スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

3月の映画

2012-03-31
2012年3月中に見た映画はこちら
今月はJean-Pierre Jeunet監督作品強化月間でした^^; 続けて見ると、ちょっと凄いよね(笑
- L'esplosivo piano di Bazil (2009、Jean-Pierre Jeunet監督 フランス)
お勧め度☆☆☆
設定がナンセンス度☆☆☆

始まり2分でイキナリ主人公の父親があっさり亡くなる、ある意味ショッキングな映画。
Dany Boonのとぼけた演技がかわいい♪ 監督お気に入り俳優達があちこちで顔を見せてる、フランスの濃いジョーク満載映画。

- 座頭市 (2003、北野武監督 日本)
お勧め度☆☆
エンタメ度☆☆☆

子母澤寛原作。勝新バージョンに慣れた身には、北野の「市」はちょっと辛い。エンタメ度方向に舵が取られすぎで、時代劇として見てはいけません。
あちこちでくすっと笑わせる、娯楽作品。ダンカン大好き!

- Animal kingdom (2009、David Michôd監督 オーストラリア)
お勧め度☆☆☆☆
なんだか色々ビックリ度☆☆☆

こちらも、しょっぱなから主人公の母親がオーバードーズで亡くなるシーンから始まる、犯罪一家に生まれた青年のお話。実話が元になってます。オーストラリア映画ってマイナーな印象があったけれど、現実に向けられた力強い視線と素晴らしい脚本、カメラワークは必見。 

- i Griffin presentano Something Something Something Dark Side (2010、原題「" Family Guy" Something, Something, Something, Dark Side 」、TVシリーズにつき監督複数 アメリカ)
お勧め度☆☆☆☆
スターウォーズが見たくなる度☆☆☆☆☆

アメリカの人気アニメGriffin一家が総出演の、スターウォーズを徹底的にコケにした内容が素敵。これを見たら、絶対本物(笑)が再度見たくなること請け合い。キャストが適材適所すぎで、笑いすぎた~!
製作者側は、スターウォーズを愛して止まない人たちばかりなんだな~とほんわかしました♪ オリジナルを見てから再見決定~!

- La prima pagina (1974 原題「The Front Page」、Billy Wilder監督 アメリカ)
お勧め度☆☆☆☆
今も昔も結局同じ度☆☆☆

新聞制作というか、ジャーナリズムのあり方についての監督の視線が楽しい。情報収集の仕方とか、記事の掲載方法とか、きっと今も変わってないよね・・。
古き良き時代のアメリカどたばた喜劇映画です。

- K pax Da un altro mondo (2001 原題「K-Pax」、Iain Softley監督 アメリカ)
お勧め度☆☆☆
映像が美しい度☆☆☆

Kevin Spaceyの演技が光る、ヒューマン(ファンタジー)ドラマですよね、これ。SFじゃないと思う。
逆光などを効果的に使った演出もGood。熱い飲み物を用意して、じっくり見たい映画。

- Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain (2001、Jean-Pierre Jeunet監督、フランス)
お勧め度☆☆☆
ラブな気分になれる度☆☆☆☆

フランスジョークが苦手な人はダメ、な典型的おフランス映画。とにかくアメリが可愛い♪
Jean-Pierre Jeunet監督の世界が爆発してます(笑

- Delicatessen (1990、Jean-Pierre Jeunet監督 フランス)
お勧め度☆☆☆☆
肉屋に行くのが怖くなっちゃう度☆☆☆☆

シュールな笑いがいっぱいの、Jean-Pierre Jeunet監督最高傑作(と、私は思う)にして監督デビュー作品。デビュー作にしてこの完成度。このシュールさ!何度見ても楽しい映画です。
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/42-a900250f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。