スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Papasidero(パパシデロ)という村

2014-08-08

私たちが夏を過ごすPapasidero(パパシデロ)。北カラブリアの山中、国立公園内にある総人口700人ちょっとの小さな小さな過疎の村です。(「村」の範囲がとにかく広大で人里離れた集落も点在していて・・実際村に住んでいるのは半分くらいかな。。) 
主人の母方の祖母がこの村の出身だったこともあり、村の中に何件か物件を持っていて、夏の間の涼しさからその内の1軒を夏用の家として使っています。

村のはずれで2本の清流が合流し、海岸部と山間部、さらにカラブリアを南北に貫通する道路への通過地点なので、交通の要衝として古くから栄えたようです。この川(Fiume Lao)では現在自然のコースでのラフティングが行われていて、ヨーロッパではかなり知名度のある川なんだとか。カヌー持参で遠方からやってくる人たちもよく見かけますよ♪

小さな村のマンマたちはお料理上手。保存食もばっちり手作りします。パンチェッタ、カピコッロ、グゥァンチャーレ・・・。豚さんをシメル日は決まっていて、それぞれが予約しておいた何キロもの肉の塊を保存食に加工する習慣がまだまだ残っています。(主人が小さいころは、村の真ん中でシメル作業が行われていたそう! うわー!!) 
家畜は捨てる部位なくすべて消費され、今でも血液まで大切に消費されています。我が家は保存食を作れる人がいないので・・・近所のマンマにお願いして作ってもらっています。冬の間に加工されたサラミの類は、成熟期間を経て夏の今頃に準備完了! これから来年の春にかけて、大事に大事にちびちび食す、郷土の味(笑。この味に慣れてしまうと、お店のものは買えないわー。

村から急な階段を下りていった先、川原の肥沃な場所が畑になっていて、地場野菜も盛んに作られています。主人もよく把握していないんだけれど、なんでも数人に畑を貸しているらしく・・我々が村に到着している事を知った人たちが野菜を届けてくれます♪ 小さな村なので・・「誰が来た!」「誰が何した!」って言うのはすぐに皆に伝わるのよね。。(苦笑 
村に普段いない我々は耕すことができないし、放っておいても荒れるだけなので耕していただけるだけでもありがたいんだけれど、畑の賃料代わりに野菜を届けることが亡義父との約束だったとかで。。義父・義母が亡くなった今でも律儀に野菜が届きます。お茶しながら、この1年間村であった出来事などを聞くのも、もう毎年のことね(笑
トマトは畑で取れたモノではなくて、大量に購入してしまったので・・とおすそ分けしてくれました。

この村でも、La Terra del Soleが協力しているオリーブ畑再生プロジェクトが活動しています。今年は冷夏の影響がどこまで出るか、そのあたりが勝負だとか。
活動に賛同いただき、協力いただいている皆さんにおいしいオリーブオイルをお届けするためにも、地元有志には頑張ってもらわないと!! 私も及ばずながら今年再生分の畑の草刈などを手伝っています。この様子はまた今度~♪

とにかくな~んにも無い所です。空気と水と、ご飯は最高においしいけれど(笑
冷たい川に足をつけたままぼんやりしたり、海までちょっと出かけてみたり。ゆったりとしたバカンスを楽しむには持って来いの場所かな。。。

古代ローマの時代の遺跡(見晴台)が山の上にあったり、さらに古い1万年ほど前の遺跡があることでもヨーロッパ内では地味に有名。村がある崖の頂上部分には古いお城跡があって、広場はちょっとした劇場として使われています。
あとは11世紀ごろ建造されたMadonna di Costantinopoliも一度は見ておきたい、かな。(ま、一度見ればじゅうぶんですが。。苦笑)
そういえば最近、村出身の方がVescovo(司教)になったとかで村は大騒ぎでした。
「The・イタリア!」な派手な観光地ではないけれど、素朴な生活がまだまだ残っているPapasidero。急激な過疎に悩まされているけれど、素朴さを求めてヨーロッパ各地から観光客がちらほら訪れる、そんな村です。
きっと南だけでなく、イタリア各地にはこんな小さな村が点在しているのだろうけれど・・機会があったら是非訪れてみてほしい、素朴で小さくて、私が大好きな場所。
何にも無いけど、それがまた良い、みたいな(笑

PapasideroのHPはこちらから
お料理上手の地元マンマのお料理レッスンもコーディネイト可能です♪ 詳しくはコメ欄からお気軽にお問い合わせくださいね♪♪

《補足/ 2014年8月10日》
Madonna di Costantinopoliは重要文化財のため通常は一般公開はしていません。(鍵がかかっているため、建物内部には入れない状態。お祭りや、メンテナンスの日などは開放されますが不定期です)
La Terra del Soleでは教会と交渉しLa Terra del Soleが責任を持ってご案内するという約束で、内部観覧を許可いただいています。鍵を管理している方の都合などにもより、ちょっと制約の多い教会ですが・・歴史的・文化的に大変貴重な教会なので、一度は訪問してみてくださいね♪
お問い合わせはLa Terra del Soleまで。

tag :
コメント:
こんにちは。ブログを楽しみに読んでいます。
お料理レッスンに興味があるんですがコメ欄からではなくメールなどでお問い合わせしたいと考えています。
連絡先を教えていただけますか?
[2014/08/08 21:17] | Sonia #79D/WHSg | [edit]
義父・義母が亡くなった今でも律儀に野菜が届きます。ところにジーンときました。そういうところ、カラブリアの人は律儀ですよね。そうやって昔から現在、未来へと繋がっていくんですね♪
パパシーデロも大自然で素敵なところですね。個人的にMadonna di Costantinopoliにとっても興味があります。カトリックではないのですが、アルブレッシュの文化の関係で一度見ておきたいです。
今年、エリさんご夫婦がいらっしゃる間に行きたいな~と思っているのですが…。
[2014/08/09 01:26] | yumi_nan911 #79D/WHSg | [edit]
Sonia様♪
こんにちは。ご連絡ありがとうございます。
メールでのお問い合わせは→laterradelsole@hotmail.com
La Terra del Soleのサイトからお申し込みいただいてもOKです♪

Papasideroでのレッスンは、お料理歴・40年以上のマンマ達の家庭の味を学びます。次の世代に伝えて行きたい、山の村の家庭の味のレッスンはとても好評なんですよ♪ ただ。。量が半端ないので覚悟してくださいませ(笑
こちらでお会いできますこと、楽しみにしていますね♪

[2014/08/10 16:50] | erieri #79D/WHSg | [edit]
Yumiちゃん♪
Yumiちゃんにコメントを貰ってから一般公開はしていないことを記事に入れなかったことに気がつきました。。コメント貰った後に補足で入れたんだけれど、小さい教会なんだけど一応重要文化財で普段は一般公開していません。
私かLa Terra del Soleのメンバーが責任を持って内部をご案内するっていう約束で、扉を開けていただくことになっているの。
鍵を持っている方の都合もあるので、事前に○日の○時頃に訪問したいって予約が必要です。
詳細はメールかFBで連絡くださーい。

ホント、こちらの人は律儀というか義理堅いというか。。亡義父に○○してもらったから・・といった、主人も知らないような理由で今でも親切にしてくれる人がいっぱいいます。
だからって訳ではないけれど、人情味あふれるカラブリアって好きなのよ~♪
[2014/08/10 17:00] | erieri #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/160-03fd91b0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。