スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

カーニバルとおウチご飯と友人達と

2013-02-22

1月下旬から復活祭までは「超」が付くほどばったばたの我が家。というか・・主人、意外と余裕よね?忙しいのは私だけなような気がする~(涙
でも、ありがたいことに合間を縫ってウチにご飯に来てくれる人あり、友人達との合同ランチあり、嬉しいお友達宅でのお招きご飯があったりと、どんな時でも食欲は衰えませんわよ~の私達です。
忙しくってを言い訳にちゃんと記事になって無いような気がするけれど、記録もかねてupしておきま~す^^;

カーニバルの前の木曜日は食べまくりの日。この日はお客さんもいたのでLa gruで習った豚の牛乳煮を。(レッスンの様子はこちらをどうぞ♪) これにはもちろんこのコントルノ!

タマネギの煮込み、フリッジョーネ♪ ゆっくりじっくり煮込んだこのフリッジョーネはイタ人に超人気で「マリネ中にすっごいタマネギ臭がするから狭い我が家向きじゃないのよ!」って言ってるのにリクエストが絶えない一品。特に北イタリア出身の人たちに大人気なのが不思議。やっぱり味覚の違いってあるのかな?
う~ん。今月末にもリクエスト入ってるんだけど・・どーしよー。 

カーニバルは揚げ物三昧。今年は秘密兵器登場でパスタのカットが早い早い♪ ドルチェの類も全部揚げ物ならアンティパストも揚げ物でGo! 

揚げ物大好きな主人のリクエスト、アランチーニは日本土産の貴重なパン粉を使ってちょっと和風にしてみたら・・大成功。揚げ上がりの美しさといい、日本のパン粉って偉大だ~! 思わずトンカツソース持ってこ~い!と声を上げたくなるような色に簡単に揚がるし、イタリアの粉状パン粉よりも油を吸収しないカンジが特に丸。
ふら~っと寄ってくれる友人達のためにもちょっと多めに作る我が家。そして結局肥えていく我々。。あー、夏はすぐソコなのにね~!

カーニバル後の火曜日も食べまくりの日につき、この日もLa gruで習った一品を。お昼ごはん後に遊びに来た義兄が2切れも食べちゃったほど美味なコチラ、前日から作って置けるし意外と工程も簡単なので重宝しております。。La gruレシピ、ありがたや~♪

ところで、この間訪問したのは最近修復が終わったRさんの山の家。古材をふんだんに使った改装をされて、カラブリアの山荘をなんとかしなきゃいけないワタクシにとってはホント真似したいポイントいっぱいの素敵なカタログ状態でございました。インテリアセンスってやっぱり持って生まれた資質なんだろうなぁ。。カラブリアの山の家はこんなにお洒落に出来ないね。。と思いつつも、内装や外装(特に窓枠!)などをじっくり拝見(笑  夏にはうちの山の家に来て頂く事になっているんだけど・・大丈夫か、あんな家で?とちょっと不安で~す!  

近所のCさんがYちゃんと遊びに来てくれた日には、サツマイモ三昧を。
Yちゃん用にと小さめに丸めたスイートポテト、丸い形状が祟って照り卵が全部下にたまってしまうといぅ、ちょっと想像すればわかるだろう的なミスを犯してしまい・・すいません。色白スイートポテトでございました(汗
ところで、お土産でいただいたCさん特製ベイクドチーズケーキ(後ろの方にうっすら見えているのがソレ)がまた本格的で超美味だったので・・さっそくレシピをいただいてしまいました♪流石Cさん、お料理上手!っていうお味で・・そもそも包み方からすっごく可愛かったので、持ち寄りパーティの達人を目指したいワタクシ、Cさんに弟子入りしたいわぁと秘かに願っております^^ 
Cさんレシピのチーズケーキは生クリームが入らない分焼き加減が難しく、只今精進中。ちょっとコゲコゲの試作品(笑)を持っていった先ではとにかく大絶賛!だったので、あとは上手に焼き色をつけられるように練習するのみ、かな。Cさん、レシピありがとうございます☆ またYちゃんと一緒に遊びに来てくださ~い♪

チーズケーキといえば、Tomokyさんのレシピも秀逸。 ちょこちょこ来客予定があった先週はこちらのレシピの倍量を小さめの型で焼いて大量に冷凍保存して乗り切りました(笑 レシピのクリームチーズをカプレットさんのものを混ぜてみたり、牛さんのもののみにしてみたりで味がぜーんぜん違うのが楽しかったり。先日急いで作った際はなんと小麦粉を入れ忘れ、ネットリ重めに仕上がって・・でもこれはこれでいい感じでした♪ いや、音符つけて喜んでる場合じゃないほど物忘れが激しいだろって事は言わないお約束です・・。

