スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ちょっとボローニャへ

2014-08-21

バカンス中だけれど、所要の為ちょっとボローニャへ。もちろん、主人とワンコはお留守番でRyanair利用です^^
で、知らなかったんだけど・・飛行機まで歩くのね(苦笑

夏休みなボローニャ、Via Saragozzaの朝10時。誰もいない・・・・。
学生もお店も夏休み中につき、町中がなんだかしーーんとしていました。帰省する人、バカンスを楽しむ人でにぎわうカラブリアとは対照的。。

ちょっと時間のあった午後に久しぶり!な友人たちと、お茶もできたし♪

おしゃべりしながらおいしいフランスチーズを堪能いたしました♪♪
イタリアに来たころはバスの中がチーズ臭くて大変だったけれど・・慣れるもんだ(笑。
6月ごろから9月末にかけては、日本に帰る・バカンスに行くなどで、なかなか会えなくなっちゃうけれど、今回はちょうど皆の予定が合って少しだけ会合ができました。今度皆で会えるのは10月かな?

そして帰りのボローニャの空港、セキュリティーチェックのところ。見たことのないほどの列ができております。。結局、セキュリティーチェックを通過するだけで30分以上かかりました(涙
Ryanairなど低価格便を飛ばしている会社が発着する時間帯って集中しているみたいで、この時間帯に限ってセキュリティーチェックに非常に時間がかかるみたい。ウェブチェックインしているし、空港到着は直前で大丈夫~♪と軽く考えていた私、冷や汗をかきました。。
Ryanairなどで旅する場合でも、ちょっと早めの空港到着をお勧めいたします^^

ボローニャの空港のチェックイン手続きをするエリアの奥の奥にこんなコーナーがあります。その名も「Repack and Go」。

スーツケースの重量を測れたり、再度荷造りするのに便利なスペースになっています。
チェックインの際に「これ、重すぎる!」などと言われちゃった時とかに便利なんじゃないかしら。

tag :

お手軽避暑にお勧め♪ ボローニャ近郊のスキー場

2014-07-21

天気予報で暑くなることがわかっていた先週末。近くで所用もあるし・・ということで、お弁当を持ってモデナ方面の山間部に避暑に行ってきました。
ボローニャは35℃を軽く超えた様だったけれど、こちらは22℃に届かない心地よすぎる陽気♪

お散歩場所は冬場はスキー場として賑わうところ。この時期は緑がきれい~♪♪ 
地味なスキー場だけれど、今シーズンに向けて新しいレストランとサービス施設が入った建物を新築中。幹線道路も整備されつつあるのでボローニャからのアクセスも格段に良くなっています。今シーズンがほんっと楽しみ~♪

どちらかというと、今回は毛がモコモコのこの方用のお散歩がメインなんだけどね(苦笑
ボローニャは殆どの地表が石畳かアスファルト。日中気温が上がると、体高の低い犬はモロに熱波を地面から浴びるので・・できれば涼しいところに連れて行ってあげたいもの。

このスキー場は標高1000m越えのとこのあって人が極端に少ないので、ゲレンデ内を走らせる分にはノーリードでも安心。さらにバーの近くに小川が流れていて、簡単に川まで降りることが出来るあたりは絶好の遊ぶポイントが♪ 

川の水は冷たい・・というよりも凍りつくような冷たさ。
でも、水遊びは楽しいよね~♪ 小さい滝つぼのごーっていう音は怖いくせにね~(苦笑

飼い主は、散々犬と遊んだ後に現地で合流した同僚たちとまったり仕事談義。
自然の中で話し合いすると厳しい内容もマイルドに話し合える。。かな(笑。涼しい気候が気持ちを楽にしてたのかも。とにかく、結構楽しく有意義な談義となりました♪ あんまり有意義だったので、バカンス入り前はココでの会議を頻繁にしたいね。。という人もいたし(笑

話し合いがまとまったら・・みんなで野いちご狩り。
プラコップが山盛りになる位の量があっという間に収穫できましたよ♪ 小さいけれど甘ーい野いちご。コンフィにしてヨーグルトにかけて食べようかな。

夏場はマウンテンバイクの貸し出しが行われ、初心者でもOKのコースもいっぱいあるみたい。パラグライダー基地も近くにあるし、お子様用イングリッシュサマースクールも盛況みたいです。駐車場代が無料っていうのも嬉しいね♪♪
暑い都市部を離れて、お手軽な日帰り避暑にお勧めの場所です♪

スキー場はこちら⇒ Corno alle scale
スキー場情報はこちら⇒ Corno Fun
tag :

ボローニャに残る戦禍の記憶

2014-07-16

私が住んでいるボローニャ。エミリアロマーニャ州の州都であり、「食い倒れの街」として有名です。(この写真は冬の様子)

土日と祝日は、街の中心が歩行者天国に。
ヨーロッパ最古とされる大学を抱える街なので学生も多く、世界中から訪れる観光客とイタリア各地から集まる学生たちで1年を通じて賑わう街。

そんな街の中心部に、こんな建物があります。
壁面がぼこぼこなの、わかるかな?

