スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

カラブリアも本場な地中海式ダイエットの本当

2015-10-02
最初に謝っておこう!! すいません、今回は字ばっかりです!

一時期日本でも流行りまくった地中海式ダイエット(Dieta mediterranea)。
『地中海式』なんだからイタリアも思いっきりこの範疇なはずなのに、ごく普通の「イタリア人の毎日の食事」やよくある「伝統料理」はこの地中海式ダイエットが推奨する食生活とかけ離れていますよね。
「『地中海式』なはずなのに、なんでですかー?」っていうご質問をいただきましたので、ちょっとまとめてみました!!
++++++++++

まず「地中海式ダイエットって何??」というヤング(死語・・)の為に念のためおさらいしておくと、地中海式ダイエットとは・・

・穀物・豆・野菜と果物いっぱいの食事
・蛋白源として肉は少なめ。魚は大目。
・脂肪源はオリーブオイルから。チーズやヨーグルトなど乳製品は毎日適量を摂取
・毎日適度な運動

などなどといった痩せるためというか、健康に長生きするための食生活の指針みたいなもんです。英語的な意味で食生活=ダイエット、ね。
第二次大戦終了後あたりから地中海地方各地で調査が始まり、調査結果が要するに『コノ食生活を真似れば元気にご長寿でいられるみたいョ!!』ということで、『なんだか健康に良いらしい!』と世間で認識されたあたりから世界的に爆発的な人気が出ました。日本でもすーっごく流行ったんですよー(遠い目

『地中海式ダイエット』と言われるとギリシャ、マルタ、イタリア、フランス、スペインなどなど、地中海に面しているすべての国のすべての地域の食生活を包括しているカンジですが、実は各国の『なんだかみんなご長寿だな~』といった場所を特定して調査が行われていたようです。ここですでにひとつの誤解が生じています。

つまり
地中海式ダイエットの『地中海式』という言葉は、地中海に面している国の食生活を総称しているものじゃない!ってこと。少なくとも、調査結果はそんなカンジ。
これはひどいよねー。ネーミングミスだと思うわー

WHO主導での調査だったようですが、調査していた人たちの中で特に有名なのがアメリカ人のAncle Keys医師。
イタリアのカンパーニア州ポリーカ(Pollica)の小さな漁村に移住し、比較対象として選ばれた他の地域(大陸)と地中海地域の『なんでコノあたりの人は元気でご長寿なの?』といった調査を長年にわたり行いました。もちろんご自身の居住地・ポリーカの小さな漁村も調査対象でした。
比較対象国に日本も含まれていたし、調査隊には日本人医師もいたんですが・・意外と知られていないですね。何で?

やがて比較調査の対象として、やけに村民みんなが元気でご長寿なカラブリア州のある村が選出されます。
それが南部のニコテーラ(Nicotera、Vivo Valentia県)村。カラブリアの空の玄関・ラメッツィアテルメ(SUF)空港よりさらに南。赤たまねぎの産地・トロペア(Tropea)の近くです。
村の35家族が対象となり、10年と少し追跡調査が行われたようです。

結果、ポリーカの漁村の方たちもニコテーラ村の方たちも他の地中海地域の研究対象の村の方たちも、とにかくみんな元気でご長寿。しかも心臓疾患発生数がとてつもなく少なく、コレステロール値もいたって平常。今で言うメタボさんも少ない。つまり皆さん、すっごく健康。しかもご長寿。
これって何でだろう?といった研究がされ・・これはどー考えても食生活を含めたライフスタイルが原因でしょ!?といったあたりが『地中海式ダイエット』の原点なんだとか。

ニコテーラ村は温暖なカラブリア州の中でも特に温暖な地域で、果物も野菜も冬だって取り放題といった土地柄。たしかこの村のあるあたりでは冬でも新鮮野菜がどっさり取れるので、ナスやズッキーニといった夏野菜の保存食を作る習慣がありません。
同じカラブリア州でも私はかなり北、さらに内陸部にいるので・・夏の間にがっちり保存食を作る文化が根付いています。そうじゃないと冬場野菜不足で困るからね。ニコテーラ村との違いにびっくりです。

さらにカラブリアの典型的な貧しい村(涙)だったため、当時高級品だった砂糖・バターなどの嗜好品摂取量が極端に少ない。(買うためのお金が無かったんです 涙)
温暖なのでオリーブは良く育つ→オリーブオイルは売るほどある。毎日使う。
さらに漁村なので肉よりも魚!といった食生活。そしていつも収穫できる野菜に果物!
貧しい村だから・・がんばって毎日肉体労働! ああ、書いているだけで健康になれそうな生活だわ!!