別の日にはお料理上手なMさん家にお邪魔して、お昼ごはん&日本語トークに夢中になってみたり。話題豊富で気さくな先輩Mさんからは体を動かす事が好きな同胞の匂いがほのかに感じられて(笑)、おしゃべりしていると時間が経つのがあっという間♪ 来シーズンはスキー休暇ご一緒できるといいですね♪ そしてとにかく器用なMさんの食卓はいつも盛り付けが美しい!参考にしたい!ので食卓の風景を思わず写真に撮らせていただきました。彩りも綺麗~♪

さらにさらにきらっきらのサックサク♪に揚がっていたMozzarella in carozzaも登場~。このMozzarella in carozzaにはちょっと思い入れのある(笑)ワタクシ、Mさんのお心使いに感謝するばかり! ご馳走様でした~☆

そして・・がざっくざく降っている只今、本日のドルチェ@トルテローニを製作中。最初は見た目も可愛いちびっ子トルテリーニにしようかと思ったんだけど・・気合が足りず時間の関係で大きいトルテローニにすることに^^;
中にはカスタードクリームが入っていて、この後にたっぷりの油で揚げます。上手く&美味しくできたらいいんだけど・・。

ところで、ひょんな所でお知り合いになった美容師のFちゃんに髪を切ってもらいました。長年腰までの超ロングだったけれど、今ではショートを楽しんでいます♪ ショートって・・楽、よねぇ。シャンプーの減りも遅いし(笑 特にスポーツした後の始末が楽でパラダイス!  
髪もさらに短くしたことだし、パスクァが終わったら(笑)ダイエット開始~!!の予定です。
スポンサーサイト
tag :

Moenaのおススメレストラン&お店

2013-02-19

はい。というわけで、食いしん坊のワタクシに相応しい内容をお届け(笑。↑は前回記事にしたFuciade内のシッシーの部屋。年代物のストーブが素敵♪ (基本、食事中はカメラを出さない主義なのでお料理についての写真が無いのですが・・場所情報だけですいませ~ん)

ドロミテは美味な物の宝庫。特にMoena界隈は我々は現地に入るまで知らなかったんだけど^^; 乳製品やお肉が美味な場所。ってことで・・観光客だけでなく地元の人もけっこう訪れちゃうぞ!なレストランがあちこちに点在しています。

その中でも最高峰といわれるのが、丘の上のレストランMalga Panna
某旅情報サイトではぶっちぎりの評価らしいけど、確かに味といい値段といい(笑)この地域最高峰。特にココのCanederliは絶対食べたいひと品! どのお料理も繊細ながら量についても豪快で、かなりお腹を空かせていかないとプリモ・セコンド・ドルチェと続けるのが苦しいぐらいの大盛りっぷり。合間にもアミューズが出てくるので、緩めのズボンでお出かけされる事をおススメします(笑
情報は⇒Ristrante Malga Panna

Moena市内のおススメレストランといえば、ホテル内レストランであるTyrol
こじんまりとしたレストランながら、ワインの種類は豊富だしお肉料理はどれも美味でした♪ しかもお肉の塊が大きくってびっくり。コストパフォーマンスも良し、ですよ☆ 特に自家製パンは絶品で自家製ドルチェもなかなか♪なお味。ここはスキー場で仲良くなった地元のおじーちゃんおススメの1軒で知り合い割引がかなり利くレストラン(笑 地元の人もふらっと訪れるそうだし席数が少ないので夜は予約しておくと安心です。
情報は⇒Ristrante Tyrol

Moenaからちょっと離れた場所のレストランといえば、Moenaから車で約15分のCampitello di Fassaという小さな小さな街にあるLa Stalla del Nonnoがおススメ。
街中を横切る川沿いのRistrante&Pizzeria。ピザ職人さんも常駐しているし、なにより焼きたての自家製パン(バゲット似)が最高♪ プリモ・セコンドとも物凄い量なので、心してオーダーしてくださいませ(笑 地元の人たちご贔屓のレストランらしく、Moenaで仲良くなったおばちゃん軍団(笑)の皆さんが口をそろえて「あそこはおいしいよ~♪」とおススメしてくれたことも手伝っての訪問だったんだけど、行ってみて大正解!でした。ありがとう、おばちゃん軍団~。 元は家畜を飼育していたスペース(Stalla)だったので、窓の切り方が独特。レストラン内に当時の様子を再現した絵があるので、是非見てみてください。
情報は⇒La Stalla del Nonno

