スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

イタリア最古の洞窟壁画といえば・・

2012-07-27
日本では知られていない北カラブリアの魅力と言うか見所を少しだけ宣伝~♪

北カラブリアを訪れたら絶対はずせない(と私は思ってる)場所、そこがgrotta del Romito(ロミトの洞窟、とでも訳せばよいのかな?)です。
私たちが夏場を過ごす山荘のあるPapasidero県内、周りはなーんにも無い場所にぽつんと存在するこの洞窟、人が生活していた跡が確認できるイタリア最古の遺跡(洞窟)としてヨーロッパではかなり有名。なんでも、今から23000年前~1万年前くらいにこの洞窟で生活していた人たちの人骨や生活の痕跡、世界的に有名な(と地元民が自慢の)壁画がごろごろ出てきちゃって大変なんだそうです。2万年ほど前って・・日本はまだ縄文時代に入ってないくらい昔?

旧石器時代~新石器時代への移行期間の定説を覆す発見も当時は沢山あったそうで、ヨーロッパの旧(中)石器時代を語る上では大変重要な遺跡、らしいです。年配のPapasidero出身者が言うには、正式な洞窟発見の60年代よりもずーっと前から洞窟は子供の遊び場で、皆が入り浸って遊んでたそうだけど・・遺跡なんてそんなもんよね(笑)

こちらが世界的に有名な(と地元民が胸を張る)牛さんの壁画。どこからどう見ても「牛」。しかも某有名壁画に似ているような似ていないような。。
大昔の人たちが見ていた生き物の姿を今を生きる私たちも壁画を通して「見る」事ができる、この不思議な感覚。2万年っていう気が遠くなるような時間が壁画の前でぐぐっと短くなったように感じる不思議空間で、私は大好きです。
保存が良く、つい昨日彫られたようにくっきりはっきりなこの牛さん。大きな物ではないんですが、もちろん本物を近くで見る事ができますよ♪

洞窟内はまだまだ研究が続けられていて、最近も新たな発見があったばかり。考古学上大変貴重かつ重要な遺物&埋葬された人骨がごろごろしているので、中に入るにはガイドの案内が必要になりました、最近。実は私が最初に訪れた際は・・チェックがいい加減で結構入りたい放題だったんですよね。この緩さがカラブリアっぽいわ^^

場所が場所だけに、たどり着くには車が必須です。発掘された遺物を展示するびっくりするほど小さな博物館も併設しておりますよ^^ 
本当にこじんまり営業しております!っていう雰囲気の遺跡なので、観光目的で訪れるような場所ではないように思いますが・・時間がちょっとあって、尚且つ歴史に興味のある方は是非訪れてみてください。地図やGPSを頼りにしてたら絶対迷うので、「行ってみたい!」とご興味のある方は事前調査を念入りにお願いいたします^^;

以上、主人の故郷カラブリアの「イタリア最古な遺跡」自慢でした~♪
スポンサーサイト
tag :

皆様、Buona vacanza~♪

2012-07-16

今年もあっという間に7月中旬。「今年最後の収穫分だよ」といただいたサクランボを自家製フルーツミックスのジャムとあわせてクロスタータにしてみました。Nさん、いつもありがとうございます♪ やっぱり、フルーツの酸味がピリッと効いてるジャムを使った生地の分厚いクロスタータが好き。毎度タイミングを逃さない義兄と主人と、3人であっという間に完食しました♪ それにしても義兄、いつもタイミングよく現れるなぁ・・

実は先日、誕生日でした。
あんまり「お祝い~♪」という気分でもなかったので、朝ごはんは甘いもの山盛りの豪華版に。晩御飯は主人とお魚料理が美味しいレストランへ出かけてきました。
なんというか・・ひっそりお祝いしたなぁというカンジ^^; 主人は小さなプレゼントを用意してくれていて、普段が普段なだけに(記念日に花も買わない人なので・・笑)ちょっとビックリ&感激したといぅ(笑
歳を取ると涙もろくなって嫌よね~と言いつつ、美味なお魚料理&ドルチェを楽しみました。素敵な一晩をありがとう、主人。最高にお勧めなので、レストランの情報はまた後日。
2012年前半は、慌しいうちに過ぎて行きました。
カラブリアにはそれこそ月に2度くらいのペースで帰ったし、その合間を縫うようにして色々な事に手を出しみたりして、あっという間に時間が過ぎていきました。嬉しい事も楽しい事も、そして悲しい事もあった波乱の半年だったように思います。
今年の目標に掲げた「挑戦」はある程度達成できているかな、といったところ。色々と挑戦しすぎでアップアップしてた時期もあったような気がするけど(笑 このまま後半も順調に行けば、ある程度の成果は得られるんじゃないか・・といった手ごたえを感じています。

