野菜が美味しいカラブリア♪ ペペローニのグリル

2013-07-31

バカンス中のカラブリアからこんにちは。って事で・・こちら↑は昨晩のご近所さんからのおすそ分け野菜♪ 
今年は7月に入ってからも降水量がかなりあってズッキーニの類は不作気味なんだとか(涙 でもトマトやナス・きゅうりは大豊作のようで、私たちのPapasidero到着を知ったご近所さんがおすそ分け野菜を持って来てくださいます。昨晩はこの山盛り野菜のほかに「箱」で届いたジャガイモ・ペペローニもあって、いつもいつも本当に助かっている私たち(というか、主に私^^)
カラブリアの強烈な日差しの下で育った夏野菜は味が濃くてどれも美味。簡単なミネストローネにしても単にグリルしても美味しい一品になってくれて、やっぱり野菜が美味しい土地はいいわぁ♡と帰省の度に思います。しかもこのお野菜は完全無農薬&有機肥料のみ使用のスーパーBIO野菜♪ 耕作地を貸しているので土地の使用料(?)代わりに持って来てくれるらしいのだけれど、私たちは夏しかいないので荒れがちな土地を耕して頂いて逆にありがたいぐらい。しかも美味しい野菜を毎度届けて頂いて感謝・感謝なのです。

で・・ちょうど「カラブリアではペペローニ(ピーマンの仲間)ってどうやって食べるの」? と言ったご質問を同時期に数名の方からいただいたので、今回はご近所から「箱」で頂いたペペローニの我が家流の消費方法などをご紹介します♪ (←南はおすそ分けも豪快です 笑)
夏の間はグリルして頂くのが我が家流。←他にはジャガイモと一緒に少な目の油で揚げ煮もよくするかな
作り方はいたって簡単です。

まずよくグリル。BBQやオーブンで表面が黒っぽくなるまでじっくり焼き上げます。どちらも無くて、串刺し状のPeperoniを直火グリルしたこともあったっけ(笑 表面の皮(?)がしっかり焼けて皮がぽんっとはじけるぐらいまでゆっくり焼きます。

焼き上がったらアツアツのうちに包み蒸し。本来は布巾を使うのだけれど、汚れまくった布巾の後始末が大変なので・・私はアルミホイルで覆う事が多いです。ほほほ。手抜きだわ~

薄皮を剥いて種を取ったら細~く裂きます。細ければ細いほど美味♪なので・・ココは頑張るところっスよ!
頑張るトコロではあるんだけど、実はおしゃべりタイムでもあったりして♪ 1人でやってたら時間が掛かってしょうがないので・・いつも誰かにヘルプをお願いします☆ ちなみに今回は主人がお手伝いしてくれました。このぶっとい指、私じゃないのよ。念のため~^^;

たっぷりのオリーブ油とにんにく・塩であえて、しばらく休ませたら出来上がり♪
パンに乗せて、パスタとあえて、ただのコントルノ(副菜)として食卓に登場するのですが・・やっぱりパンに乗せて頂くのが一番好き♪♪
このレシピには南の太陽をたっぷり浴びた細長いPeperoneが最適。出来れば赤く熟れているのが良いのだけれど、緑でも十分美味しいのでお試しくださいネ。

食べきれない分は南の強い日差しを利用した乾燥ペペローニも作ったり。辺鄙な場所だけれど美味しいモノには事欠かないPapasidero。
素朴な毎日の生活を楽しみながらバカンスエンジョイ中で~す☆

++++

M様:ガス使用です。薪を使う友人によると、お肉前にささっと焼くのが良いみたいですよ。皮を剥く為、表面が焦げてもOKなので火力の調節が完璧では無いうちにささーっと焼いている模様です^^
N様:自家産を使っています。北のオイルは使ったことが無いんですが、南のものとは風味も大分違うようなので・・カラブリア産のものが手に入りにくければプーリア産とかシチリア産が味が近いかな?と思います。
K様:こちらこそ、どうもありがとうございました☆ PCの方に返信させていただきました。
I様:キロ/1~2ユーロぐらいかな。購入した事が無いのでメルカートで見かける値段なんですが・・不正確情報ですいません。
A様:自家製を使っています。なので、100%カラブリア産(笑。日本に居ながらにしてシチリア産が手に入る環境にいらっしゃるとは、羨ましい限りです。
O様:嬉しいお言葉、ありがとうございます。これからもどうぞよろしく☆

tag :

バカンス始まってます! でもその前に・・今年のフェスで見た映画(覚え書き)

2013-07-23
すでにカラブリア入りしていてモコモコさん共々バカンス満喫中!なんですが・・忘れちゃう前に今年のSotto le stelle(ボローニャフィルムフェスティバル)で鑑賞した映画の記録でも^^;

