スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

両親&モコモコと行く、アマルフィの旅

2013-09-05

この夏の我が家のビッグニュースは両親のカラブリア、しかもがつく田舎のPapasidero入り。カラブリアの空港(ラメッツィアテルメ SUF)への乗り継ぎがほんっとーに不便だった事もあり、ナポリ着便にてイタリア入りした両親。せっかくナポリに着いたんだから、カラブリアに行く前にどこかに行きたいね・・ってことで、カラブリア入り前にナポリから車で1時間強のアマルフィ海岸地域へ3泊旅行に行ってきました♪

旅程は大体以下のとおり。
1日目・午後便にて両親ナポリ着→宿泊先へ
2日目・アマルフィ観光、ポジターノ観光
3日目・ラヴェッロ観光、ビエトリ観光(陶器購入が目当て♪)
4日目・ペストゥム周辺観光後カラブリア入り!

実質旅行初日となった2日目はアマルフィ観光後、一度は試してもらいたかった船がお迎えに来るトラットリアにて昼食を。約束していた船頭さん(?)が時間に現れなかったり、電話したら実はトイレで考え中だったり(笑)、なんだかとっとも「南」的な、いーかげでゆるゆるなノリで・・慣れちゃった私はともかく両親はちょっとビックリだったかも(苦笑
それにしてもこの時期のボートでの移動は気持ちの良いものだし、やっぱりアマルフィは海から眺めるに限る! トラットリア自体は数年前に訪れたときよりもずっと開けているような印象だったけれど、流石の魚介類の新鮮さに舌鼓を打ちました♪ その後のポジターノではショッピング&ウィンドーショッピング♪ 母とおそろいサンダルもオーダーして、出来上がりまで街中をぶらぶら&海岸沿いでお茶もできたし。ちょっと渋めのアマルフィと違い、ポジターノは若さはじける・女性が大興奮のお店がいっぱいな雰囲気。場所柄麻製品を扱うお店が多く、老舗もいっぱいでデザインも良し。これでテンション上がらなかったらウソだよね。。っていう街でございます。←男性陣、ちょっとげんなり(笑 
夜は夜で楽しいんだけれど、今回はお茶で我慢~。ま、アマルフィ産レモンの強烈な味にビックリできたし、よしとしよう(笑 そういえばポジターノでセミオーダーを受け付ける靴屋さん、増えたよね~。

3日目は空気が澄んでいる午前中を狙ってラヴェッロへ。思惑通りの眺めのよさと、なんだか今年は人が少ない?様子で、Villa cimbroneの絶景スポットを独り占め♪ (ちなみにワンコも入場可でした)

8月だというのに本当に人気が無くて・・人影を気にせずゆっくりと庭園を散策する事ができました。庭園内バーでのまったりタイムもなかなか思い出深く、日差しは強烈だけど日陰はヒンヤリ♪な南の夏を実感してもらえたかな^^

前日のお昼が漁村の定食屋(笑)みたいなトラットリアだったので、この日はおしゃれなレストランでの昼食を。やっぱりメニューに無い「本日のお勧め」は美味しかったし、なにより父の晴れ男度が試されたラヴェッロ滞在が見事に晴れ男の勝ち、で終わってよかったよかった(笑
その後のビエトリでもPapasideroの家にぴったりなお気に入りの陶器を見つけることが出来て、満足な一日でした☆

最終日、出発の日はカラブリアに南下しつつ寄り道を。寄り道先は古代遺跡で有名なペストゥム(Paestum)。←日本だとパエストゥムと読むのかな?こちらではギリシア語読みします。
でっかい遺跡の保存状態もさることながら、芸術品関係で大変貴重な発見のあったこの遺跡。中に入らずとも柵越しに色々見えてたりしますが^^; 遺跡と隣接する美術館入館がセットになった券でもたいした額ではないので、一度入ってみる事をお勧めします。

なぜなら・・ココは2000年近く前の住居内の様子が想像できるモノがごろごろしている遺跡! ↑は壁面の漆喰の飾り(?)と床の装飾。大昔のものが完璧な形で残っていて、しかもその上を歩いていいなんて・・なんて贅沢な。美術館で展示されているものも、この遺跡で発掘・発見されたものの約5/1程度の量なんだとか。いまだに議論の的な神殿群など、見所いっぱい、でも低価格(笑 近くのバーのパニーニも美味しかった♪ 流石、カンパーニャ州は違うわ~!!

そして・・わざわざペストゥムに寄り道したのは、実は↑ココを訪れたかったから!!!!!
Tenuta Vannuloは自家生産するバッファローのお乳のみを使った最高級品Mozarella di buffalaで一部の人に超有名。敷地内にはチーズ工房はもちろん、バッファローの皮製品やバッファローのお乳を使ったヨーグルト・アイスクリームショップなどがあり、半日はゆっくり色々食べたい魅惑ゾーン♪ (午前中に到着可能であれば農場内のガイドツアーもあったり、宿泊施設もありますよ☆)

両親はヨーグルト、私はアイスを試食してみたんだけど・・思ってたよりも「臭さ」が無い。重さも無い。さっぱりしていて食べやすいお味でした。
バッファローさんがいっぱいで独特の臭いがすることと、場所がひっじょーに判り難いって言う事を除けば、絶対お勧めの農場です。表通りからの入り口の道標すらなくてマジで判らないからね~。道を聞いた通行人さんも、「またですか。この質問、飽きたんですけど」って表情だったし(笑 

