スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

bienfait caféでチーズなヒトトキを♪

2014-03-26

先日、チーズサロンbienfait caféの店主でほんわか美人・チーズコーディネーターのYukoさんが主宰するチーズセミナーに飛び入りで行ってきました。フランスのチーズ鑑定士でもあるYukoさんのこのセミナーは、毎回数種類のチーズを紹介し、さらにこれらのチーズを使ったお料理をお料理に合わせてセレクトされたワインといただくといぅ。。なんとも贅沢な内容です♪

あちこちに花がさりげなく飾られた素敵なご自宅でのセミナーで紹介されるチーズはどれも「通」好み。でも、基本的に日本国内で手に入るチーズを使われているようなので自宅でお料理を再現したい時も助かりますよネ♪ 

今回のセミナーで紹介されたチーズはこちら
・Fromager d'affinois ail&fines herbes(仏・牛乳製の白カビタイプ)
・Bieu d'auvergne(仏・牛乳製の青カビタイプ)
・Ossau - iraty(仏・羊乳製のハードタイプ)
・Parmigiano reggiano(伊・牛乳製のハードタイプ) を。タイムリーにParmigianoだ♡と思った私はすっかりボローニャ在住者・・^^;

セミナーはまず座学から。参加者から質問が飛び交う楽しい座学の後はチーズ自体のレクチャーと本日のお料理のレシピの説明。そしてそして、皆がお楽しみのそれぞれのチーズの特徴を生かした美しく美味しいお料理の数々をYukoさんがその場で調理してくださるという・・・もうとにかく「贅沢!」のひとことに尽きる内容のなのです♪ 目も口も、そして頭も大満足♡♡♡ 

しかも出てくるお料理がすべて美しいの! (そしてどれもとっても美味しいの!!)
例えば↑こちらのイチゴのリゾット。イチゴの香りがふわ~と立ち上り、きれいな桜色に染まっていて、まさしく直球ど真ん中の女子好みの「春」な一品。そして参加されていた男性陣も「うまいうまい」と感動の味でした♪

洗練された盛り付けのお料理の数々は登場するたびに「わ~♪素敵~♪」の声があがるほど! 試食というより「たっぷりのお食事」といった分量を人数分さささーっと調理されるYukoさん。凄すぎます。。。惚れます。。
さらにうれしいのがお料理のレシピを惜しげもなく写真つきで公開されていること! (テキストとして配布されます) おもてなしにぴったりのレシピ集は行程が丁寧に説明されているし、出来上がりの写真がしっかり掲載されていて、この写真が自宅で復習の際にとても役に立ちましたよ♪ Yukoさんのレシピは出来上がりこそレストランのようだけれど、意外と行程はシンプル。おもてなし料理はちょっと苦手な私でも、後日に盛り付けまでなんとなーく再現できたのが相当うれしかったです♡♡♡

Yukoさんのチーズセミナーは定期的に開催されているようです。また、Yukoさんご自身はあちこちのイベントなどにも参加されているようですよ♪ 

そして・・こんな方もセミナーには参加しておりました♪
バックのニオイを確認中。あ。そにゃさんのニオイがするのかな?

ぷぷぷっ。他の猫のニオイがしたからかな。耳が怒ってる~(笑

スポンサーサイト
tag :

ユキキーナさんのイタリア料理レッスン♪

2014-03-17

ブログを通じて知り合い、もう長いこと憧れだったユキキーナさん。千葉県船橋市のご自宅でお料理教室を開催していらっしゃいます。イタリアにも頻繁に渡航し各地の郷土料理やマンマの味を常に研究されていて、レシピはいつも本格的。ブログに掲載される写真は常にとっても美味しそう!「日本にいてユキキーナさんのレッスンに通える方たちが羨ましい・・」と長らく思っていました。

日本滞在中にレッスンに伺いたい!という思いが大きくなり、一時帰国が決まった段階でコンタクトを取って先日念願のレッスンに参加してきました♪ しかもレシピに苦手なイカが使われるとあれば行かなきゃだめでしょ。って訳で。。今回の帰国のメインイベントの一つ、初・ユキキーナさんのレッスン参加の様子です♪

レシピは
・Torta salata agli asparagi (アスパラのトルタサラータ。キッシュのようなもの)
・Calamarata (カラマラータ。イカのパスタ)
・Pollo alla salernitana (鶏肉の煮込み)
・Graffe (グラッフェ。揚げドーナツのようなもの)

さっそくTorta salata用のタルト台を作ります。
日本の小麦粉ってやっぱりイタリアの物とは違うので、イタリアレシピで作ると「あれ?」ってことが多かったんですが・・ユキキーナさんのタルト台、しっかり空焼きすることでさっくさく♪な食感を残したままだったのが印象的。イタリアでよくある「真ん中色白タルト」ではない、ちょっとおフレンチな雰囲気すらするTorta salataでした。季節によって具を変えられる、応用範囲の広い一品。(そして美味♪)