以下が最初から座ってしっかり見た(笑)作品
- ZABRISKIE POINT
- LE PROCESSO DI FRINE
- CARMEN / A BURLESQUE ON CARMEN ←オーケストラ付き
- HIROSIMA MON AMOUR (24時間の情事)
- JOUR DE FETE
- EDIPO RE
- PARTITA A QUATTRO
- MANCIA COMPETENTE
- NINOTCHKA
- SCRIVIMI FERMO POSTA
- IL CASO MATTEI

ちょっとドコロではなくラインナップが偏っております(笑 しかも上映されたE.Lubitsch作品は全部見たカンジ? Lubitschiは主人も私も好きだからね(笑
他にも途中から立ち見をした映画も結構あるのだけれど、まぁそれは置いておいて。開演時間がちょうどモコモコさんの夜のお散歩時間と重なる事もあって、見たいと思っていた映画はほとんど見ることができたかな。「なんでココで『待て』なの?」ときょとんとした顔の子犬連れてたんで(笑)色んな人ともお知り合いになれたしね~^^ 
実は、ボローニャって狭い、を実感したフェスでもありました。友達の友達が知り合いですって事もしょっちゅうで、フェス中に声をかけていただいた人がまさに「友達の友達」だったなんてこともよくありました。この街で悪いことはできないっすよ~(笑
イタリアはすべて吹き替え版が放映されるのだけれど・・やっぱりオリジナル音声(&字幕)は素晴らしいと再認識♪ まだまだ見たい映画があったのだけれどバカンス出発の為見れず・・残念! でもまたの機会があるでしょう。(どれも一度は見たことある映画だしね。。)

次回からはカラブリアバカンスの様子をお届けする予定でっす☆
tag :

食欲の夏。。最近の食卓風景

2013-07-19

昨年と違い、大分過ごしやすい夏の今年。それでも「暑い。料理したくない!」って日はあるもんで、そんな時はカラブリアから持ってきたフレーゼ(2度焼きされてカチカチのパン)が大活躍。モデナとの県境で買った美味しいトマトとナポリから直送トラックでやって来たモッツァレッラチーズをオレガノ+バジル&たっぷりのオリーブ油であえて、軽く濡らしたフレーゼに乗せて簡単ランチの出来上がり♪ 暑い日の手抜きランチにはぴったりのメニューです。

パスタ茹でる気力のある日(笑)のランチはこんなカンジ。(←ほら、午前中に仕事場でヨロヨロになって、お昼に帰宅したけどぐったりですって日。ありません?)
この日は北の方からお土産として我が家にやって来た今年最後(?)のアスパラをソースにした簡単メニュー。ドイツに住んでる友人からパスタを茹でている間にアスパラソースが完成するレシピを伝授してもらい試作してみたらやっぱり美味しかったわ♡ 苦いアスパラ好き~!

パスタ茹でる気力は残ってても、冷蔵庫開けたら何にも無い!って日もあるもんで(苦笑
そんな時はカルボナーラ様にご登場いただきます。ウチのレシピは生クリームなど入らないので若干軽めかな。この日はアルプスの方からやって来た友人土産サラミを投入。(だって、冷蔵庫にな~んにも無かったんだもの!) ほんのりスモークされていたんだけど、なかなか美味に仕上がりましたよ♪

今日はなんだか元気が出ないな、ちょっと凹み気味?って言うときは、和食「風」のランチにすることも。お箸が食卓に並ぶと安心するというかリラックスできるというか(苦笑
なんちゃって焼きソバはそこそこ食べられる味に仕上がるんだけど・・焼きソバには紅しょうは必須よね。。と思っていたら、なんとお友達ブロガーさんが自宅で作ってた! なになに。梅酢があれば出来るんだ。それは良い事知ったわ~ メモしておかなきゃ~

予め来客予定がわかっている時は、ちょっと準備をしておく事も。
盛り付けるだけになっていれば午前中忙しくてもヘロヘロになっても安心♪ ま、ランチにはいきなり来客があるのが恒例の我が家なので、ちょっと珍しいって言えば珍しかったかな、この日(笑 

来客予定シリーズといえば(←シリーズ?)、ベジタリアンな友達夫婦が遊びに来てくれる時は、予め連絡をもらえるので助かっています。
ベーガンではないので乳製品とか卵OKの彼らのリクエストはいつも緑の具のラザニア。本来リコッタチーズが入るところを豆腐にしてあるんだけど・・ちょっと軽めのこのレシピを凄く気に入ってくれて、毎度毎度リクエストが。お言葉に甘えまくっていつも同じメニューですいませ~ん^^; 秋になったらまた遊びにきてね☆ 