よってみました。プレートに詳細が書かれています。
実は第二次世界大戦中ドイツ軍の拠点が置かれていたボローニャは、連合国軍(主に米軍)の空爆・砲撃に晒され多大な被害を受けた歴史があります。
1943年から始まった連合国側による攻撃により街の中心部の文化財などが破壊されました。破壊された後の街の様子は、旧ボローニャ大学解剖学教室でも写真で見ることができるし、あちこちで写真の展示会も開かれています。
さらに街のあちこちに表面がぼこぼこになってしまった壁面があり、大切に保存されています。目線よりもちょっと高い位置になるけれど、気にして探すと意外と多いことに驚きますよ。

なんでこんな話になったかというと・・ウチのお隣が96歳のおばあさんでして。生粋のボローニャっ子な彼女は私の大好きなお茶飲み友達なの(笑。
で、クロスタータ焼いて持っていったときにガザの話になって、戦争の話になって、「そういえば7月といえば・・」って話がちらっと登場。1943年の7月は特に激戦の月で、市民の中には多数の死傷者が出たらしい。
ご本人は疎開せずにボローニャで終戦を迎えたようだけれど、ご家族・友人の中に亡くなった方達がいた、とも。

華やかな街の影でまだ戦争の記憶を大切にしている人がいるのは、日本も同じ。
ボローニャでは、というより彼女は7月にかつての大戦を偲ぶようです。
お話が来てよかった。また今度クロスタータを持っていかなきゃ。

tag :

アートの町、Dozza(ドッツァ)

2014-07-01

所要のついでにDozzaに寄ってきました。ボローニャからエミリア街道をひたすらImora(イモラ)方面へ。Imoraに入ってすぐの丘の上の小さな村がDozzaです。

小さな村なので居住者以外の車は入れません。(門のすぐ外に公共の駐車場(無料)があります。徒歩3分ぐらいかな) 村の入り口にはこんな標識が。馬車も対象なのね(笑

こちらのフワフワ君は地元の人曰く、教会のにゃんこ、だそう。村にゃんこ、いいねー。
一周するのに15分ぐらいの小さな村なので、とにかくゆ~ったりとした時間が流れていました。特に夏はボローニャから静けさとおいしいご飯を求める人で賑わうのもわかる気が。小さな村なのにレストランが3軒もあって、それぞれが繁盛しているのも納得。。。

せっかくここまで来たのでついでにお城も覗いてきました。Dozzaの城内にはエミリアロマーニャ州内の小さなワイナリーのワインを集めたワインハウスがあります。

品揃えもなかなか♪
ボローニャのワイン専門店でも見かけないワイナリーのワインもいっぱい♪ 小さなワイナリーのワインが勢ぞろいしていて、実は友人のワインもこっそり置いてあったりします^^ 
試飲会とかも頻繁に開いているので、情報は要チェックですよ♪
詳しくはこちらから→http://www.enotecaemiliaromagna.it/it

Dozzaがアートの町と呼ばれるのは、60年代半ばより2年に一度アーティストを招いて村の建物の壁面を飾る絵を書いてもらうイベントを続けているから。村中のあちこちの壁が色々な趣向の絵で飾られています。
その中で、一番印象に残ったのがこちら↑
これは戦争後の貧しかった時代の食卓の様子を描いたもの。吊るされている魚は日本の干物のようなもので、パンと一緒にこの魚を食べるのではなく、パンを魚にぴたっと付けて匂いを移し、その匂いのついたパンを食べること「魚も食べたつもり」で飢えをしのいだという、当時の様子を表現しているとか。

食に関する用事で出かけた先だったので・・なおさら印象に残った一枚でした。

アートの町、Dozza(ドッツァ) の続きを読む

tag :

2014年夏のボローニャ@観光情報

2014-06-15

イベントいっぱいの夏のボローニャ。観光情報を少し。

ただいま絶賛準備中の今年の映画祭、Sotto le Stelleは6月20日~8月14日まで。
22時~開催でもちろん無料。ちなみに席は早いもの勝ち。例年、映画にオーケストラ付という贅沢な日もあるので、この時期ボローニャにいるならプログラムは要チェック! 今年は6月25日に予定されていますよ♪
ボローニャのイベント情報はこちらから→http://www.bolognawelcome.com/

そしてすでに始まっているのがStrada Maggioreの大改修。ボローニャの中心から南東に斜めに抜けていく重要な道路の1つ、Strada Maggioreが全面交通止めになっています。(歩行者は通れます)
今ある石畳をはずして下に防音・防振のマットを引いてから石畳を敷きなおすというこの工事、一応工期は12月まで。

ポルティコの下を歩行者は通れますが、ものすごい音とホコリは覚悟してくださいませ。
Strada Maggioreの周辺はもちろん、チェントロから出た先のVia MazziniやS.Orsola-Malpighiの周辺、さらにVia MurriとVia Massarenti周辺は大混乱・大混雑が予想されています。バスなども運行状況が大きく変わるので要チェックです。期間中はボローニャの東側ホテル滞在は避けたほうが良いかもね。。
工事についての情報はこちら→http://www.cantierebobo.it/

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。