本日のお菓子Graffeはカーニバル~復活祭のこの時期に食べられるもので、南イタリア各地にいろいろなバージョンが存在します。カラブリア州のCosenzaだと、もう少しゆるい生地を2次発酵を殆どさせずに揚げて、塩味かお砂糖を振り掛けていただくcuddrurieddri cosentiniがあります♪ 寒い外の屋台で揚げたてをハフハフ言いながら食べるのが美味しいの♡

今回のGraffeはしっかり2次発酵させた、どちらかというと揚げドーナツに近い食感。生地にも工夫があって、それはそれは香り高い一品でございました♪ ボローニャに戻ったら主人に作ってあげないとね~^^

季節先取りのアスパラガスがいっぱい入ったTorta salata。イタリアで食べるものよりもさくっとしていてアバレイユも軽め。これが辛口の白に合うんだ♡♡♡ 
ワインはなんとカラブリアのCiro'(しかも貴重な白)。キーンと冷えたCiro'にCalamaraとアスパラのTorta salata。なんと贅沢なランチ~♪

そしてメインの鳥の煮込みとコントルノの数々♪ ここでワインが赤にかわりま~す。
Graffeに入るジャガイモを多めにゆでておいてコントルノにするアイディア、ちょっと目からうろこでした。なほど。主婦の知恵だネ。。つぶしたジャガイモは自家製オリーブペーストを練りこんで・・やっぱり美味しいコントルノに仕上がっておりました♪
サラダに使われているオリーブオイルも美味しくて、実はここはイタリア?って雰囲気。じっくり煮込まれた鶏肉はどこか優しいマンマの味。これ、きっと老若男女・古今東西好まれる味だろうなーと思います。


遠くから通われている方もいるらしいユキキーナさんのお料理教室。今回レッスンに参加させていただき、ユキキーナさんのお人柄に触れて。。。レシピの素晴らしさもさることながらみなさんきっとユキキーナさんのお人柄に惹かれてレッスンに参加されているんだろうな、と感じました。
今回ご一緒させていただいたみなさんもとっても明るくてお料理上手で、なによりイタリア贔屓の方たちばかり! イタリア食材にも造詣が深く、あそこの物産展が・・どこそこのお店で・・とちょっと耳がダンボになっちゃうような会話もあちこちで飛び出し、和やかで楽しくも美味しい時間があっという間に過ぎていきました。皆様、楽しいひとときを本当にありがとうございました。(もし「また」がありましたらどうぞよろしくお願いしま~す♪)

お教室は毎月2つのコースで開催されているようです。4月のレッスンもすでに告知されていますよ。 あ。。日本にまだいるかな、私?また参加できるかしら~??
イタリアでも全州のお料理をマスターされている先生は少ないので、日本に居ながらにして各週の郷土料理・マンマの味を学べるのユキキーナさんのレッスンは、貴重で本当に素晴らしいと思います。(というか、イタリアでもレッスンを開催してほしいです・・。)

ユキキーナさんのお料理教室。詳細はこちらから⇒Ciao Bambina
こちらのブログでも素敵な写真・情報がUPされています♪ なんと、ボローニャの近所Dozzaという街での「マンマのお料理教室」のご案内もされているみたい。ボローニャ戻ったら行ってみようかな。。と主人に内緒で画策中^^

3月19日追記
ユキキーナさん、ほかの地域のオススメお料理教室も紹介できるようです。
気になった方は、ご本人にコンタクトを取ってみてくださいね♪


tag :

山形はやっぱり雪国だった♪ 2014年日本滞在記・その2

2014-03-12
1泊2日で山形へ行ってきました♪ 父方の祖母は山形県の尾花沢あたりが出身地。今でも遠~い親戚が住んでいることもあり、私にとっては唯一「田舎」と呼べる場所です。

山形市までは憧れの(?)山形新幹線を利用。山形行き「つばさ」は郡山まで仙台行の「やまびこ」と一緒。郡山で連結を切り離し、それぞれが目的地に向かう省エネ仕様の新幹線です。この連結部が見たかった主人。え?実は鉄男だったの?と思ったら。。電車本体ではなくネジとか見てたし(爆!!
連結部分をしっかり写真撮影をして、駅弁とお菓子を買いこんだら・・出発で~す♪

