スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Cosenzaって、こんな場所です。

2012-06-26

所用で主人の実家のあるカラブリアはCosenzaに帰っていました。
Cosenzaに「帰る」と言うとしっくりきます。「行く」はちょっと違うカンジ。空気も水も食べ物も美味しいカラブリアの主人の故郷。目ぼしいものも無いので(笑)観光客が続々と訪れるような土地ではないし、ボローニャに比べてまだまだ遅れている所も多いけれど、やっぱり大好きだわ、Cosenza。

Cosenzaは一応大学もある、北カラブリアの主要都市。背後に山が控え、一番近いスキー場まで20分の距離。さらに海まで出るのにも20分と一年中季節のスポーツが楽しめる、大変恵まれた場所に位置しています。
ま、どこにでもあるようなカラブリアの都市なんだけど、最近、街の中心が「アートの街」化しています。

アメリカで活躍する、Cosenza出身の彫刻家の方の作品群が目抜き通りにどどーんと展示されています。 (ご本人が街の為にと寄贈されたそうです)
当初は何ゆえこんな田舎にこんな作品群が・・と戸惑うCosentinoも多かったようですが、今ではすっかり街の風景の一部。どの作品も触り放題、眺め放題ですよ♪

主人は近代アート大好きな人なので、ほっとくといつまでもいつまで~も作品の前で立ち止まっています・・。目抜き通りにはそれこそあちこちに作品が展示されているので、数百メートル進むのにもの凄~く時間がかかるといぅ(笑 目抜き通りを散歩する時は、主人の手を引いて歩く覚悟が必要です(笑
街の中心地は、この作品群設置に合わせる様にしてリモデル中。大きな噴水などを多数配した、水がいっぱいの街になる・・予定みたいです。しっかり噴水の管理できるのか、とか、突貫・手抜き工事で作ったはいーけど後は放置します、みたいな事にならないのか、とか、南特有の問題発生の心配はつきませんが、一応工事は始まっていて、現在までは良いカンジで進んでいる模様。この調子で頑張れ~♪
8月になると大賑わいのビーチも、6月はプライベートビーチ状態です♪
カラブリアは何百キロにも渡る海岸線が自慢の州。場所によってはちょっとアレなビーチもあるけれど、岩々ビーチが大好きな私は玉ねぎで有名なTropea方面や、バシリカータ近くのビーチが好き。砂浜が好きな人は、イオニア海側やレッジョカラブリアの方面がお勧めです。
8月の大賑わいビーチを避けて、地元民は6月~7月下旬をメインに海を楽しみます。
なお、海が一番込むのは8月15日を挟んだ週。可能なら、この時期をはずして海に遊びに行くのがお勧めですよん♪

Cosenzaって、こんな場所です。 の続きを読む

スポンサーサイト
tag :

ご利用は計画的に。

2012-06-15

広大な低地の端っこに位置するボローニャは、丘に囲まれているとはいえ自転車で移動するのに適した街です。
中心街は住人以外の車での侵入が禁止されているので、郊外からボローニャ市中心に来る人たちはバスかオートバイか自転車が主な移動手段。特に置き場に困らない自転車を利用している人が多く、朝に晩に皆でちゃりちゃり♪しています。(ボローニャ市も貸し自転車のサービスを提供しています。)
で。
需要があればそれだけ色んなことが起こるし、なによりここはイタリア。しかも学生の街・ボローニャ。ちょっと油断すると・・

鎖のついてる前輪だけを残して根こそぎ盗まれた友人自転車の残骸。
友人、がっくり・・。
ちょっとスポーティな素敵自転車だったからねぇ・・。普通は車体とタイヤを縫うように鎖を通した上でポールなどに固定するんだけど・・素敵自転車だったのに、前輪だけに鎖付けた友人が悪い!ということで他の友人達と慰めたり励ましたり(笑 あんまり可哀想なんで、後日皆でピザパーティにご招待しました。

スリやかっぱらいの被害こそ少なめですが、ボローニャでの自転車のご利用は計画的に・・
tag :

エミリア・ロマーニャ州の地震について

2012-06-10

5月末から揺れっぱなしのエミリア・ロマーニャ州。少し北のベネト州でも地震があったり、主人の実家のあるカラブリアのコセンツァ界隈が震源の地震があったりと、イタリア全体がユラユラしている雰囲気です(涙

地震の被害が比較的少ないボローニャでは、6月に入ってから本格的な支援活動が始まりました。
↑はチェントロのピアッツァにて開催された震災パルミッジャーノの即売会の様子。地震の影響で熟成用の棚から落ちたりなどして、さらなる熟成が困難なパルミッジャーノレッジャーノをお買い得価格で即売、被害を受けたチーズ工場を助けよう、という活動。この日は用意された500kgのチーズが、わずか2時間で売り切れたんですよ~。皆の力で、エミリア・ロマーニャの特産チーズを生産する工場を助けるんだ!という心意気が感じられますよね♪私たちも数キロ購入しました♪
他にも、スーパーなどで緊急支援物資(ちびっ子用ビスケットや缶詰など直ぐ食べられる食料品、生活必需品など)の回収、SMSなどでの募金活動など、積極的な活動が行なわれています。
在ミラノ日本領事館でも募金の呼びかけを行なっています。詳細はこちら

連続する地震の影響で、ボローニャ市内にも少しだけ影響が出ています。
丘の上の教会San.Lucaは未だに閉鎖中。ヒビの入った建物も多く、外壁が剥がれ落ちないように緊急措置をされた歴史的建造物もチェントロには多く見かけます。
でも、他は通常とおり。ホテルもレストランも通常通り営業しているし、道路などにも大きな被害は出ていません。


今回の地震では某地域の建物の被害状況を調べていた主人の同僚が2次被害により亡くなっていて、個人的には復興はもちろん、震災犠牲者の家族の方たちのための援助にも関心があります。
昨年の日本の震災後、ボローニャの人たちからは沢山の募金・支援をいただきました。
今度は私たちから。何かお手伝いが出来ればよいと考えています。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。