スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

イタリア出張トラの巻き。ボローニャ&ローマ出張4泊5日

2016-11-23
DSC_1704.jpg
9月~12月は「これはしっかり食べないとまずい・・」なスケジュール。
そんな中のある出張。お忙しい方の参考になれば、と旅程を少し公開します~

まずはアポがいっぱいのカラブリア→(飛行機)→ボローニャ→(電車)→ローマ→(電車)→ボローニャ→(飛行機)→カラブリアの旅から!
カラブリアからの空の便はRYANAIR。カラブリア~ボローニャを約2時間で結びます。(直行便)
アリタリア便はローマ乗換え。カラブリア、こんなところが妙に不便・・(涙。

DSC_1641.jpg
8時ごろ発の便で、10時ちょい過ぎボローニャ空港着。
そこから空港を出て、空港バスでボローニャ中央駅着がだいたい11時過ぎ。
空港から近く、各地へのアクセスが良いボローニャ駅なので、私はフィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、ミラノなど北部イタリア出張の際の拠点と使っています。
ホテルも安いし、何より駅そばにYuzuyaさんがいるし♪
集まってくれた友人たちとのYuzuyaランチで力をつけ、ついでにアポを数件こなしたら18時半のItaloでローマへGo!

DSC_1675.jpg
ボローニャ~ローマ間は電車で3時間ほど。
これから必要な資料に目を通したり、車内打ち合わせしているとあっという間に到着です。
超お安い席でなければ電源も確保できるので、ここでガッツリ充電することも。
往復ともItalo利用だったけれど、うわさによると国鉄のほうが座り心地が良いとか。
次回は国鉄だな。。

DSC_1645.jpg
ローマ着は21時過ぎ。
ホテルにチェックインしてからささっと晩御飯に出ても大丈夫な時間なのがうれしい♪

DSC_1647.jpg
ただし、宿泊施設の場所には一応気を使います。
今回は超有名店が並ぶVia Condottiに入り口があるB&Bへ。
お店のウィンドーが明るいし警備の人がいるし、なによりどの時間帯でも人通りがあるので・・深夜まで所要が予定されているときは、努めて人目がある場所をピックアップ。
タクシーで乗り付けるけど、宿泊施設入り口までの短い距離で何かあっても面白くないし、ね。

DSC_1649.jpg
ローマでのお仕事はいつも楽しい♪
移動のついでにトレビの泉へ行ったり(笑
ローマは公共交通が便利だけれど、一応タクシーの呼出し番号は持っていたほうが◎
特に観光客が多い時期、ストが予定されている日はタクシーがつかまらないで要注意です。

DSC_1656.jpg
久しぶりのローマなので無駄に(?)Caffè Grecoで打ち合わせしたり(笑
ここのテーブル、いつも「ひとつ欲しい~」と思う素敵な大理石でねぇ。ほんっと素敵だわ。

ややこしい打ち合わせに意外とお勧めなのが、こーんな喫茶店。
WIFI完備だし、地元の人がいないので日本語/イタリア語の打ち合わせの際に意外とプライバシーが守られちゃいます。あ、英語はダメよ(笑

DSC_1667.jpg
所要も無事に終わり、さらに思いがけない出会いもあったりしたローマ/ボローニャ出張でした。
この後ローマよりボローニャに戻り、ちょーっと楽しげな企画のアポを数件こなし、ついでに開催中だったチョコShowでどっさり買い物をして(笑)、先日とりあえず無事にカラブリアに戻りました。

今度はフィレンツェ出張だ~!!
おまけ

DSC_1654.jpg
はい、ちゃんと打ち合わせしています!風な一枚です(笑
みなさまお疲れ様でした♪

にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

スポンサーサイト
tag :

イタリアの建造物耐震基準と地震を取り巻くアレコレ

2016-08-26
2016年8月24日未明に中部イタリアで発生した地震。
これにより特に山村部に大きな人的被害が出ました。中でもパスタソース(って言うんでしょうか?)の一種マトリチャーナ発祥の地として有名なAmatrice(アマトリーチェ)村は壊滅的打撃を受けました。

2009年の地震で大きな被害の出た L'Aquila(ラクイラ)はこのアマトリーチェ村の南方約55km。
日本人的には過去の教訓が一切生かされていないように見える、イタリアの現状には訳があります。
ちょっと長いので、興味のある方だけどうぞ。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

イタリアの建造物耐震基準と地震を取り巻くアレコレ の続きを読む

「3.11 への文化からの応答 24人のクリエーター・文化人へのインタビュー/Guido Ferilli著」ついに出版!!