ここで大事なのは、イタリア国内に圧倒的に多い、魚より肉を主に食べる村や何でも手に入る町の食生活ではなく『貧しい漁村の食生活』が健康に良いみたい!という調査結果が出ていることです。
つまり、一般的なイタリア人の食生活内容が健康に良い!と考えられたわけじゃないんです。残念。

『地中海式ダイエット』=『地中海に面した国々のダイエット(ダイエット=食生活)』と認識されてしまい、イタリア料理全般は地中海式ダイエットに沿っているんだから健康的なんでしょ?的な誤解がどこかで生じてしまったようです。
それ、違いますから。俗に言うイタリア料理は貧しい漁村の食生活に比べてはるかに贅沢な内容です。例えばエミリアロマーニャ州は3日続いたらつらくなって来る位のこってこてな肉文化ですし。

もちろん、オリーブオイルの効用や旬の野菜を積極的に摂取する食生活が評価されたっていう点では、広い意味での地中海地域の食生活が健康に良いよ~といった調査結果なんだと思いますが、このオリーブオイル文化圏に加え、魚や豆を多く食べようねっていうのが本来の地中海式ダイエット。
つまり地中海式ダイエットの原点は貧しい漁村の食生活 ってこと。
これなら最初にあげたこのダイエットのルールがしっくりきますよね。

本格調査以外に40年近く独自の追跡調査をイタリアで行ったAncle Keys医師は101歳目前で亡くなっており、貧しい漁村の人々の食生活が健康に良いっていうのは本当なのかなーと個人的に思います。
実際、現在健康に良いと大ブームな和食もお魚と豆と野菜が主体だしね。

カラブリア州の漁村が何十年も前に栄誉ある「健康な」食生活の追跡調査対象となっていた事はカラブリア州内では結構有名な話なんですが・・意外と他では知られて無いみたいですね。。何でだー!!
カラブリアが自慢できる数少ない事なので(笑)ココで宣伝しちゃいますが・・カラブリアの漁村も栄えある「地中海式ダイエット」の調査対象となったんです!!!!!!!!しかも健康に良いってお墨付きもらいました!! みんな、カラブリアに来るといいよ!(←力説w)

というわけで、地中海式ダイエットの指針はイタリアのほとんどの都市・町の伝統的な食生活とそぐいません。が、イタリアやその他地中海地方の一部で脈々と受け継がれてきた「郷土料理」の一部を踏襲しているものだともいえます。
ただ、この地中海式ダイエットのルールに従った食生活を心がけている人がイタリア内で増えているのも事実で、今後さらに増えていくのかもしれません。そういった意味で、今後も人気が失われないであろう地中海式ダイエット。
我が家もペコベジタリアーノ(魚OKなベジタリアン)的食生活を心がけているのもあって、今回のご質問は大変興味深いものでもありました。
ご質問いただいたT美様、K子様。同様の質問をいただいたY雄様・M子様・N実様・E理様・K宏様。
皆様のおかげで私も「カラブリア」の意外な(?)側面を知ることができました。ご質問ありがとうございました♪

+++++
記事を書くにあたり参考・参照したのは以下のサイトです。
- Comune di Nicotera
- frantoio.biz
- INRAN
-ドクターイワオの地中海式ダイエット
他に、カラブリア州内で地元の方たちからお話を伺いました。特にNioctera村の長老達や村長さんからは大変詳細なお話を伺うことができました。
皆様、ご協力ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/226-5e7f3633

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。