お話聞いたら超好青年で、ネットで最新作をフォローしつつ日本語を独学しているんだとか。
会場内の思いもしなかった日本贔屓人口に、感心するやら嬉しいやら。。。
でも私には難易度高いコスプレの人もいたりして、何にもファンっているんだなーと思ったりしましたよ。。(苦笑


DSC_0482.jpg



遊びに行った主な理由は、某団体が企画したこちらのカンファレンスに参加したかったから。

真剣にセーラー○ーンに哲学してて、ちょっと面白かったです。

カンファレンス自体は、、、題名は良かったし、ちゃんと調査してるなーといった印象だったんだけど、ちょーーっと力不足な内容で残念。。。

好きなのはわかるけど、説明は苦手っぽかったです。ま、若人だし。今後に期待かな。


DSC_0485.jpg



会場内はこれでもかというほどコスプレイヤーさんがうじゃうじゃしてました。

初夏の日差しの下、被り物系の人も多くてびっくり。ご苦労様です・・・(笑



カラブリアで唯一・しかも大規模のイベントっていうことで、かなり遠くからも参加者がありまして。

たとえば私が知り合った犬○叉さんは海を越えてシチリアからの参加とか! 
すごーく綺麗な人で、犬夜○のコスプレが良くお似合いでした♪

「あ、犬○叉だ!」と思わず言った声が聞こえたみたいで、しばらくお話することになったんだけれど・・逆に私が質問攻めに合うほど犬夜○ラブ。
ラブ過ぎちゃって来年には日本の某イベントにも参加する予定だそうですよ!

ほかの方の話だと、山を越えて4時間ほどかけて来た人たちもいるとかなんとかで、コスプレ熱は全世界共通なのね。。。と思ったり(苦笑


DSC_0483.jpg



コスプレイヤーさん達がすっごく気軽に写真撮影に応じていたのも印象的でした。
(同時に、コスプレイヤーさんと記念写真撮りたいい人がいっぱいなのにもびっくりでした!)

やっぱり人気は「手間かかってます」系の方だったかな。
日本人の私にはなじみのあるキャラクターのコスプレイヤーさんが多くて、特にジャンプ系が大人気の模様でございました。
Best of コスプレイヤーを決めるコンテストもあったり、夜間はコンサートがあったりして大盛況の3日間だったようです。


子供から結構年配の人たちまでが楽しんでいて、アニメや漫画にそれほど詳しくない私でも楽しいイベントでした♡

来年はさらにパワーアップして開催予定だそうですよ♪

逆に日本から参加しちゃうのも楽しいかも~~




にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


シルクロードの果てに。東西文化交流の場所・カラブリアのフィエラ(お祭り)

2016-03-22
DSC_0208.jpg


カラブリア州コゼンツァ(Cosenza)のみんなが待ってたお祭り・Fiela di San Giuseppe(フィエラ ディ サン・ジョゼッペ)。
古来シルクロードなどを経由してヨーロッパにもたらされた文化・物資をヨーロッパの物と交換する、物流の交差点として発展していた名残が感じられる年に一度のお祭りで、コゼンツァの人は心待ちにしているイベントです♪

当初はお祭りというよりも、東からやってくるキャラバン隊や商船が到着する時期を狙って年に数回開催された市場だったらしく、『お祭り』としてしっかり整備されたのは13世紀初頭。
南イタリア史を語る上で欠かせないFedericoⅡ(フェデリコ セコンド。日本ではフリードリヒ2世のほうが通り名かしら)色々がんばって整備した、という記録が残っています。
日本は鎌倉時代で承久の乱とかいってゴタゴタしてた頃ですな。
ま、FedericoⅡさんの頑張りっぷりは世界史で勉強してくださいませ(笑

シルクロードの西の終着地点・ヨーロッパの玄関口のひとつとして栄えたお祭りだったようです。
ええ、カラブリア。大事な場所だったんですよ、昔は(苦笑。。。

DSC_0213.jpg


↑植木屋さんスタンド。植木屋ゾーン・スパイスゾーンとなっていて、回りやすくなっています♪

今ではさすがに物流の交差点としての機能はないけれど、東から届くスパイスや陶器・絹や織物、珍しい動植物を扱っていたお祭りの名残は残っていて・・お皿や植木・家具・スパイス類を扱うスタンドが多いのもこのお祭りの特徴。
現代のコゼンツァ人にとってはFiera di San Gioseppe=お皿か植木か家具を買うお祭り!なのです(笑

DSC_0220.jpg


当然一番人気は陶器やお皿を扱うスタンドが集中しているゾーン。
カラブリア州の陶器、というよりも南イタリア全般からスタンドを出している感じ。
クラシックな物からおしゃれなお皿までが破格で扱うスタンドが多いので大混雑するエリアでもあります。コゼンツァ主婦の熱気が立ち込めているというかなんというか。。。たまーに叫び声が聞えたりするし(笑。

DSC_0215.jpg


スパイスやオリーブを扱うスタンドも大人気。
ココの乾燥トマト&オリーブ、悪くない質でびっくり。。
大抵のお祭りで見かけるオリーブとかって食べられたもんじゃないけれど。。ココのは正解。さすがFiera di San Giuseppe❤
思わず唐辛子付けのオリーブをお買い上げしました♪ 

DSC_0218.jpg


そして、もちろん家具を扱うゾーンもあります。
昔は欧州では手に入らない木を使って作られた高級家具などを扱っていたらしいけれど、当然現在の様子は変わっていて、アンティーク家具やちょっとお安め家具、そしてお庭に置く用の家具などがメインな模様。
それでも大量に買い付けて車に積み込んでいるお客さんが多く見かけたので・・この日を待っていたコゼンツァ人は多いと見た!

DSC_0211.jpg


そして・・とにかく食べるのが大好きなのがカラブリア人ってことで、20mごとぐらいに食べ物屋さんが出ています。
こちら「Paninu cù sazizza」屋さん。すでに表記がイタリア語じゃない(笑)ですが、サルシッチャのパニーニ屋さんのこと。
サルシッチャや野菜をその場で鉄板焼き。一緒に焼いたパンに挟んでパニーニにしてくれるので、良い匂いが漂ってます❤
パンがまた美味しいんだ。。。

お昼ご飯の時間だったけれど、お昼ご飯前の腹ごしらえをパニーニでしている人、多数。
がっつり日曜ランチの前にサルシッチャ入りパニーニ。だからカラブリア人って太るんじゃん。。。。とは言わないお約束です。

DSC_0209.jpg


そしてそして。
コゼンツァ人が愛してやまないこの時期のお菓子・Mostaciolli(モスタチョッリ)屋さんもたくさん出ています。
本来は自家製するものだけれど(→自家製したときの様子はこちらから)、作るのがとにかく大変なので、お祭りの日に購入する人が多いお菓子。
この時期にしか見られないものなので、機会があったら是非お試しを♪
お勧めは「100%蜂蜜使っています!」と宣伝しているお店。
安いけど怪しげなお店には行かぬようご注意くださいませ!

DSC_0228.jpg

↑知人宅から見たお祭りの様子

お祭りは父の日(San.Giuseppeサン・ジュゼッペ←キリスト様のパパさんの事)のすぐ後の週末に開催されます。
コゼンツァで開催されるお祭りの中でも最大規模のFiela di San Giuseppe。数キロにわたって露店が並ぶ、圧巻の春のお祭り。
そぞろ歩きしながら掘り出し物を見つけるにはもってこいなイベントですよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。