今年のバカンスは、カラブリアの山荘でゆっくり過ごす予定です。
時間が結構あるので、主に寝室の壁の塗り替えをしようか・・と計画中。各部屋の色を決めるのに、ただ今主人と言い争いと言う名の協議中(笑  作業するのは主人だけど、主人に任せておくと全室同色にしそうなので、しっかり監督させていただきますよ~♪
今年はどこにも行かずに、忙しかったこの半年の疲れをゆっくり癒し、残りの半年へ向けたエネルギーチャージのバカンスにする予定です。あ、もちろん海にも出没しますよ♪ 

山荘付近のネット環境が悪いので、ブログの更新はぼちぼちになる予定です。
それでは皆様、Buona vacanza。素敵なバカンスをお過ごしください♪
tag :

Sotto le stelle del cinema (ボローニャの青空映画会)

2012-07-09
ボローニャ初夏恒例の青空映画会が始まっています(7月30日まで)。
Sotto le stelle del cinemaと題された、Piazza Maggioreに配された巨大スクリーンにて毎晩22時ごろから始まる無料の映画上映会。日本より北に位置するボローニャは、22時頃になるとやっと空が暗くなり始めるので・・開始時間としてはちょうど良いカンジ。
ボローニャに住む人にとって、この時期のお楽しみ行事です。

現在までに鑑賞した映画はこちら。

- prix de beauté(Fra/1930) A.Genina・字幕 
オーケストラの生演奏付き(eseguita dall'orchestra del Teatro comunale di Bologna)
素晴らしいのひと言。

- The first born (GB/1928) M.Mander・字幕
ピアノ生演奏付き(Accompagnamento al piano di Stephen Horne)

- The immigrant (USA/1917) C.Chaplin

- The rink (USA/1916) C.Chaplin

- Easy street (USA/1917) C.Chaplin
オーケストラの生演奏付き。(eseguita dall'orchestra del Teatro comunale di Bologna)

- Il gabinetto de dr.Caligari (Ger/1920) R.Wiene ・ほぼ字幕
コンピューターによる生サウンドトラック挿入バージョン(Live computer soundtrack)私はサウンドトラック無しの方が好きだなぁ。。

あら、列記してみると意外と少ないわね^^
今後I.Bergmanのヘビー級映画(笑)とA.Hitchcockの古典作品が続き、7月中旬には宮崎映画の中からぽにょとハウルが登場予定!ま、7日に上映予定のFanny e Alexander は好きだから見に行く予定だけれど、晩御飯後にI.Bergmanはちょっと消化不良起しそうなんで・・他の作品は勘弁してください・・。
宮崎映画はどちらもまだ見た事がないので・・ちょっと恥ずかしいけど行っちゃおうかなぁ~と思ってます♪ まずは主人を説得しないとね・・。

映画祭は7月30日まで。席は早い者勝ちなので、気になる映画があったら早めに到着しておきましょう~♪
tag :

我が家の暑さ対策(?)ご飯

2012-07-02

ボローニャの暑さは、東京の蒸し暑さに似ています。
Cosenzaの方が気温自体は高くて、日中は暑かったけど・・この蒸し暑さはなかった。どちらかと言うと「日差しが肌を貫通して痛い!」カンジ。それに引き換えボローニャの暑さは、殺人的な蒸し蒸し感で息苦しいという、なんとも辛い暑さなんです。しかも、日没後も建物の壁からの放射熱(?)でもわ~んとするという(涙 エアコン買えば問題解決しそうな気もするけど、賃貸だしな~
扇風機ガンガン使っていても南向きで日当たりばっちりな我が家の台所スペースがむわわ~んとしているのでお料理する気にもならないワタクシ、本日のお昼ごはんは一切火を使わないフレーゼでした^^; 

さらに先日は、冷たいおコメのサラダをお昼ごはんに。
前日の晩にお米を茹でる際も、ゆで時間きっちり茹でるのでなく、可能な限り余熱調理して火を使わないようにしています。で、荒熱が取れたら冷蔵庫にGO!我ながら涙ぐましい努力だわ・・

またある日のお昼ごはんはパスタさえ茹でればOKな一品。今年もモリモリ育っているバジリコさんを使ってのペーストをオレッキエッテに合わせてさっぱりなランチ♪ 実はパスタを茹でるのも辛かったですよね、あの日は・・

我が家の暑さ対策(?)ご飯 の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。