定刻に東京駅をすーっと出発したことに、地味に驚く主人(笑 (←新幹線初体験のイタリア人って、おんなじようなリアクションするみたいですね^^) 山形までは約3時間の旅。途中駅に停車するたびに「ここも定刻通りだ・・」とひっそり驚く主人を軽くあしらいつつ、久々の駅弁&ニッポンのお菓子の数々を堪能♪ いや~車中のお菓子は一際美味しいわ~♥遠足みたいで楽しいわ~♪
宿泊先は主人が温泉苦手な体質のため(涙)山形駅直結のシティホテル。これが・・結果的に大正解でした。
山形駅到着後、ホテルロビーまで2分(笑。ホントに2分。フロントに荷物を預けたらまた駅構内に戻り切符を買って、今度は1時間に約1本運行されている仙山線を利用します! ここまで、新幹線下車から15分!とにかく早いっ!! ホテルが近かったおかげで、新幹線と接続の良い電車に乗ることができてさらにラッキー♪ 
(ホテルが駅直結なので2日間本当に効率よく動くことができました♪ また寒い日、悪天の日などは特に重宝かと。駅ビル直結でもあるのでお土産とかも外に出ずに買えるし、お部屋もデラックスダブル以上だし。温泉メイン旅でない場合はお勧めですよ♪)

仙山線は仙台~山形を結ぶ電車。寒い地域の電車なので、乗り降りするときは自分でドア横のボタンを押してドアを開閉します。目的地はこちらっ!

冬の山寺~~!!
雪のない時期に来たことはあったけれど、いつか・・いつかは雪の季節に来てみたい!と長年思っていた場所に、なんとお寺初心者の主人も連れてきてしまいました^^; 季節柄さすがに蝉の声は岩に染入らないだろうけれど・・いいの。白と黒の水墨画の世界がどーしても見たかったの!!
参道は軽く雪かきしてあるので運動靴なら普通に登れます。ただし、場所によっては凍っているところも。
山門で軍手販売と長靴の貸し出しもしていて、私たちは軍手購入。軍手を持っていない人達が手すりを触るのが冷たくて大変!と言っていたので、冬場は軍手を購入するか、捨ててもよい手袋持参がお勧めです。(ちなみに、100円でございました)

実際、つるっつるで危なかった場所はここ↑だけ。(仁王様の門のところ)
参道にうっすらと雪が積もっていたものの、凍っているわけではなくサクサクの雪で、想像していたよりは簡単に登ることができました♪ だいぶ前に訪れた時は息が切れたような気がするんだけど・・S.Luca倶楽部のおかげかな? (雨の後、天気の良かった日の翌日などは凍っていることが多いそうです。気象状況にはくれぐれも気を付けてくださいね) 

2月中旬の大雪のため本堂より上に行くことはできなかったけれど・・。この眺め。
白と黒の静寂のなかで、たま~に遠くを電車が走る音が聞こえたり。しばらく山水画の風景をぼ~っと楽しんだ後に下山しました。
そして、遅めのお昼にはやっぱり芋煮とお蕎麦! 人の少ない時期でしかも平日とあって閉まっているお店も多く見られたけれど、それでも山形弁ばりばりの地元のおじちゃん、おばちゃんとなんとか交流しつつ(笑)、美味しいお蕎麦をいただくことができました。さらにおまけでおばちゃんお手製、家族のおやつ用にと作っていたらしい妙にでっかいリンゴ煮が出てきたり♪ なんというホスポタリティ!だから山形って好きなのよ~♥♥♥

山形~山寺までは20分弱の電車旅。山形~山寺(+昼食)~山形の経路でだいたい4時間ぐらいかな。仙山線がとにかく本数が少ないので、そこだけ注意が必要かな。
夏の華やかさはないけれど、冬の、雪に閉ざされた感のある山寺。念願かなって幸せでっす♪

この日の晩御飯は、山形駅近くのお肉屋さん2Fにて米沢牛のすき焼き♪ すき焼きって、なんだか楽し忙しくてなんとお肉の写真を撮り忘れてますが。。私たち実は神戸よりも米沢派で、この日の晩御飯はずーっと前からの心のよりどころでございました(大げさなようだけど・・実際「山形行ったら米沢待っているからココは頑張ろう!」とか言い合ってたしね~苦笑)
前菜の味噌漬けから最後まで、たっぷりた~っぷりの米沢牛を堪能いたしました。。はぁ。おいしかったぁ♥
佐五郎
山形県山形市香澄町1-6-10
Tel 023-631-3560
駅(東口)から徒歩5分ぐらい。椅子席があるので、胡坐が苦手な主人も安心でした。
美味しい米沢牛をお探しなら、こちらがお勧めっス