そして我々が購入したのがコチラ。約3キロのMozarella di buffala!!! 今回は三つ編み編みのを購入したので、「次回」があったら今度はちっちゃい丸々したのを試してみたいなぁと思う今日この頃。。あ~思い出しても美味しかったな~(遠い目)。。
ちなみにコレを大人6人+子供1人で一気に食べきりました。食感も味も想像していたものとは大分違ったし、これが・・コレが本物なのね!と味にうるさい長兄夫婦もとにかく感動の一品(笑 要予約品ですがお勧めですよ~!!(長時間持ち運ぶ旨伝えると、箱も準備してくれます)
公式サイトはこちら⇒Tenuta Vannulo

今回の旅行は車での移動という事もあり・・アマルフィ郊外の断崖の町Furoreに滞在しました。アマルフィやポジターノと並びユネスコに登録され、なおかつ「イタリアの美しい町」(I borghi più belli d'Italia)に選ばれているこの村、実は断崖に架けられた橋から海への高飛び込み競技が開催される場所としても有名。
男性競技者で23~28m、女性競技者は18~23mの高さよりの高飛び込み。28mって・・着水間違えたら全身打撲とかで死ねる高さだし! 毎年世界各国から超有名選手が集まって競技が開催され、イタリアではもちろん全国中継されています。(今年は7月開催でした)

ま・・それはともかく。移動が多いのに昼食・夕食ともに外食はヤダね、夜ぐらいはゆっくりしたいよね・・と主人と話していたので、美味しいレストラン併設&絶景スポットを持つ滞在先・・と探していてたどり着いたFurore。そこで友人に進められたのがコチラのアグリ。↑敷地内チャペルの床も素敵♪

ウワサにたがわず、朝も夜も夕方も最高の景色を楽しむ事ができました♪ なおかつ、非常にリーズナブルながら美味しいお食事を毎夜堪能。朝ごはんも山盛り&自家製のケーキが3種類ほど並ぶ贅沢っぷり。こりゃ、誰かに薦めたくなるわね~っていうアグリでございました。
敷地内の小さいチャペルでは結婚式も挙げられるみたいですよ☆

アグリなので、入り口付近にニワトリ・ヤギ・孔雀などがいます。(もちろん、檻に入ってます^^)
それと・・お勧めしてくれた友人も言ってなかったし、サイトにも記載が無いようですが・・駐車場スペースからアグリまでは石の階段約120段を下がる必要があります。下るってことは・・毎朝出発の度に登るわけで(笑 荷物用の簡易エレベーターはあるものの、人は絶対入れない構造なので頑張って上り下りしましたよ☆
レストランは美味しいしなにより絶景スポット&スタッフも超が付くほどフレンドリーで親切だけど、ヒール履いては行かない方が良い場所かもしれません(苦笑

アグリのサイトはコチラから⇒Agriturisumo Sant'Alfonso

モコモコさんにとっては、初めての泊まりでの旅行。 ↑はドナドナ~♪と音楽が聞こえてきそうな寂しげな後姿。でも実は後続車に愛想売ってたのよね(笑
初・ホテルに加え移動も多いスケジュールだしお食事時間もゆっくり取れないだろうしで心配が多かったことは事実なんですが。。なんだかのんびりした仔だし、ボローニャ→カラブリアの長距離移動で何の問題もなかったので・・ま。どーにかなるだろう、という気持ちもあったり(笑

アグリでは毎朝ニワトリさんたちに喧嘩売って負けてみたり(笑 牧羊犬なのにね。。毎度近寄りすぎて雄鶏さんに檻越しに怒られうのよね(笑

アマルフィでは地元のおじーちゃん達に可愛がってもらえてご満悦♡ ココは噴水のお水も美味しかったよね♪

ボートにもいやいや乗せられた乗ったし。(たぶん・・この仔、波の音が怖いのかと^^;) ちなみに、ボートの上ではカゼに吹かれつつも助けてオーラ出しつつ若干硬直気味(苦笑 自力でなんて当然乗り降りしないので、小さなボートへ抱っこで乗せる→下ろす作業が必要で・・それはもう腰が大変でございました。。私が海に落ちるっての。

人気の無かったラヴェッロの庭園内では、人影がない事を確認しつつお一人様で写真撮影。様々な鳥の鳴き声に耳を傾けていて、あら貴方ちゃんと聞こえているんじゃないのと思ったり(苦笑

アグリでは美味しい生肉も食べちゃったしね! シェフの方、ありがとう~♪

ペストゥム(Paestum)でもいっぱい走って大満足♪ 午後からの結婚式に参列する人たちからいっぱい可愛がってもらい、幸せワンコになっておりました♡ 

今回の滞在中、犬連れで不便な思いは全くしませんでした。これ、ちょっと意外。
予めアグリには問い合わせていたので前庭付きの離れ風お部屋を準備してくれていたけれど、どこのレストランに入る際にも全く問題なし。逆にワンコがいるからと色々気を使ってくれるレストランが多かったように思います。またお土産屋さんなど、町のお店も食料品店を除き全ての場所で犬連れOKだったかな。
もちろん特にレストランに関しては入店前に犬連れである旨を伝えたし、お店に入る際も必ず問い合わせましたが・・NGっていう場所がなかったような気がします。もっと「犬はダメ」っていう場面に出くわすかな、と想像していただけに、これはちょっとうれしい誤算でもありました。

なによりこの仔、大抵の場所なら大丈夫だって言う事が判ったってことが大収穫♪ 今度は冬のバカンスだね。頑張れモコモコ!
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/111-a00142ef

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。