さらにPredazzo方面の幹線道路沿いホテル内レストランForestaもおススメの1軒。地元料理に一工夫加えた創作料理が得意で、ちょっとお洒落なお料理がいいな・・というお昼時が狙い目です。

お店情報を少しだけ。乳製品が美味しいMoenaでは特産チーズ屋も充実しています。↑は街の中心にあるチーズ屋さん。外に立つだけですっごい匂い!で、申し訳ないけど私は店内に入れませんでした^^;
Puzzone di Moena、Cuore di Fassaなどなど、この地方の美味しい♪チーズがお手ごろ価格でいっぱい。しかも試食もどんどんどうぞ!なフレンドリーな雰囲気で、店内探索に出かけた主人が戻ってこない!!という事態が発生! 仕方が無いので地元のワンちゃん&飼い主さんや前述のおばちゃん軍団と世間話してた私・・(笑。匂いは強烈だけどほんのり甘みのあるチーズが多く、お料理にも使いやすいしそのまま前菜やパニーニに使ってもOKの万能チーズが多いようです。

で。今回の旅行で最高にびっくり!な発見だったのが↑こちらのUHT(高温殺菌してあって、常温で長期間保存が可能な牛乳)。普通UHTっていうと妙な匂いがしたり、温めると給食の牛乳を涙目で飲んでた私(苦笑)にはとてもじゃないけど飲めない香り&味になってしまうものだけれど、このメーカーのこのUHTはボローニャで手に入る生の牛乳よりもはるかに美味しい! (ボローニャの牛乳って薄くありません? カラブリアから戻ると特に水っぽさが気になるんだけど。。美味しいメーカーとかあるのかな。。) あまりの美味しさ&リーズナブルっぷりに思わず箱買いしてしまいました!

Moena市内に2軒あるパン屋さんはどちらもかなりなレベル♪なんだけれど、流石にイタリアよりの街だけあってオーストリアに近いBrunicoほど全粒粉のパンの種類が少なく感じました。色々な種を使ったパンの種類も限られてたかな。それでもやっぱり北のパンは美味なものが多く、その中でも我々のお気に入りはフェンネルシード入りの↑のパン。なんだか難しい名前が付いてて、す~っかり名前の事など忘れちゃいましたけど^^; 

で、やっぱり北にきたらりんごぎっしりのシュトゥルーデル(Apfelstrudel)でしょう! お気に入りは街中心のパン屋さんのBoninsgna。Zで始まるパン屋さんのも試したけれど、りんごの味といいシナモンの利かせ方といいこちらの方が我々の好み♪ どちらのパン屋さんのシュトゥルーデルも午前中に売れ切れてしまうこともあるので、お土産にしたい場合は前日に予約しておくと確実♪ 

もちろんサラミの類も美味しいのでしこたま買い込んでまいりました^^; カラブリアに行こうがスキーに行こうが、帰り道は食料満載になっちゃう我々・・。なんだかなぁ(笑

Moenaで本当に良くして頂いたCarlaおばあちゃんといい、スキー場で知り合った沢山の人たちといい、この土地の人は素朴でやさしく思慮深い人ばかり。Moenaの街が大好きになった今回の滞在。また近いうちに!と再会を約束した人もいっぱいいるし、最近始めた新たなスポーツの先生もいっぱいの地域で是非指導を乞いたい方もいるしで、Moena帰参の日は近い!かな。近いといいなぁ。

tag :

Fuciadeへの道

2013-02-11

以前の記事でも紹介した、秘密の(?)山小屋レストランFuciade。お問い合わせをけっこう頂いたので、レストランまでの道のりを写真つきで紹介いたします♪

道幅が狭く車で行ける場所ではないので、小道入り口付近のバー&レストランの駐車場に車を置いて・・さぁ出発! 看板にもあるように、Fuciadeへは徒歩で頑張って行くか、