で、南出身の人が来るってわかってたら・・そりゃ南のガッツリ系パスタになるわよね。
カラブリアから持ってきたサラミやチーズ、さらにゆで卵がどっさり入ったこのパスタ、最後はオーブンで仕上げます。午後から仕事なのに、皆良く食べるのよね~。この日は1kgのパスタを使ったんだけれど、大人5人で完食でした^^; で、午後は業務中にLINEで「眠いね」「うん、眠いね」「食べ過ぎたね」「ちょっと寝てくる」という異事務所間愚痴大会(苦笑 ってかPよ。業務中に昼ねかいっ! 私たち、LINEの使い方間違えてるような気がします。。
そうそう。熱々ではなく、常温ぐらいで頂くのが通なんだとか。通って。なに、それ(笑

そしてそして、美食家の友人の計らいでモデナ郊外のこ~んな絶景スポットで手打ちパスタに舌鼓を打った日も。

丁寧に作られたラグーが最高に美味でございました。家ご飯やレストランもいいけれど、自然がいっぱいのこんな場所でのランチも最高。モデナ郊外は美味しいモノがいっぱいだ☆

今月中はちょっと意識して食卓の写真を撮るようにしていたけれど、記録もちゃんと残るし意外と面白いかもしれない。何をどのように誰と食べたのかが写真に残っているって想像以上に便利。さすがに毎日は無理だけれど、気がついた時に、のペースで記録を続けてみようかな。。と思います。続くかな?

そろそろバカンスのためにカラブリア入りをする私たち。今年はどーしても外せない所要の為9月の第一週にはボローニャに戻る予定です。(下手すると9月1日に戻る事になるかも~ うえ~ん 涙)
例年より大分短いバカンスとなるけれど、楽しみな出会いや企画が目白押し!! 今年はどんなバカンスになるかしら。今からとても楽しみです♪ 今回はカラブリアの山荘付近のネット状況が改善しているので、少しはブログも更新できるかしら。どうかしら(苦笑
それでは皆様、Buona vacanza♡

食欲の夏。。最近の食卓風景 の続きを読む

tag :

涼を求めて

2013-07-16

午後にちょっと時間のある日は涼を求めてボローニャチェントロから車で10分ほどの公園へ。トスカーナとの境界辺りから流れる川の支流に沿って作られたこの小さな公園は、普段はマウンテンバイカー(って言うのかな?)の天国だけれど、お昼過ぎの時間帯はほぼ貸しきり状態で散策が楽しめる秘密の場所。

うっそうとした雑木林。というか・・植生からどちらかと言うと密林ジャングルっぽい。あまり手入れをされていないので、散策時は運動靴&長ズボン必須です。あと虫除けスプレーも忘れずに^^;
河原まで下りられるポイントも限られてはいるものの、訪れる人の絶対数が少ないからゴミも少なく綺麗な状態の場所が多いです。ボローニャは直ぐソコなのに、この雰囲気。聞こえるのは鳥と虫の鳴き声と川のせせらぎのみ。(あと、モコモコさんがひゃっほ~!ってなってる雑音 笑)

訪問するには要予約の保護区域もある公園内は自然がいっぱい。ホント、ぜーんぜん手入れされていないので・・色々伸び放題&茂り放題だけれど、こーいう公園が好きな人にはたまらない場所だったりします♪ ↑はまだ若いヘーゼルナッツの親戚。持ってる人の手が異様に大きいので大きさの比較が出来ないんだけれど・・さくらんぼ位の大きさのだったかな? 他に野いちごやベリーの類もいっぱいでした♪

PCの画面をにらめっこな毎日を過ごしていると、こんな場所でゆっくり目を休ませたくなる事がふとあります。ボローニャ近郊にはこの公園のような癒しスポットが点在していて、逃避癖のある私にはぴったり♪ 一緒に行ってくれる人とたわいも無いおしゃべりをしながら密林ジャングルをどんどん歩く。ただ、それだけのお昼休みが贅沢に感じます(笑

水際で相当ハメを外して遊んでいたモコモコさんの帰宅後シャンプー&ブローという、プラスαな労働(笑)が待っているけど、ま、それもよしとしよう(笑 犬も人間もリラックスできる癒しのスポットで元気を貰って、バカンス突入まで頑張るぞっ!

