スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

自家製リモンチェッロできました♪

2015-07-26
P1000778.jpg

カラブリアのすっごい山の中の小さな村・Papasidero(パパシデロ)。
車さえほとんど通らない過疎の村の、さらに奥の奥の畑で採れた完全無農薬レモンをを使ったリモンチェッロが今年も完成しました♡ 国立公園内でほぼ野生で育ったレモンなので、形はいびつだけど香りが高いのが特徴なんです♪

夏場はキンキンに冷やして頂きたいリモンチェッロ。レシピは簡単です。
《材料》
レモン 大き目のもの10個ぐらい
アルコール(95度のもの) 1l
砂糖 1kg~1.5kg
水 1l~1.5l (ミネラルウォーターがお勧め)
DSC01956.jpg

《作り方》
1) レモンの皮を洗って、よく拭いてからピーラーなどで剥きます。皮の白い部分を削らないように注意するんだけれど、あまり神経質にならなくても大丈夫♪
2) 密閉できる入れ物にレモンの皮とアルコールを入れ1ヶ月ほど漬け込みます。置き場所は薄暗い所。1日1回軽くゆするとGood。

DSC01958.jpg

3) 1ヶ月ほど経ったら、シロップ(砂糖と水を一緒に煮立て、冷ましたもの)を加えます。アルコール度高めのリモンチェッロにしたい場合、ここでさらにアルコール(250mlぐらい)を加えてもOK。甘いリモンチッロにしたい場合は、砂糖量大目にするとGoodですよ♪
4) 冷暗所でさらに1ヶ月ほど寝かせます。

DSC_7307.jpg

5) 皮など不要なものを漉し取ります。(この皮、捨てちゃうのがもったいないんだけどなー。。何か使い道は無いのかしら?)
6) 密閉できるガラス瓶などに詰めたら出来上がり♪

DSC_7309.jpg

経験上、寝かせる時間はできるだけゆっくり取ったほうが香り豊かなリモンチッロになります。
私は甘めでとろっとしたのど越しが好きなので、お砂糖大目のシロップを大量に作りますが、用途によってはさらっとしていた方が良いこともあるので・・実は薄めシロップを使い、アルコールも足したリモンチェッロも少量作っています。
薄めシロップ入りのリモンチェッロはアルコール度高め。これが、ドルチェ作りに調度良いんです♡♡♡
スポンジを濡らす時に使うとレモンの香り漂う上品なドルチェに仕上がるんです♡ 不器用な私にはぴったりな裏技ですわー(笑

DSC_7308.jpg

カラブリアの手作りな味を楽しんでいただきたくて、今年はお土産用もたくさん準備しました♡
たくさんの方にお渡ししたいので少量ずつですが・・8月~12月の間にLa Terra del Soleをご利用いただいた方にお渡ししています。(イタリア型の瓶に限りがあります。相当量準備しましたが、在庫が無くなってしまったらごめんなさい。)

95度のアルコールが手に入るので、リキュール作りが楽しいイタリアです♡
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロンドンで食べたもの!

2015-07-17
DSC_6720.jpg


久しぶりにロンドンに行ってきました。3泊4日の日程です。
主人も大好きなロンドン。5年ぶりぐらい? 久しぶりの滞在で、やっと橋が開くところを見ることができましたよ♪
今回はおまけのイギリス初心者イタリア人×3名付きの旅(笑。みんなでワイワイしたいので、滞在はアパートとなりました。
観光情報は出尽くしていると思うので、イタリア在住の日本人erieriと食いしん坊のカラブリア人の主人がどこで何を食べたのかー!の記録です。
お食事に興味の無い方はスルーの方向でどうぞ(笑


ロンドンで食べたもの! の続きを読む

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。