日本で免税でお買い物。Tax Free!!

2016-03-01
index.png


海外居住者は日本滞在時に免税でお買い物ができます。
もちろん、日本国籍を有していて海外に居住している人も対象です。
ただいま(2016年現在)の消費税は8%。
20%を軽く超えてるイタリアとは比較にならないけれど、たかが8%・されど8%なのですよ(笑

images_2016022215591675c.jpg


都市部のほぼすべての大手百貨店・量販店がTax Free Shopに対応しています。
びっくりするほど小さい小売店でもこのマークを見かけたことも。

百貨店・・デパートって呼ばれるヤツですね。
量販店・・ユニ○ロやマツ○ヨ、ヨドバシカ○ラやダ○エーなどです。
小売店・・町の小さな個人商店さんです。

要するに、高級雑貨・衣類・薬品類・家電・日用品(食品含む)は免税でお買い物できるってことです。化粧品ももちろんOK。
利用しなかったら損でしょ~~!

DSC_9928.jpg


免税は、以下の2通りでしてもらいます。
・店内の免税用レジでお支払い
・店内でお買い物後に品元とレシートを持ってTax Refoundカウンターで払い戻し

今回旅行した限りでは、Tax Refoundカウンターを持っている店舗が多かったように思います。
免税用レジですぐ思い浮かぶのはカジュアル衣類大手のユニ○ロだけど・・お店の場所によってはもの凄~い列が出来てました。。

免税でお買い物する場合は
・パスポート
・海外居住を証明できるもの
の提出を求められます。Tax Refoundカウンターで手続きする場合は、いちいちチェックは入らないけれど、ま、一応店内で購入した品物を持っていると安心です。

DSC_9910.jpg


化粧品や医薬品などは透明のビニール袋に入れられてばっちり封がされます。
開封してあるのがバレたり、使用していることがバレた場合はもちろん使った物に対する消費税が発生します。

免税でお買い物する際のルール
免税でお買い物した品物は、品物の如何に関わらず日本滞在中に使用してはいけません。

日本人が海外で免税でお買い物したときと同じです♪
ってか・・免税で買って日本滞在中に使っちゃう、そんなセコイことする人いる?

DSC_9958.jpg


パスポートには、免税でお買い物した証明のような書類が張られます。
こちらを日本出国時に税関カウンターに提出すればOK。
今回羽田空港を利用した私。一応購入した物の中で手荷物に出来るものは手荷物として税関カウンターに出向きましたが・・係員の前に箱があって、その中に書類を投げ入れればOKなカンジでした。

DSC_9931.jpg


百貨店のTax Refoundコーナーでは粗品を準備しているところが多かったです♡
少し待ち時間がある時はささっとお茶が出てきたりして、イタリア生活が長くなってしまった私、ちょっとびっくり(笑。

免税を受ける為には最低購入金額やルールがあります。
2016年2月現在の最低購入金額はこちら。
・消耗品(化粧品や食料品、医薬品)は購入金額5001円から
・その他の日用品(衣類・家電など)は購入金額10001円から

さらに、免税手続きから日本出国までの日数制限があったりします。
詳しくは公式HPでお勉強してからお買い物に挑むとGoodです♪

免税でのお買い物についての公式ページはこちらからどうぞ。
記事に対するお問い合わせなどはこちらからどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

コメント:
Eriさん、こんにちは。
耳よりな情報です!知っていても、今まで利用したことありませんでした。
私も今年の夏の里帰り、羽田発着にしてみました。
成田発着の直行便か乗り換え有りの羽田のどちらに軍配があがるか試してみます。

[2016/03/03 16:12] | Viola #- | [edit]
Violaさん♪
手続きはすっごく簡単なので、是非♪ 出発時に荷物検査の後、パスポートコントロールの前にカウンターというか係員がいる机があるので、そこに書類を置いてくれば免税手続き終了です!
そして実は・・さらに最強の免税お買い物スポットがあるんですよ♪
次回の記事にしてUPしま~す。

ローマからだと直行便があるんですよね。。便利。。。
羽田の国際線ターミナル、小さいけれどアクセスはとにかく良いので練馬に実家のある私は助かってます♪
到着してからそのまま別都市に移動っていう際も、品川に直ぐ出られる便利さはスゴイです。
Violaさん情報も楽しみにしていますね☆
復活祭時期にまたお茶しましょう♡
[2016/03/05 22:15] | erieri #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/250-a994b3cf

<< topページへこのページの先頭へ >>