2016-08-03
イタリアでも大きく報道された東日本大震災から5年が経過した先日。
友人の努力の結晶とも言うべき一冊の本が世に出ました。

bk-gf311-02.jpg

「3.11 への文化からの応答 24人のクリエーター・文化人へのインタビュー」 
著者:グイド・フェリッリ(Guido Ferilli)
出版社:赤々舎

~概要~
マンガ・アニメ・テレビゲーム・映画などのサブカルチャーから、絵画・彫刻などの伝統的な芸術、また、それらの活動を支援する様々な団体や私企業、官公庁にいたるまで、広く芸術文化に携わる人々が、2011年の震災をどのように受け止め、行動してきたかを、イタリアから訪れた著者グイド・フェリッリがインタビューした記録集。
出版社サイトより

印税は全て、東北の文化活動の促進のために寄付されます。
大震災発生以降、グイド不断の努力によって出版された一冊。
震災が風化されつつあると聞く2016年にあって、大震災直後の資料としての価値も高い一冊です。

出版に際し「超」のつく尽力をされたKさん談:「色々な方々からご協力をいただき5年の歳月をかけて完成した本です。 震災後の日本のアートの貴重な証言を担っている内容となっています。」

出版社サイトより直接、もしくはAmazonにて購入できます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

Cosenzaまでの交通案内

2016-05-18
EU圏内・イタリア各地からカラブリア州コゼンツァ県コゼンツァ市までの主な交通をまとめました。
旅程を作る際のご参考にどうぞ♪

++++

コゼンツァ(Cosenza)市はカラブリア州の北部に位置しているため、ヨーロッパ各地から比較的アクセスしやすいのが特徴。大きな街なので、不便なカラブリア州の割りに(笑)移動手段が整っています。
移動時間を短縮させたいのなら、断然有利なのが空路利用。
カラブリア州の空の玄関はラメッツィア・テルメ空港(SUF)、サンタ・アンナ空港(CRV、別名「ピタゴラ空港」)の2箇所です。

ラメッツイアテルメ空港
空港は小さいながらも国際空港として機能しており、EU圏内・その他ヨーロッパ地域・イタリア各地と結ばれています。(空港建物の様子などはこちらの記事をどうぞ)
カラブリア州のほぼ中心に位置しているため、コゼンツァ県などを訪問しながら北上。ナポリ/ローマ方面に向かうか、カラブリア州南部を訪問しつつ南下しシチリアに陸路到達できる、使い勝手のよい空港です。

ラメッツィアテルメ空港からコゼンツァ市まで
・車 約30分
・バス 約60分 (5ユーロから。1日3本程度)
・電車 約60分 (5ユーロから。一時間に1本程度)


サンタ・アンナ空港
LCC専門空港。2016年現在、ローマ・ピサ・トリノ・ベルガモ・ヴェローナと結ばれています。北部イタリアからカラブリア州を訪問されたいときにお勧めです。

サンタ・アンナ空港からコゼンツァ市まで
・車 約2時間
・バス/電車 小さな空港なので公共交通の便は非常に悪いです。まずクロトーネ(Crotone)市に出て、コゼンツァ行きバス/電車に乗り換えが必要。クロトーネ市までのバスは1日1本(もしくは2本)しかありません! 空港周辺・駅周辺は何もなく、治安もあまりよくないのでささっと移動したいところ。
しかも英語はほぼ通用しないと思っていいので。。。イタリアの旅・上級者向け空港です(涙


イタリア各地から陸路コゼンツァ市へ

バス

イタリア主要都市から、イタリアバス業界大手2社SimetLa Valleをはじめとしたバス会社各社がコゼンツァ市中央バスステーションまで直通バス*を出しています。
コゼンツァ市バスステーションは町のど真ん中にあるので、安全だし安心。
La Terra del Soleにお声がけいただければ、バスステーション~コゼンツァ市内ホテル間送迎を無料でサービスいたします♪ (お申し込みは利用日の2週間以上前まで。都合により承れない日もあります。ご了承ください)