スノーモービルでびゅびゅんっと行くか、

地元の名産馬が引くソリでのんびりゆっくり行くか、が選べます♪
ちなみにソリで行きたい(往復したい場合も)は、要予約。レストランに問い合わせると連絡先を教えてもらえます。動物独特の臭い(笑)が苦手じゃなければ、グラッパ休憩(←思いのほか美味しい自家製グラッパがたら~ん♪と登場で、良い思い出に。思わず太字にしてしまった ^^; ) があったりと楽しい20分ほどの旅が楽しめます。
スノーモービルにしろ馬車にしろ、自分は動かないので楽チンだけどとにかく寒いので、特に頭を完全防御できる格好をおススメします☆

Fuciadeまでは徒歩で40分~1時間ぐらい。標高が高いので、たとえどんなに良い天気の日であっても暖かい格好で出かけてくださいね☆ 往路はけっこう登り道があって冬場は結構な運動量となります^^; 逆に復路は「下る」ばかりなので楽チンでした♪
おススメは行きは馬車(かスノーモービル)で帰りが徒歩、かな。いっぱい食べた後の腹ごなしにちょうど良い距離&自然の中のウォーキングが楽しめます♪

途中は人が入っていない絶景の連続。綺麗だけど人を拒絶するかのような厳しい雰囲気もあって、これぞ冬山の醍醐味。きっと花が咲き誇る時期は別の表情を見せるのかな。。人がいない雪山の静謐な雰囲気をたっぷり味って、騒がしい南出身の主人も思わず無言になりがちだったといぅ(笑

丘を越えきった辺りで、遠くにSan Martino di Castrozzaの山並み(Pale di San Martino)が。The勇壮!な峰の反対側は実はスキーが楽しめる場所だったりします。あの山の裏側の斜面は我々にはちょっと思い入れのある場所。思いもかけず真正面に見える峰々に思わずノスタルジーに浸ってしまった2人^^;

小さな木製の建造物が見えてきたらレストランはもう直ぐソコ。あとひと頑張りですよ~♪ この木造建物群は大変歴史のあるもので、大切に保存されています。夏場はもちろん冬場も居住する場として利用されているんだとか! 写真は比較の対象がないから大きさが判り難いんだけど・・すっごい小さな木造家屋なんですよ、これ。大柄なこの地域の人とか、横になって寝られるんかい!ってぐらい小さな建物もあったりで、電気・・自家発電ですか?水とかどーしてるんでしょう。。と人事ながら心配に。
メンテナンスが大変で手放す人もいるけれど、それを上回る勢いで入手したいというリクエストがあるんだとか。この大自然の中、普通に生活するだけでも大変だろうなぁとは思うけれど、経済状況が許せば(笑)1軒欲しい!と思うのもわかる気がしたり。。

右を見ても左を見ても絶景に次ぐ絶景のなかをゆっくり散歩してたどり着く先がRifugio Fuciade。
この場所の良いところは、どの国の人もなんだか穏やか~な雰囲気になって皆が和気藹々♪としているところ。道々でもお互いに気持ちの良い挨拶を交わしたり、こちらがイタリア語OKだとわかると(スキーウェアーにマスクしてると国籍なんかわからないし、ね)思わず出生地から仕事のことまで立ち話しちゃったりと、なんだか皆が妙にリラックスしているカンジ。街だとこういう事ってないよね~ やっぱり大自然効果なのかしらねぇと言い合いながら歩いていればあっという間に到着!

レストランは小さな集落の中心の建物。以前の記事でも紹介したように、各部屋にテーマがあって内装も凝りまくり。デコレーションもこの地域ならではのアンティーク物を再利用しているので、時間をかけてゆっくり見て回りたい。
ちびっ子用の小さな公園(遊戯施設あり)もあるし、とにかくレストラン背後の丘に登ったり、大パノラマをのんびりお茶しながら楽しんだり・・ゆったりと流れる時間をゆったりと楽しみたい、そんな場所。

レストランのオーナー夫妻は非常に気さくな方達。時間があれば地域の辛い歴史(涙)を独特のアクセントで教えてくれます。ここは激戦の際に亡くなった方達の遺骨を未だに回収し切れていないという、穏やかな今の表情とは全く異なる悲しい記憶を持った土地。ほんの少し前にこの地に起こった出来事を語り継ぎつつ、素晴らしい自然を次の世代に伝えたい、というオーナー氏の弁には説得力がありました。。

↑この置物も「超」がつくアンティークなんだとか。
お客さんの少ない時間帯にお店の人に案内してもらう事も可なので、ゆっくり時間のある時にゆっくり・じっくり滞在してみてください。