涼を求めて の続きを読む

tag :

Cosenzaを観光するなら

2013-07-05

過去にも記事にしたけれど、主人の実家北カラブリアの主要都市Cosenzaは・・際立って見所があるわけでもない、よくある南イタリアのふつーの街(笑 旧市街地のテアトロ(劇場)は小さいながらも見ごたえのある建物だし、中心部のホコ天部分が最近改装され現代アート(主に彫像)がぽこぽこ置いてある、街中がちょっとアート路線(?)気味ではあるものの、山も海も近い&市内に川が流れているといった程度の、ホントに良くあるふつーの街です。(それでも食べ物も空気も水も美味しいし、皆良い人ばかり。私にとっては第二の故郷!と呼びたいくらい大好きな街)

それでも頑張ってCosenzaが誇る特産品!と言ったら・・ caffè aielloぐらい? aielloの工場はCosena郊外にあって、高速使うときに風向きによっては良い匂いが漂っている事も♡ ロースト中のコーヒーの香りって好き♡ aielloは南特有の「濃い」味で、ボローニャ在の南出身者には大人気なコーヒー。そうね、ボローニャのコーヒーは薄いからね。。(ちなみに、南出身とは・・ローマ以南をさす場合もあるし、ナポリ以南をさす場合もあります♪) ボローニャに戻る際は何キロも購入する、我が家の定番品でもあります(苦笑
あとは↑写真の炭酸入りのコーヒー( Gassosa al caffè ) かな。。美味しい食べ物はいっぱいだし、カラブリアならではの暖かい人柄に触れる機会が多い街でもあるんだけど・・探すと意外と無いよね、特産品(涙

大きな街の割りに意外と見所少ないCosenza。ところが最近のCosenza市はなんだか頑張っているらしく、なんと観光案内のサイトをこっそり設立してましたぁぁぁ!!
サイトはコチラ→Cosenza turismo

うん。見事にイタリア語サイトのみだね(笑 ホントにやる気、あるのかしら?
と、いうわけで。そこの奇特な「Cosenza見てみたい」あなた。
参考にされるなら、このサイトがお勧めでございます♪
tag :

さくらんぼ求めて3千里

2013-07-01

先日の休日は友人グループとモデナ郊外のアグリへ。
まだ本格的な夏の暑さがないので、心地よい風と目にも鮮やかな緑いっぱいの環境で皆でワイワイしつつもリラックス!な休日になりました。(今年の初夏は初夏らしくない。。) このアグリ、内装も素敵だったしスタッフがフレンドリーでいいカンジ♪
大好きな友人達とゆったり楽しんだお料理はもちろんとっても美味しかったんだけど・・

実はこのアグリ、すっごく美味しいサクランボが成る木々を持っているんです。やっぱりモデナ方面は美味しいモノがいっぱいよね。。
〆のデザートは自家製サクランボジャムをつかったクランブルケーキ♡ 思わず「おかわり!!」の声があがるほど美味しいジャムで、販売していたら絶対購入していたんだけどな。。
食後酒の自家製Nocino(胡桃のお酒。40度くらいかな)も大変美味でございました。お酒を飲めない主人に「カラブリアのリクイリッツィアの甘いバージョンのような味。」と言ったら、一緒に飲んでた友人もうんうん頷いていたから・・きっとそう遠くない比喩だったかと。いっぱい食べた後にさーっと清涼感を運んでくれる、そんな飲み物に仕上がってました。コチラもアグリで販売しているとのことで、お土産用にGetしようと思っていて・・購入しそこなってしまったといぅ。これは再訪決定だね^^

丁寧に手入れされた前庭も美しく小さい子が遊べるスペースもあったりして、食後にだら~っとするにはもってこい(苦笑 
食後(お会計後)お喋りしながらいつまで~もダラダラしていたら、アグリの方が水のボトルを差し入れてくれたり。こういったさりげない心使い、嬉しいですよね♪

ちらっと先述した内装はこんなカンジ。アグリなんだけど洗練されたレストランの雰囲気も備えていて、建物内は上品な大人の時間が流れていました。ちょっと気になる絵があったんだけれど、スタッフに聞きそびれてしまったわ^^; 

アグリの施設からちょっと出た場所ではウワサのサクランボの直販も。このサクランボが本日のメインだったの!! 
いろいろな直売所で食べてみたけれど、ココのサクランボが絶対一番美味しいと思う!ってほどのお味。一度ココの近所に住む友人にお土産(?)で頂いて依頼、すっかりココのサクランボのファンになってしまった我々なので、しっかり2kgGetしてホクホク♪で帰路に着きました(笑 そして2日で完食しました・・
今年は夏の暑さ到来が遅く、まだまだ収穫シーズンとのこと。どーしよう、もう一回買いに出かけちゃおうかしら・・

美味しいチーズも地場野菜も買えたし、何より気の合う素敵な仲間と楽しく過ごすことができた休日。これもスムーズに事が進むよう段取りを整えてくれた地元のSちゃんのお陰です♪ 段取り名人、次回もよろしくお願いしま~す☆

さくらんぼ求めて3千里 の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>