スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

南のモノが食べたいわ。

2013-04-19

クリスマス休暇&復活祭休暇帰省しなかったので、夏以降カラブリアに戻っていない我々。そろそろ胃袋が南のモノを欲しがってます(涙  夏まで我慢できない!ってことで、先日はフォカッチャプリエーゼを焼いてみたり。焼くというよりも、たっぷりの油で焼き揚げるといった雰囲気の作り方だけど、これが美味しいんだ。。
油はもちろん自家製オリーブオイル。粉も先日遊びに来ていた友人が持ってきてくれた挽きたての地元の粉。はぁぁっ!あとは美味しい水さえあれば完璧なのにね!!と言い合いつつのオヤツ会となりました。

少し前の事だけれど、直前に予定変更で帰省できなかった復活祭。我々にとってはボローニャで過ごす初めての復活祭休暇となったのだけれど、それでも何とか仔ヤギさんのお肉を見つけ「揚げ」に適したジャガイモをメルカートでGetし、主人の実家の伝統を一応守ったランチをいただきました。
いつもは山荘のある村のお肉屋さんに一頭オーダーする仔ヤギちゃんも、今年は人数が少ないので半分だけ。しかもAbruzzo(アブルッツォ州)産。お乳しか飲んでいない生後3ヶ月ぐらいの仔ヤギなのに、やっぱり味が違うのが面白いやら悲しいやら。。もし来年の復活祭もボローニャで過ごす事になったら、お肉探しからちゃんとしなきゃダメだねってことで主人と一致。Abruzzo産の仔ヤギちゃんも普通に美味しかったんだけれど、お肉の柔らかさや筋の入り方が違うのよね~。

DolceはもちろんPastiera napoletana♪ お客さんがいつもの悪友達だと作り方もい~かげんになるという(笑 今回はLa gruで習ったレシピに少しアレンジを加えて、倍量で作ってウチで食べたりお土産にしたり。
日持ちのするお菓子なので大量生産して復活祭休暇を乗り切りました^^;

そしてそして、とうとう開封してしまった禁断のカラブリア産パンチェッタ(自家製)。
山荘のある村の近所のおばーちゃんが毎年プレゼントしてくれるサラミ類の中の一品で、小分けに真空パックしてちびちび使っているワタクシ。コレ開封しちゃうと切り口から酸化するわ最高に美味だわで一気に消費せずにはいられないので、ほんっと~にチビチビ使っているんだけれど・・いつまでも保存しておいても風味が落ちるだけだし、胃袋は南の味を求めているしで、意を決して(←大げさ)最後の一袋を開封!

で、やっぱりカルボナーラになりました(笑
土曜日のメルカートで買った有機卵とチーズを使い、もちろんパスタはLa fabbrica della pasta di gragnanoのパスタで♪ あ~。やっぱり胃袋が帰省を求めてるね~と主人(と同席した南出身の友達)と再確認しつつのランチでございました。。

この夏は7月中旬までには帰省したいと思っているけれど・・どうなることやら。
もちろん、ボローニャならではの美味しいモノもいっぱいだし幸いな事に比較的簡単にあちこちの食材が手に入るけれど、やっぱり南のモノは南で食べる方が美味しい。 Cosenzaの義兄一家と話していると、旬の食材を安価で山盛り買った、なんて話が出てきたりして・・羨ましいやら羨ましいやら(笑 
ボローニャとその近郊で美味しい南のお料理、どこで食べられるのかしら? と只今捜索中の我々です(笑
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://vivacalabria.blog.fc2.com/tb.php/87-b021a546

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。