スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

東京に行ったら訪問したいイタリアンレストラン・ラ チャウ

2016-05-19
DSC_9963.jpg


早春の日本滞在中、グルメなイタリア料理教室ピアチェーレ主宰の長内先生に連れて行っていただいた港区のイタリアン「ラ チャウ」。
ピエモンテ州の名店・La Ciauの名前を頂いているこちらのレストラン。(理由はシェフに聞きましょう♪)カジュアルな様でいて実は本格的なイタリアンが楽しめる素敵なレストランでした

DSC_9965.jpg

前菜から北イタリア感満載。
一目で「いいスライサー持ってますね!?」とわかるサラミ類がまた美味でした。
今回はお勧めランチのコースをお願いしましたよ♪

DSC_9972.jpg


プリモはこの時期に日本でしか食べられない牡蠣のパスタを。これまた旬の甘い白菜が合わせてあって、至福の一皿でございました。。

イタリアンを追求するあまり「イタリアで食べられている」料理を無理やり(?)がんばって忠実に再現しようとするレストランが多い中、ラ チャウの「日本の旬の食材つかってるけど根っこはしっかりイタリアン」なお料理哲学にシビレます。
私、こーいうお料理大好きだわー

DSC_9973.jpg

セコンドは、2種類を長内先生とシェア
まずは魚介のセコンドから。
えーと。。。これで半量?

DSC_9980.jpg


続いてお肉のセコンド。
えーと。。。しつこいようだけどこれで半量?? 
お料理が美味しいというのは、写真を見ていただいて。オリーブオイル・塩、もう文句のつけようがないクオリティーでございます。

写真に見えていない場所、お料理の進み具合を見ながらのサーブ、そしてキッチンへの連絡がしっかりされていて、とっても気持ちのよい空間だったのも特筆でした。
スタッフさん、みんな素敵!!

vinola.jpg


それぞれのお料理にはソムリエさんお勧めワインを合わせて。
日本にいるのに、なんて芳醇なひと時なんでしょう♡ お昼から大好きな先生と呑み

サラミ系前菜から牡蠣のパスタ、そして海老メインのセコンドとお肉のセコンドと、私だったら頭痛がしそうなラインナップだったけれど・・・ソムリエさんの果敢な、そして面白いチョイスで楽しませていただきました。
セレクトがちょーっと大雑把なこともあるイタリア人のソムリエと、だいぶアプローチが違う。。と、とても勉強になりましたです。。。最後のほうは酔っ払って単純に楽しくなっちゃってたけど(苦笑

DSC_9982.jpg


そして最後のデザートが出てきました。
E・「食後酒ある?」←まだ飲むのか! 
ソムリエさん「もちろんありますよ」
って事で、お願いしたのが
Amaro lucano(アマーロ ルカーノ バシリカータ州の食後酒です。大好き~)。
あんなに繊細なパンナコッタに。。。我ながらなんて暴挙を。。


ここで長内先生が「あら?今日のデザートは控えめね?」と問題発言(笑
え? もうお腹いっぱいだし食後酒出てますよね?と思ったら・・

DSC_9984.jpg


パンナコッタは前菜デザートでした(笑。
美しいデザート盛り合わせが万を辞して登場。
さすがピエモンテの流れを受けるラ チャウ! なイタリアンデザート盛り合わせ。
ここで妙にフレンチぽくないのがすっごく嬉しかったです(笑。

D0tThySeawm8Iyw1462019586_1462019634.png


お食事中もシェフがレストラン内を回り、すべての席の人とお話されていたのも印象的でした。
いいなー。また来たいなーと思う、そんな空間・そんなサービスがレストラン中に溢れていたのは、ひとえにシェフの薫陶の賜物なのかな?と感じます。
もう、シェフの笑顔がすべてを物語っているような~


DSC_9962.jpg


特別な日だけでなく、ちょっとイタリアンしたい時に気軽に出かけられる、素敵なレストラン「ラ チャウ」。
連れて行っていただいた長内先生に大・感謝!!です♪
あ。同じ建物内に「Vineria La Ciau ヴィネリア ラ チャウ」も。シチュエーションによって使い分けたいですね♪

長内先生のお料理教室→
イタリア料理教室 ピアチェーレ
Ristrante italiano ラ チャウ

Vineria La Ciau ヴィネリア ラ チャウ

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

スポンサーサイト

まもなく閉店! 今のうちに神戸のアランフェスへGo!!

2016-02-19
DSC_9216.jpg


3月6日に閉店することが決まっている神戸のレストラン「アランフェス」。
ソムリエでもある山﨑シェフが1人で切り盛りされています。
私はイタリアンというより山﨑ワールド爆発レストランと呼びたい、特別な日にぴったりのレストランをご紹介します♪

DSC_9213.jpg


前菜からして、見た目イタリアじゃないレベルの高さ。
でも口に入ると三色国旗(イタリアの国旗の事)がふわーっと目に浮かびました。なんで~?!

DSC_9220.jpg


丁寧に作られたパスタ。
こちらは見た目イタリアンだけどアジアな風味の遊び心満載の一品。
見た目を裏切る香りと味が楽しめました♪ おかわりが何回か出来そうだったな~(笑

DSC_9217.jpg


母を連れてと伝えてあったので、世代が違っても食べやすいお料理が続きます。
ソムリエでもあるシェフが、ぴったりのワインを合わせてくれるのもうれしい所♡
久しぶりな母との2人きりのお食事、このあたりから盛り上がってまいりまして写真が・・・・・・・・・。

DSC_9221.jpg


写真のないお料理もあって、こちらのメインまでたどり着いたころにはお腹も八分目以上ぐらい。
これがThe・イタリアンなコースでチーズだにんにく風味だっていうお料理が続くと途中で辛くなるのだけれど、どんどん食べられちゃうのは絶妙な割合でスパイスが使われているから。アジアンスパイス恐るべし!

そして最後はすばらしいドルチェでコースが終了。
最初から最後まで、びしーっと「The・山﨑テイスト」が貫かれているオリジナルコースを堪能いたしました♡

イタリアで長く修行されアジアンフードにも詳しい山崎シェフが作り出すお料理はイタリア料理をベースに創作された山﨑ワールド。
アランフェスは海の幸・山の幸豊かな神戸だからこその一品も楽しめる、素敵なレストランです。
3月6日に閉店されるのは次のステップに進まれるからとのこと。
今後も楽しみな山﨑シェフワールド、まだ楽しめるので急いでGo!!される事をお勧めします♪

アランフェスHPはこちらから。
FBページはこちらです。
3月6日には閉店フェスタも開催予定だそうですよ♪ 詳しくはシェフまでお問い合わせください。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。