*直通バス・・カラブリア州内の小さな町が下車予定地の場合、乗ってきたバスから旅程の途中で突然下車させられ、小さなバスに乗り換えさせられる!といった事も。コゼンツァ市行きのバスでは絶対に起こらないので、コゼンツァ下車のバスの旅は乗りっぱなしでOK。安心ですよ

・ローマからコゼンツァまで 約7時間
・ナポリからコゼンツァまで 約5時間
・ボローニャからコゼンツァまで 約11時間(夜行バス・朝8時ごろ着)

鉄道
海岸線から少し入った場所に位置するコゼンツァ市。
ナポリ~シチリアを結ぶ路線上の特急停車駅Paolaで乗り換えが普通ですが、コゼンツァまで乗り換えなしで到着できる電車もあります。(Paola乗り換えの際は、乗換え後約20分でコゼンツァ到着)

ナポリからコゼンツァまで
・乗り換えありの電車を利用 約3時間
・乗り換えなしの電車を利用 約4時間

++++
La Terra del Soleでは、

・コゼンツァまで(コゼンツァから)の公共交通チケット取得代行(有料)
・空港~コゼンツァ間の送迎(有料)
・コゼンツァ駅~コゼンツァ市内ホテル送迎(無料)
・コゼンツァ中央バスステーション~コゼンツァ市内ホテル送迎(無料)

をいたします。こちらよりお問い合わせください。

なお、記事内の情報は2016年5月現在のものです。
ご旅行される際は、最新の情報を入手してくださいね♪

Aeroporto di Lamezia terme(ラメッツィアテルメ空港)
Aeroporto Pitagora(サンタ・アンナ空港)
Tranitalia(イタリア国鉄)
Simet(バス会社)
La Valle(バス会社)

にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ボローニャのガイド本、発売中!

2015-05-21
DSC_6217.jpg

5月9日、新しいタイプのボローニャグルメガイド本「La Bologna foodie della Bea」が発売になりました! ベアのグルメなボローニャってカンジな訳になります。(よね?ちづちゃん^^)
著者はボローニャっ子でジャーナリストのベアさん(巷ではべべさんとも)。フードブロガーとしても活躍されていて、私も何度もベアさんのブログapranzoconbea情報を参考にレストラン選びをしたもんです・・。密かにお世話になっております。。
DSC_6362.jpg

イラストとグラフィックはボローニャ在の日本人アーティスト・ちづちゃんが担当。
ワイヤーアートで超有名なちづちゃん。実はイラストレーターとしてもすごい人でした! なんともあったかみのある素敵なイラスト満載なグルメガイド本になっています♡こちらのシェフにはサインしてもらっちゃいました♪役得じゃ~♪
DSC_6360.jpg
 
行きつけのお茶屋さんも掲載されてます♪ オーナーさん2人がサインしてくれました♡
著者でボローニャっ子のベアさんお勧めなお店が、朝食用・アペ用・ブランチ用・・・とシチュエーションごとに分類されて掲載されています。これ、すっごく便利ですよ♡ 
そして、友達に語りかけるような文体で読んでいて気持ちが良いのも特徴♪ かわいいイラスト満載&役に立ちすぎ情報いっぱいのコラムの数々も収録。ボローニャ好きなイタリア語のわかる方へのプレゼントに最適な内容になっています。特に女性には喜ばれそう♡(英語・日本語バージョン出版求む!!!!)

私はすでにヘビーユーズしていて(笑)、そういえば名前は聞いたけど行ったことなかったな・・という場所を選んで突撃しまくっております。ガイド内容にはずれがなくて、体重さらに増えました(笑。夏前なのにね(苦笑。

発売から1ヶ月間はエディコラ(Edicola、新聞とか雑誌を売っているお店/露店)での取り扱い。売れ行き絶好調につき、ネットショップでのお取り扱いも始まってます。実際、発売日翌日には超品薄になっていました。。
来月からは一般書店にも並ぶそうですよ♪

ベアさんのブログはこちらから。(イタリア語)
在ボローニャのアーティスト・ちづちゃんのサイトはこちらブログもされてまーす。

この本のことはボローニャのお友達みかりんさんもブログ記事にされてますよ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。