Rifugio Fuciade
住所 あってないようなものなので、省略(笑
電話 0462574281 もしくは 0462768194


次回はMoena情報最終回。おススメレストラン情報をだだだ~っとお届け予定です♪
tag :

ゲレンデ情報・・バリアフリーなAlpe Lusia(Bellamonte)

2013-02-07

3Valli情報続きます。
Moenaから車で10ほどの街Predazzoからさらに登った先のスキー場Alpe Lusia(Bellamonte)。公式サイトはこちら
以前の記事でも紹介したように、ココは初心者~中級者向けのスキー場。Moena近くのロープウェー基地Ronchiから登るとBellamonte裏側の上級者向けゲレンデが1本あるけれど、基本初心者~初級者(上)がのびのび滑れるつくりになっています。

↑は頂上(リフト降りて直ぐの場所)での一枚。この日は吹雪いてました♪やっほ~い♪
初級者でも頂上まで登ってロングランを楽しめるってのがこのスキー場のおススメなところ。看板には中級者向けである「赤ゲレンデ」での記載があるけれど、リフト降りて右側(山小屋が見える方)のゲレンデは初級者でも十分滑走が楽しめる「赤&青」レベル。幅も十分にあるので、しっかり止まる技術さえあればちびっ子も初級者さんも最長6kmほどのロングランが楽しめます♪
ついでにフリースタイル専用ゲレンデもかなり本格的な作り。だぶだぶズボンのかっ跳び小僧が多いけど、基本お行儀の良い子が多いので・・大目に見てあげてください(笑
コースがかなり緻密に作られている&インストラクターが男女とも美形ぞろい♪なので(←顔は関係ないかしら 笑)フリースタイルちょっと興味がある・・って場合もおススメですよ♪ 

ゲレンデ数はそれなりにあるものの、メインリフト数が限られている為に時間帯によっては待ち時間が発生することも^^; このスキー場の目玉である数々の青ゲレンデは中だるみする場所がけっこうあって・・中級者だと飽きちゃうかな。ナイトスキーができないってのも減点対象だけれど、頂上からの眺めは最高だし山小屋レストランはどこも美味しいので・・天気の良い日に一度行ってみてください♪ 結局食い気かい・・

ところで、このスキー場の特筆次項はバリアフリーに積極的に取り組んでいること。
このスキー場を活動拠点に地元ボランティア団体が積極的に活動していて、体の不自由な人でもスキーを楽しめる環境つくりに取り組んでいます。(夏の活動も盛んです。詳しくは公式HPをご参照ください)
私達が滑った日は、目の不自由な方と下半身に麻痺のある方達がボランティアの介助者と一緒にスキーやスノーボードを楽しんでいました。ワタクシ、この日まで下半身麻痺があってもスノボを楽しめるって事すら知らなくて(スキーは知ってたんですよ、スキーはね。。)、装備の進歩、ご本人のやる気(器具も特殊だし、重心移動が独特なので最初はかなり怖いみたいです)、ボランティアの活動などに軽く感動してたりしました。。
リフト乗り口の施設は完全バリアフリーで、車椅子でも十分なスペースが確保されたトイレ(もちろん入り口などに段差なし)など受け入れ態勢もばっちりです。日本にもこういう施設がどんどん増えるといいなぁと思ったり。

2014年3月(今年ではなく来年ですよ!)には団体が主催するパラリンピックが開催されるようで、今からトレーニングに勤しんでいるスキーヤーも多い模様。現地でお友達になった目の不自由なスキーヤーさん&介助者さんも絶賛参加予定!で、かな~り本格的なトレーニングをされていました。
大分先のことだけど、イベントも盛りだくさんだしお知り合いになれた方達が軒並み参加予定だし、なんだか楽しそうなので我々も行ってみたいね・・と話しているところ。「でも予定を立てるにはちょっと先すぎ(笑)」って山小屋で飲みながら皆で盛り上がれたのも和気藹々とした雰囲気のちっちゃいスキー場ならではの体験、だったのかな。。
ボランティア団体の情報は⇒SportABILIまで
tag :

ゲレンデ情報・・Passo San Pellegrino

2013-02-04

お問い合わせを何件か頂いたので・・Val di Fassa地域のゲレンデ情報などを何回かに分けてお届けします♪ 内容が前回の記事と重複する事もありますが・・大目に見てくださ~い^^;
今回は、Marchialongaで有名なクロスカントリースキーヤーの聖地(←大げさ^^;)Moenaから車で15分のPasso S.Pellegrino。スキーバスも頻繁に出ているので町からスキー場へのアクセスは抜群♪ 駐車場もゲレンデに面して何箇所もあるので、車でもばっちりです。公式サイトはこちら
ちなみにMoenaから5分の場所にはLusia(Bellamonte)方面への上り口の一つであるRonchiのロープウェイターミナルがあるけれど、こちらは上級者向けのゲレンデしかないので今回はパスします