そして2日目はバスで蔵王へ!
山形~蔵王はバスで40分ほど。大型観光バスを使っているので、スキーとか大きな荷物を持っている人でも安心です♪ この日はプロの写真家さん達がいっぱい撮影に来ていたほど珍しい「超」晴天で・・遠く月山まで見ることができました。いや~。樹氷って凄いですよね。
足元にさらに3mぐらい雪が積もっていて、大きな木のてっぺん部分が樹氷になっているのかと思うと。。「凄いねぇ」としか言いようがなく。。

主人にとっては、雪の結晶が一方へ伸びていく形で成長しているのを見るのは初めての経験。ついでに道路脇に5mぐらいの高さに積み上げられていた雪を見るのも初めて。日本は世界的にも豪雪地帯なんだよ・・とあれほど言っていたのが、やっと実感としてわかってくれたみたいです^^ 
「コレすごい。写真撮って。触ってもいいのかな。あ、羽毛みたいに軽いっ!」と、ずーっと我を忘れて大はしゃぎしてましたからね。。(いや、ひっそりとはしゃいでいたんですが・・^^;)
樹氷の中を散歩しながら記念撮影したり、氷の結晶を写真に撮ったりとそれはそれは楽しそうにしてました。
頂上滞在時間は2時間ほど。レストランもあるので、軽食もとれるみたいですが・・私たちは新幹線の時間もあったので山形市内に戻ることに。あ。蔵王の街中で食べた米沢牛メンチカツも美味でございましたよ♪
山形駅構内での遅めの昼食は平田牧場の金華豚!!

味気ない一皿だけどこのヒレはすごかった~♪ 一度コレを食べてもらいたい!と長年思っていただけに、今回の山形旅行の〆に主人を連れてくることができてよかったです♪ 超肉食の主人も納得のお肉の質で、ご飯のお代わりをしながら大切~に食べていました^^。やっぱり美味しいぞ、金華豚!!

平田牧場
山形県山形市香澄町1-1-1
ホテルメトロポリタン山形内 2F 
TEL 023‐679‐5929
ホテル2Fとありますが、駅改札口前が店舗&レストランになっています。店舗でお土産買うってのもいいかも♪  ま、山形まで行かなくても銀座や丸の内に店舗あるけどね(苦笑
tag :

日本に来ております♪ 2014年日本滞在記・その1

2014-03-04
実に4年ぶりぐらいで日本に来ています♪

朝成田着の便&滞在先アパートホテルのチェックインが14時から、ということもあり、到着早々お昼御飯も兼ねて成田山にお参りに♪

三寒四温というけれど、到着したこの日は風は冷たいものの日差しは春。梅がそろそろ5分咲きになっていました。(今頃は満開かな?いいねー。梅の花!!日本に来たって感じだわ~♪)
実は初・成田山だった私。石の亀さんに向かってお金をなげてみたり、広い敷地内散策してみたり、成田屋さんゆかりの物が置いてある小さな資料館で12代目の團十郎さんとご長男(11代海老蔵さん)の奉納連獅子の映像を見られたりで、思わずゆっくりしてしまいました。
海外(おもにアジア方面)からの観光客の姿はちらほらしていたけれど、映像で見るお正月の成田山とはぜーんぜん違っていたのはうれしい誤算。職人さんたちが松の手入れをしていたり、雪がちょっと残っていたのも風情があってよし。平日午前中お勧めですよ♪

そして成田といったらうなぎ♪
日本初ランチはうな重でございました♪ うわ~い。4年ぶりのうな重だわ♡ 
主人も久しぶりのうなぎ。イタリアで見かけるグリルしてあるのとかは絶対食べないけれど、うな重は主人の好物の一つ@(苦笑  しかも「日本滞在中絶対食べたい食べ物リスト」上位!! あなた、生まれる国間違えたんじゃ・・(笑 成田到着早々うな重(しかも相当美味♡)をあっさり食べることができて、長旅の疲れ&煙い店内(笑)も気にならずにご満悦の様子でした。うん、遠くまで来てよかったね♪
駅から続く参道には目の前でさばいてくれるお店がいっぱい。重も丼も選べて、お値段も・・まぁ高すぎないかなぁといったところ^^; それでも海外在住者には夢のような空間で、あちこち吟味した結果、山門に近いお店でお重をいただくことに。これが大正解で、ぷっくりしたうなぎのおいしいお重を堪能しました♪ イタリア戻る前にまた行っとかないとね~~♪

主人はすでにイタリアに戻りましたが。。日本滞在記、続くっ!

おまけ

そにゃさんも相変わらずでございました。年齢を感じさせない、もこもこ&つやつやさんです♪
Paddyを見慣れてしまったので・・なんだか小柄な仔に感じるけど(笑  ぐにぐに。にゃおっ。と小さい声でお話ししてくれるのは相変わらず♪
いっぱい遊ぼうね♪
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。