スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

村祭りに司教様がやって来た!

2014-08-25

↑村祭りの日の朝。。屋台設営中~♪
夏の間滞在する村の夏の最大イベント、村祭り!
村の聖人を記念したお祭りで、毎年8月に開催されます。今年、村出身の方がローマ法王直々のご指名で司教となり、その司教様が村祭りにいらっしゃる!ということで・・数日前からみんながソワソワしていました。

村祭りといっても宗教行事なので質素ですよ(苦笑。
村の通りに屋台(?)が出て、朝から楽団が吹奏楽を演奏しながら村中を行ったり来たり。で、以上!みたいな(笑

我が家の下には、毎年おなじみの地元のチーズ屋さんが陣取ります。ちょっとチーズ臭いけど・・最高においしいペコリーノだから仕方ないかな。ここのおじさんのチーズは毎年大量購入→ボローニャでちびちび消費してます(笑

「ブログに乗せるからポーズ取って」とお願いしたら、このポーズ^^; どうなの、このポーズ?
村よりもさらに山奥のほうに家を持っていて、お店では手に入らない味を作り続けている方。自家製にこだわっていて、チーズだけでなく完全予約制の保存食の類もおいしいの。
村祭りの日のランチは、贅を尽くしたものを食べるのが普通。私たちもお呼ばれしてランチをいただいて・・。
夕方、時間通りに司教様が到着!!

紫色っぽい服を着ている方が司教様です。最初に挨拶するのは村の司祭と教会関係者。

その次に、司教様の親戚・親戚の親戚がご挨拶します。一人ひとりにお言葉をかけているようでした。
小さい子にも声をかけていた模様。私はカトリックではないけれど、こういう、小さな子にまで声をかける余裕のある聖職者はいいなーと思います。

親戚関係との挨拶が終わった後は、集まった人たちに祝福を授けながら村の教会へ。
ここで小さなミサを執り行い、村の聖人の像とともに丘の上の大きな教会へ。日本で言う「お練り」のような行進をします。

楽団に先導され、聖像が村の中を行きます。
お供え物を頭に載せた女性たち、楽団、そして聖職者。その村人が続きます。

丘の上の教会での本格的なミサが司教様によって執り行われるとあって、参加した人たちも超大勢。うん。これでも、村始まって以来の人数なんですよ(苦笑。

村の中の小さな教会での小さなミサのみで司教様の滞在は終了だったはずなのに、村祭りが終わる夜遅くまで村に滞在され、村祭りを見届けてから戻られた司教様。
もともと柔らかな人柄だとは聞いていたけれど、今回の村での様子を遠くから見ていて・・やはり素晴らしい方なんだろうなぁと思いました。
村にいた人、ほとんどからの挨拶を受け、言葉を交わした司教様。いつまでも村の誇りであると思います♪

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/165-71de7d39

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。