公式サイトのマップからもわかるように、ココは初心者~中級(上)の人が思いっきり楽しめるスキー場。ゲレンデの幅が半端無いほどあるので、初心者さんでもゲレンデを横切るようにして滑れば安心♪の作り。
逆に上級者向けゲレンデは左手に短いのが一本、右手に一本とちょっと物足りないかな。ガンガン行きたい場合はRonchiがおススメです。
特に向かって左側のスキー場は、麓を同じくする2つの山の頂上付近に登るリフト2本を中心に、コレに平行してシングルリフトがいっぱい設置されている構造。どの時間帯でもリフト待ち時間がほとんど無いってのは大きなポイントかと♪
ゲレンデ同士のコネクションも非常によく、右に左にどのゲレンデを使っていても最初の場所に戻れる、非常に便利な作りになってます。良くありがちな「車止めてあるところまで板履いたまま戻れなーい!」といった事態は絶対ありえないのですよ^^

そしてこのスキー場に来たら絶対行きたい山小屋レストランがこちら、Baita Paradiso。もちろん、この地域最高のお食事処は前回も記事にしたRifugio Fuciadeだと思うけど、ゲレンデからは遠いので・・(笑 こちらもお問い合わせを何件か頂いたので今度記事にしますね☆

とにかく眺めが最高で「なるほど、こりゃParadisoだわ」と思える場所に位置するゲレンデ内の山小屋レストランで、肉料理もパスタも旨い!それより、窯があって作りたて&焼きたてピザを出すところって私、初めて! セルフサービスかレストランかを選べるんだけど、とにかくどのお料理も美味しいしお値段が手ごろ。地元のスキーヤーやスクールの先生達が軒並みお昼休憩に訪れる事でも有名で、私達もリフトで一緒になった地元のおじーちゃんスキーヤーから教えていただきました♪ 
初級者向けゲレンデ内にあるので、主人でも気軽にたどり着けたしね(笑 ゆっくりお昼休憩をしたい場合は絶対おススメです☆

こちらは向かって右側のロープウェイ(Col Margherita)を登った先のゲレンデ。
全体的に中級者向けのラインナップで、青ゲレンデも森林の中などで幅が狭い場所が多く、初心者にはちょっと辛いかな?といったゲレンデ内容なんだけれど・・急な滑り口を10mほど頑張って滑り降りれば総距離16km!の初心者向けゲレンデが! 途中、登りを一生懸命歩かないといけない場所があったり、板を脱いで道路を渡らなければならない場所(笑)もあったりだけれど、眺めは最高。なーんにも無い場所を雄大なアルプスを見ながら滑走できます。

一生に一度は行ってみたいゲレンデと聞いてはいたけれど・・まさしくその通り。最終的にFalcade方面に到着するけれど、リフトを乗り継いでロープウェー基地に戻れます。ただし総距離が長いので・・リフトの終業時間に気をつけてくださいね。 ここのゲレンデの途中にも地元スキーヤーおススメのパニーニ屋があったりします。森林コースが始まって大分経ってからの道路沿いのホテルのBarなんだけど、意外とこれがまた美味しいんだ(笑

ゲレンデのメンテはどの場所も完璧。南斜面が多いので午後になるとコンディションも若干悪くなるけれど、標高が高いのでズブズブにはならずに滑りやすかったです。

唯一このスキーリゾートの難点をあげれば、ナイトスキーができない事、かな。
戦時中は激戦地だった場所でもあり、地元のおじーちゃんスキーヤーとお友達になると漏れなく地元の辛い歴史(涙)を教えてもらえます。スキー板の変遷の歴史に詳しい&しゃべりたい!っていう人もすっごく多くて、リフト乗っている時間がこんなに短く感じた事って無いぐらい(笑 地元ラブな地元スキーヤーが多いゲレンデにハズレなしって言うけれど、まさにココがそんな感じでございました~
幅の広いゲレンデでゆったり滑りたい人には絶対おススメのスキーエリアです♪


次回は、Alpe Lusia(Bellamonte)方面についてお届けしま~す
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。